ニュース

働いている母親が増加、子どもの携帯電話所有率もアップ―21世紀出生児横断調査

 厚生労働省はこのほど、第8回21世紀出生児縦断調査(平成22年出生児)の概況を公表した。平成13年出生児との比較調査が行われており、今回の結果からは母親が有職である割合や、携帯電話を持つ子どもの割合が増えていることが分かった。
3.jpg
母親が有職である割合、72.1%に上昇
 平成22年に出生した子どもの実態や経年変化を継続的に観察している調査で、今回は8歳(小2)時点で実施された。具体的には平成22年5月10日から24日の間に生まれた子どもから抽出され、約24,000人の回答を得た。調査では、21世紀の初年となる平成13年に出生した子どもの継続調査結果と比較することも行われている。

 「母の就業状況の変化」については、今回の調査では母が有職の割合は72.1%。平成13年出生児を対象に同年齢で行われた調査に比べると11.6ポイント高い。

 出産1年前の就業状況が「勤め(常勤)」の母のうち、第1回調査から第8回調査まで継続して「勤め(常勤)」の母の割合は38.7%で、平成13年出生児に比べて11.2ポイント高くなっていた。

 また、平成22年出生児における第1回調査から第8回調査までの変化を見ると、母親が「勤め(常勤)」にある割合に大きな変化はなかったものの、「勤め(パート・アルバイト)」については年々、割合が上昇。第8回調査では38.7%を占めていた。

1.png
約20%の子どもが携帯電話を所有も、読書数は上昇
 一方、子どもの生活の状況を見ると、携帯電話(スマートフォンも含む)を持たせている割合は17.9%。平成13年出生時と比べれば11.6ポイントも高くなっていた。携帯電話を持たせた時期は「小学1年生から」が68.6%で最多。

 携帯電話を持たせた理由(複数回答)は、「子どもと連絡ができるように」(86.3%)、子どもの居場所を確認するため(62.7%)、「きょうだいが持っているから」(10.3%)の順だった。

 また学校以外での1日の勉強時間(宿題や学習塾などを含む)は約7割が1時間未満という結果になり、これは平成13年出生児とほぼ同じ割合だった。一方、読書週間については、平成13年出生児と比べると1カ月に4冊以上の本を読む割合が上昇していた。

[yoshioka]

「産業保健」に関するニュース

2019年12月12日
【セミナーレポート】疾病リスクマーカーとして注目すべき尿酸値に関する新知見
2019年12月12日
厚労省が「高齢者の特性を踏まえた保健事業ガイドライン第2版」を公表
2019年12月11日
抗菌薬・抗生物質が効かない「薬剤耐性菌(AMR)」 年間8,000人超が死亡 対策は進んでいる
2019年12月11日
「ドライアイ」で苦しむ人は働き盛り世代に多い スマホを利用した「クラウド型臨床研究」で明らかに
2019年12月11日
「よく噛んで食事をする」と食後の血糖上昇を抑えられる 「よく噛む」食事法は朝と夜で効果に差が
2019年12月10日
通勤手段で肥満・メタボに対策 徒歩・自転車・公共交通が有利 日本の労働者3万人を5年間調査
2019年12月10日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 入浴中の事故死は冬に集中 血圧変動に注意
2019年12月05日
働く世代の仕事と健康管理に変化が起きている 厚労省「成年者縦断調査」「中高年者縦断調査」
2019年12月05日
健診結果から3年以内の糖尿病発症リスクを予測 国際医療研究センター「糖尿病リスク予測ツール」
2019年12月04日
睡眠不足が肥満やメタボを悪化させる 脂質代謝にも異常が 睡眠を改善する3つの方法
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,889 人(2019年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶