ニュース

緑豊かな公園でウォーキング たった20分でもメンタルヘルスに良い効果が 主観的幸福度が向上

 緑豊かな公園でウォーキングなどを行うと、2型糖尿病や高血圧、脂質異常症などの慢性疾患のコンディションが改善する。それに加えてメンタルヘルスにも良い効果を及ぼすという研究が発表された。
 ウォーキングをする余裕がない場合でも、公園でたった20分間を過ごすだけで効果を得られるという。
20分過ごすだけでメンタルヘルスが向上
 自然の豊かな公園で20分を過ごすだけで、メンタルヘルスが向上し幸福感を得られるという研究が発表された。時間は長いほど良く、ウォーキングなどの運動を含めるとさらに効果的だが、たった20分間を静かに過ごすだけでも効果があるという。

 アラバマ大学作業療法学部のホン ユェン教授らは、平均年齢42歳の男女94人に、アラバマ州バーミングハム近郊にある3ヵ所の都市公園を訪れてもらい、主観的幸福度にどのような変化が起こるかを測定した。参加者は継続した治療は受けていないが、血圧値が高い、血糖値が高いなど、健康上の問題を抱えていた。

 公園で何を行うか、どれくらいの時間いるかなど、とくに予定を決めないでいてもらった。研究は6ヵ月間続けられ、参加者の公園での滞在時間は平均32分で、30%の人がウォーキングなどの中強度以上の運動を行っていた。

 その結果、公園にいることで、60%の人の健康状態のスコアが上昇し、主観的幸福度が向上することが分かった。

 これまでの研究でも、自然が豊富にある環境にいると、身体活動が促進され、気分が改善するなどメンタルヘルスが向上し、ストレス、血糖値、血圧、心拍数などがそれぞれ低下することが示されている。

 「自然の豊かな場所にいるだけで、リラックスできストレスが軽減され、心身に好ましい変化がもたらされます。運動をするとメンタルヘルスはより改善しますが、その余裕がなければ、必ずしも運動をしなければならないわけではありません」と、ユェン教授は言う。
都市部では緑豊かな公園を活用
 緑に囲まれて、ゆったりとした時間を過ごすことで、生理的なリラックス効果を得られる。今回の研究はそうした効果を、都市部にある公園でも十分に得られることを実証した。

 米国では、高血圧や2型糖尿病といった慢性疾患をもつ人の治療に、自然の豊かな公園での屋外活動を取り入れる試みが開始されている。米国立公園局が実施している「公園健康増進プログラム(Healthy Parks Healthy People program)」では、公園を「慢性疾患の予防・改善に活用できる場所」として捉えている。

 「ドクターと歩こう(Walk With a Doc)」は、米国のオハイオ州コロンバス在住の心臓病専門医であるデビッド サブジャー氏が提唱して開始された運動。きっかけは、サブジャー氏が、患者の行動変容を引き出すのに、臨床の現場での指導だけでは十分でないと考え、週末に地域の公園で患者たちをウォーキングに誘ったことだ。驚くことに、参加を希望する患者の数はすぐに100人を超えた。

 「ドクターと歩こう」の活動は、多くの医師の協力を得て、いまでは全米規模に拡大している。医師が治療や運動療法の意義について解説した後、参加者が自分のペースでウォーキングを開始。コーヒーや健康的な間食、血圧チェックなどのサービスも受けられる。

 「都市計画では、医療や健康増進の面で、緑豊かな公園を活用した戦略へのニーズが高まっています。都市部の公園を有効活用するための施策が必要です」と、ユェン教授は指摘する。
自然が豊かな地域に住むと心筋梗塞リスクが低下
 緑が多く自然の豊かな環境は、心臓の健康にとっても良いようだ。マイアミ大学の研究によると、緑地環境が豊かな地域に住む65歳以上の高齢者は、もっとも緑の少ない地域に住む高齢者に比べ、急性心筋梗塞を発症する可能性が25%低いという。

 「環境にやさしい地域に住むことで、心身によい効果がもたらされる可能性があります。都市部でおいて自然が豊かな地域を整備することで、身体活動や社会的相互作用を増やし、ストレスを減少させる効果を期待できます」と、マイアミ大学医学部公衆衛生学部のスコット ブラウン氏は指摘する。

 研究チームはマイアミ州デイド郡を3万6,563ヵ所に細分区し緑地を計測。さらに、医療保険のデータベースから、65歳以上の高齢者24万9,405人を対象に、急性心筋梗塞、虚血性心疾患、心不全、心房細動の発症率を解析した。

 その結果、もっとも緑化が進んだ地域に住む人では、急性心筋梗塞リスクが25%低下したほか、虚血性心疾患リスクは20%、心不全リスクは16%低下したことが分かった
自然の豊かな環境が2型糖尿病や高血圧に効果
 自然の豊かな環境は、2型糖尿病、高血圧、脂質異常症などの慢性疾患にも影響をもたらすとみられている。これらは、心臓病のリスク因子だ。「運動しやすい環境を整備することで身体活動を増やせます。運動は心臓病などを抑制する重要な因子です」と、ブラウン氏は言う。

 過去の研究でも、公園をウォーキングすると、街路でのウォーキングに比べ、高齢者の血圧値や血糖値がより下がり、心血管系により大きなベネフィットをもたらすことが実証されている。

 「都市の緑化を進めウォーキングを推奨することで、運動による心肺機能の向上など多くの医療上の便益を得られます。とくに緑化レベルの低い住宅地により多くの樹木を植えることで、心臓の健康を改善できる可能性があります」と、ブラウン氏は指摘している。

 都市計画をたてるときには、都市全体の緑地の割合ではなく、住宅地近くの公園や街路の植樹など、緑化にも焦点をあてる必要があるという。緑地環境により大気汚染が軽減される効果も得られる。
緑の多い環境がメンタルヘルスを向上させる
 自然の豊かな地域で暮らす子どもは、精神疾患にかかるリスクが55%減少するという、衝撃的な研究も発表されている。研究は、デンマークのオーフス大学によるもの。

 研究チームは、1985~2013年に撮影された衛星写真を使い、0~10歳のデンマークの子ども94万3,027人がどれぐらい緑地の近くで暮らしていたのかが分かる地図を作成した。

 さらに、子どもたちの居住地の環境、メンタルヘルス、社会経済的な状況といった時系列的なデータを収集し、子どもたちの「緑地へのアクセスしやすさ」と「メンタルヘルス」を比較。

 その結果、精神疾患と、緑地へのアクセスしやすさとの間に顕著な関連性があることが判明した。小児期に緑の豊かな地域で育った子供は、成長してから精神疾患を発症するリスクが最大で55%低下することが示された。

 なぜ緑の多い環境がメンタルヘルスを向上させるのかというメカニズムは不明だが、自然の近くで暮らすと子どもの身体活動レベルが高まり、社会的結合が強まり、認知発達が改善される可能性が示唆されている。これらはすべて精神疾患に影響をもたらす因子だ。

 「自然環境がメンタルヘルスに果たす役割は、考えられていたよりもずっと大きいことが分かってきました。自然環境にも配慮したポピュレーションアプローチが必要とされています」と、オーフス大学のクリスティーン エンゲマン氏は述べている。

Urban parks could make you happier(アラバマ大学 2019年2月25日)
Factors associated with changes in subjective well-being immediately after urban park visit(International Journal of Environmental Health Research 2019年2月13日)
Walk With a Doc
Healthy Parks Healthy People(米国立公園局)
Relationship of Neighborhood Greenness to Heart Disease in 249 405 US Medicare Beneficiaries(Journal of the American Heart Association 2019年3月5日)
If it's Green, it's Good – For Your Hear(マイアミ大学 2019年3月13日)
Relationship of Neighborhood Greenness to Heart Disease in 249 405 US Medicare Beneficiaries(Journal of the American Heart Association 2019年3月5日)
Respiratory and cardiovascular responses to walking down a traffic-polluted road compared with walking in a traffic-free area in participants aged 60 years and older with chronic lung or heart disease and age-matched healthy controls: a randomised, crossover study(Lancet 2017年12月5日)
Factors associated with changes in subjective well-being immediately after urban park visit
Being surrounded by green space in childhood may improve mental health of adults(オーフス大学 2019年2月25日)
Residential green space in childhood is associated with lower risk of psychiatric disorders from adolescence into adulthood(National Academy of Sciences 2019年1月14日)
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2019年06月21日
高尿酸血症のリスクは痛風だけではなかった! 中高年だけでなく、若い世代から気をつけたい尿酸値
2019年06月18日
「超加工食品」が肥満や糖尿病の原因に 悪玉ホルモンを増やし食欲を増進
2019年06月18日
夜間に照明やテレビをつけたまま寝る女性は肥満になりやすい
2019年06月18日
座ったままの生活で死亡リスクは上昇 「1日30分、体を動かそう」
2019年06月18日
脂肪肝は内臓脂肪よりも深刻? 脂肪肝が筋肉のインスリン抵抗性を引き起こす ウォーキングなど運動が必要
2019年06月18日
筑波山の特産品「福来みかん」に肥満抑制の効果 ストレス回復も 茨城大
2019年06月13日
最新版「カリフォルニアくるみ 科学的研究に基づく健康効果~ヘルスプロフェッショナルのためのリソースガイド」をご提供します くるみに関する科学的知見を解説
2019年06月11日
企業向け「がんになっても安心して働ける職場づくりガイドブック」 がん治療と仕事の両立 心がけるべき7ヵ条とは?
2019年06月11日
「生活にゆとりのない」家庭は食育に関心がない 子供の孤食や栄養バランス不足に親の生活習慣病が影響
2019年06月11日
7つの簡単な生活改善が糖尿病リスクを減少 4つ以上実行で80%低下

最新ニュース

2019年06月25日
「人事労務×産業看護職のコラボでもう一歩ふみ出す!健康経営 社員を巻き込むNEXTステップ」産業保健と看護 4月号
2019年06月24日
パワハラの防止措置を初めて義務化―女性活躍推進法等改正案が成立
2019年06月21日
高尿酸血症のリスクは痛風だけではなかった! 中高年だけでなく、若い世代から気をつけたい尿酸値
2019年06月20日
【健やか21】児童虐待予防支援のための「パパカード」活用について
2019年06月20日
統括保健師のいる職場で仕事にやりがい、継続就労にも―保健師の活動基盤に関する基礎調査
2019年06月18日
「超加工食品」が肥満や糖尿病の原因に 悪玉ホルモンを増やし食欲を増進
2019年06月18日
夜間に照明やテレビをつけたまま寝る女性は肥満になりやすい
2019年06月18日
座ったままの生活で死亡リスクは上昇 「1日30分、体を動かそう」
2019年06月18日
脂肪肝は内臓脂肪よりも深刻? 脂肪肝が筋肉のインスリン抵抗性を引き起こす ウォーキングなど運動が必要
2019年06月18日
筑波山の特産品「福来みかん」に肥満抑制の効果 ストレス回復も 茨城大
2019年06月14日
【書籍紹介】「精神科医の話の聴き方 10のセオリー」
2019年06月13日
最新版「カリフォルニアくるみ 科学的研究に基づく健康効果~ヘルスプロフェッショナルのためのリソースガイド」をご提供します くるみに関する科学的知見を解説
2019年06月13日
【健やか21】「溶連菌の感染症が増加中!抗菌薬は適切な使用方法を守って―」(国立国際医療研究センター AMR臨床リファレンスセンター)
2019年06月12日
健診・検診/保健指導実施機関 集計結果と解説(2018年度版)
2019年06月12日
事業所で働く保健師の法的位置づけの確保などを厚労省へ要望-日本看護協会
2019年06月11日
企業向け「がんになっても安心して働ける職場づくりガイドブック」 がん治療と仕事の両立 心がけるべき7ヵ条とは?
2019年06月11日
「生活にゆとりのない」家庭は食育に関心がない 子供の孤食や栄養バランス不足に親の生活習慣病が影響
2019年06月11日
7つの簡単な生活改善が糖尿病リスクを減少 4つ以上実行で80%低下
2019年06月11日
日本小児科学会などが「幼児肥満ガイド」を作成 小児期の肥満は成人後にリスクに 保健師による声掛けは効果的
2019年06月11日
ホエイ(乳清)やチーズに含まれるアミノ酸に認知機能を改善する効果
2019年06月10日
がん治療と就労の両立支援に、産業医を積極的に活用 アフラック生命保険株式会社に聞く
2019年06月07日
特定保健指導(積極的支援)モデル事業の実施事例を紹介―厚労省の検討会
2019年06月06日
【健やか21】「自殺予防」リーフレットを公開しました
2019年06月05日
運動が高齢者の「ADL(日常生活動作)」を高める 1日1万歩を達成できなくても効果がある
2019年06月05日
寿命を縮める「転倒」を効果的に防ぐ 60歳超では4割近くが「転倒」 食事と運動で対策
2019年06月05日
「血糖値スパイク」を抑えるために朝食から対策 食後に血糖値を上げないコツ
2019年06月05日
働いている母親が増加、子どもの携帯電話所有率もアップ―21世紀出生児横断調査
2019年06月05日
産学官協働で「未病改善プラットフォーム」を開始 健康や生活のセンシング技術で病気になる前から対策
2019年06月04日
東京大学が会員制情報サイト「Q-station」をオープン 健康施策や保健事業を担う人に情報発信
2019年06月04日
「説明力を上げる!ビジネスや保健指導で活かす伝え方」へるすあっぷ21 6月号
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶