ニュース

「米ぬか」成分に血圧降下作用 米ぬかペプチドが血管機能を改善 食品素材として活用

 サンスターグループは、玄米の胚芽と表皮にあたる「米ぬか」のタンパク質を酵素で分解して得られた「酵素処理米ぬか」が血圧降下作用をもつことをヒト臨床試験で確かめた。
 さらに、酵素処理米ぬかに含まれる新規ペプチド「LRA」が、血管内皮で一酸化窒素産生を促すことで血圧を降下させるメカニズムを実験で明らかにした。
玄米や米ぬかの成分が血管機能を改善 血圧降下作用も
 日本人は古来より玄米を常食してきたが、現代では多くの人が玄米の胚芽と表皮にあたる米ぬかを取り除いた精米を食べている。取り除かれた米ぬかは、タンパク質やミネラルなど多種の栄養素を豊富に含むものの、食品素材として十分に活用されていない。

 一方、高血圧は自覚症状の無いまま脳卒中や心筋梗塞など死に直結する病気の原因となり「サイレントキラー」と呼ばれている。高血圧症患者は日本に4,300万人、予備群も含めると総人口の約半分と推定されており、その予防に効果的な食品素材の開発が期待されている。

 近年では食品由来のタンパク質から生理活性を有するペプチドを生成し、高血圧や糖尿病など生活習慣病の予防をはかる研究が活発になっている。

 サンスターは、これまで玄米および米ぬかの糖尿病患者の血管機能改善作用や糖代謝の改善についての研究を行い、健康食品への応用を進めてきた。

 そして、米ぬかの血管機能改善の機能性に着目し、米ぬかを酵素処理して得られる多種のペプチドを分析する中で、血圧降下作用をもつ新規ペプチドを2017年に発見した。
高血圧予備群の臨床試験で血圧低下 米ぬかから新規ペプチドを発見
 サンスターが血圧降下作用のある新規ペプチドとして発見したペプチド「LRA(ロイシルアラギニルアラニン)」は、ロイシン、アルギニン、アラニンの3種のアミノ酸が結合したトリペプチド。

 今回の研究は、その効果をヒト臨床試験で確認し、また血圧降下のメカニズムを解明するために行ったもの。

 同社は、米ぬかを酵素(サーモリシン)処理して得られた酵素処理米ぬかの血圧降下作用をヒト臨床試験で検証した。対象となったのは高血圧予備群39人(収縮期血圧:130~139mmHgかつまたは拡張期血圧:85-89mmHg)およびI度高血圧者48人(収縮期血圧:140-159mmHgかつまたは拡張期血圧:90-99mmHg)とし、プラセボ対照二重盲検並行群間比較試験を行った。

 参加者が1日4粒の酵素処理米ぬか配合錠剤(1日あたり1gの酵素処理米ぬかを摂取)または酵素処理米ぬか無配合のプラセボ錠剤を12週間摂取したところ、酵素処理米ぬか摂取群の12週目の収縮期血圧は、プラセボ群と比較して有意に低下した。

 高血圧予備群のみの解析では、収縮期血圧が有意に低下し、収縮期血圧の平均値は130mmHg未満となった。

 さらに、血管内皮細胞のモデル細胞であるHUVECにおいて、酵素処理米ぬかの中の血圧降下関与成分であるLRAが、血管内皮局在型一酸化窒素産生酵素(eNOS)のリン酸化を促進する(=一酸化窒素産生を促進する)ことを明らかにした。
血圧降下作用を活かした健康食品の開発へ
 この血圧降下メカニズムは、LRAが血管内皮で一酸化窒素産生を促進して血管平滑筋を弛緩させることによって生じたものと考えられる。

 高血圧予備群の方はすぐに投薬治療が施されるわけではないものの、総死亡、冠動脈疾患、脳卒中のリスクが上昇することが知られている。

 生活習慣の改善によりI度高血圧へ移行しないようにするだけでなく、血管へのダメージを抑えるためにも血圧を低く保つことが重要となる。

 今回の研究で、酵素処理米ぬかは高血圧予備群の収縮期血圧を低下させることが期待できる結果となったことから、同社は今後は、今回の成果をもとに研究開発を進め、LRAの血圧降下作用を活かした健康食品の製品化を目指すとしている。

サンスターグループ
Rice Bran Supplement Containing a Functional Substance, the Novel Peptide Leu-Arg-Ala, Has Anti-Hypertensive Effects: A Double-Blind, Randomized, Placebo-Controlled Study(Nutrients 2019年3月28日)
Vasorelaxant and Antihypertensive Effects That Are Dependent on the Endothelial NO System Exhibited by Rice Bran-Derived Tripeptide(Journal of Agricultural and Food Chemistry 2019年1月4日)
[Terahata]

「記事の内容」に関するニュース

2019年09月04日
肥満予防に「ゆっくり食べる」ことが効果的 よく噛んで食べるための8つの対策
2019年09月04日
身体に優しい最適な姿勢「美ポジ」 健康寿命の延伸には腰痛対策など心身アプローチが必要
2019年09月04日
女性の認知症を防ぐために 女性ホルモンの分泌期間が短いと認知症リスクは上昇
2019年08月27日
中年期の肥満やメタボが脳の老化を10年以上早める 肥満は脳にも悪影響を及ぼす
2019年08月27日
「乳がん」の再発を防ぐ治療法の開発に道 乳がん細胞の弱点をみつける研究
2019年08月26日
肥満でなくてもカロリー制限は効果的 糖尿病や肥満の検査値が改善 まずは10%を減らしてみる
2019年08月26日
「不飽和脂肪酸」が肥満リスクを打ち消す 悪玉コレステロールを低下 脂肪とコレステロールをコントロール
2019年08月26日
より良い睡眠をとるための秘訣は「寝る1~2時間前の入浴」
2019年08月20日
米を中心にした食事はメリットが多い 食べ過ぎると糖尿病リスクが上昇
2019年08月20日
「ワークライフバランス」の改善の効果 生活満足度は女性より男性で改善 34ヵ国を比較
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶