ニュース

厚生労働省労働基準局長に要望書を提出 [日本産業保健師会]

3.png
 (一社)日本産業保健師会は8月2日、厚生労働省労働基準局長の坂口卓氏に対し、事業場で働く保健師の法的な位置づけの確保及び産業保健師の研修体制の整備と予算措置に向けての要望書を提出した。

 坂口局長は、岡田睦美会長からの産業保健現場における産業保健師の活躍についての報告を受け、改正「労働安全衛生法」により産業医・産業保健機能強化が示され、その実現の為にも、産業保健師の活躍に期待していると述べた。

 また医師の働き方改革も始まり、医療現場においても産業保健活動は重要であることを強調し、産業保健師も含めた多職種連携体制での活動に期待を寄せられた。

2020年度予算及び政策に関する要望書

 社会や経済の変化に伴い労働者の雇用形態や労働環境も変化する中、労働者の働き方の多様化に伴う新たな健康課題に対し、産業保健としても柔軟で多岐にわたる対応が求められつつあります。

 こうした背景を受け「働きかた改革を推進するための関係法律の整備に関する法律(平成30年法律第17号)」では、改正「労働安全衛生法」により産業医・産業保健機能の強化が示され、これまで以上に事業主と産業医との連携強化が求められることとなりました。

 一方で、現状の産業医の労働状況からは複雑多様化した労働者の健康支援を産業医のみで十分に実施することは困難であり、保健師等の産業保健スタッフとの多職種の連携体制にて産業保健活動を行うことが重要だと言われております。

 特に保健師の活動状況においては、労働者の就労上の判断・措置以外は労働安全衛生法第13条における産業医業務と同様の業務を担っているとみられる調査結果もあります。

 しかし、保健師の選任については法令上言及されていないため採用は事業主判断に任されており、雇用状況は不安定な状態が続いております。また、産業領域の保健師特有の研修体制等も未整備なため保健師個々が個別に努力している現状です。

 以上の理由によりまして、2020 年度予算案等の編成及び政策の検討に当たりましては、以下の事項につきましてご尽力賜りますよう要望致します。

【要望事項】
 1.事業場で働く保健師の法的な位置づけの確保
 2.産業保健師の研修体制の整備と予算措置

2020年度予算及び政策に関する要望書

一般社団法人 日本産業保健師会
2020年度予算及び政策に関する要望書

[soshinsha]

「産業保健」に関するニュース

2019年12月12日
【セミナーレポート】疾病リスクマーカーとして注目すべき尿酸値に関する新知見
2019年12月12日
厚労省が「高齢者の特性を踏まえた保健事業ガイドライン第2版」を公表
2019年12月11日
抗菌薬・抗生物質が効かない「薬剤耐性菌(AMR)」 年間8,000人超が死亡 対策は進んでいる
2019年12月11日
「ドライアイ」で苦しむ人は働き盛り世代に多い スマホを利用した「クラウド型臨床研究」で明らかに
2019年12月11日
「よく噛んで食事をする」と食後の血糖上昇を抑えられる 「よく噛む」食事法は朝と夜で効果に差が
2019年12月10日
通勤手段で肥満・メタボに対策 徒歩・自転車・公共交通が有利 日本の労働者3万人を5年間調査
2019年12月10日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 入浴中の事故死は冬に集中 血圧変動に注意
2019年12月05日
働く世代の仕事と健康管理に変化が起きている 厚労省「成年者縦断調査」「中高年者縦断調査」
2019年12月05日
健診結果から3年以内の糖尿病発症リスクを予測 国際医療研究センター「糖尿病リスク予測ツール」
2019年12月04日
睡眠不足が肥満やメタボを悪化させる 脂質代謝にも異常が 睡眠を改善する3つの方法
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 9,696 人(2020年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶