ニュース

働いている母親が増加、子どもの携帯電話所有率もアップ―21世紀出生児横断調査

 厚生労働省はこのほど、第8回21世紀出生児縦断調査(平成22年出生児)の概況を公表した。平成13年出生児との比較調査が行われており、今回の結果からは母親が有職である割合や、携帯電話を持つ子どもの割合が増えていることが分かった。
3.jpg
母親が有職である割合、72.1%に上昇
 平成22年に出生した子どもの実態や経年変化を継続的に観察している調査で、今回は8歳(小2)時点で実施された。具体的には平成22年5月10日から24日の間に生まれた子どもから抽出され、約24,000人の回答を得た。調査では、21世紀の初年となる平成13年に出生した子どもの継続調査結果と比較することも行われている。

 「母の就業状況の変化」については、今回の調査では母が有職の割合は72.1%。平成13年出生児を対象に同年齢で行われた調査に比べると11.6ポイント高い。

 出産1年前の就業状況が「勤め(常勤)」の母のうち、第1回調査から第8回調査まで継続して「勤め(常勤)」の母の割合は38.7%で、平成13年出生児に比べて11.2ポイント高くなっていた。

 また、平成22年出生児における第1回調査から第8回調査までの変化を見ると、母親が「勤め(常勤)」にある割合に大きな変化はなかったものの、「勤め(パート・アルバイト)」については年々、割合が上昇。第8回調査では38.7%を占めていた。

1.png
約20%の子どもが携帯電話を所有も、読書数は上昇
 一方、子どもの生活の状況を見ると、携帯電話(スマートフォンも含む)を持たせている割合は17.9%。平成13年出生時と比べれば11.6ポイントも高くなっていた。携帯電話を持たせた時期は「小学1年生から」が68.6%で最多。

 携帯電話を持たせた理由(複数回答)は、「子どもと連絡ができるように」(86.3%)、子どもの居場所を確認するため(62.7%)、「きょうだいが持っているから」(10.3%)の順だった。

 また学校以外での1日の勉強時間(宿題や学習塾などを含む)は約7割が1時間未満という結果になり、これは平成13年出生児とほぼ同じ割合だった。一方、読書週間については、平成13年出生児と比べると1カ月に4冊以上の本を読む割合が上昇していた。

[yoshioka]

「産業保健」に関するニュース

2019年08月20日
米を中心にした食事はメリットが多い 食べ過ぎると糖尿病リスクが上昇
2019年08月20日
「ワークライフバランス」の改善の効果 生活満足度は女性より男性で改善 34ヵ国を比較
2019年08月20日
高脂肪の肉が「乳がん」リスクを上昇 代わりに低脂肪の鶏肉を食べるとリスクは減少
2019年08月20日
金沢大学がAIを活用した糖尿病性腎症重症化予防の共同研究を開始 日本人に最適な予防法を開発
2019年08月20日
シロタ株を含む乳製品を摂取すると便秘リスクが低減 適度な運動が加わるとさらに効果的
2019年08月15日
働き方改革 「長時間労働」が脳卒中のリスクを上昇させる 産業医の7割が「改善を感じる」と回答
2019年08月15日
「10月8日は、糖をはかる日」講演会2019 参加者募集開始!
2019年08月15日
「10月8日は、糖をはかる日」2019年写真コンテスト作品募集開始!
2019年08月14日
認知症を予防するための10の方法 健康的な生活スタイルを実行すれば脳の老化を抑えられる
2019年08月13日
たった12週間のウォーキングで自分は変えられる 運動は考えている以上に簡単
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶