オピニオン/保健指導あれこれ
企業で働く保健師のキャリアプランを考える ~攻めの保健師養成を目指して~

No.1 攻めの保健師 看護師&保健師編

保健師(株式会社オフィス・アニバーサリー 、産業医事務所)
久保さやか

私の職業人生は大学病院の特別病室から…

 前回「攻めの保健師 プロローグ」 では、現状の産業保健師の課題を提起し、保健師のキャリアに視点を置きながら、「組織で他者を動かすリーダーシップを発揮し、産業保健師は、どんな価値を提供できるのか。」そんな問いを投げかけました。

 今回は、専門職としてのキャリアである看護師と産業保健師時代を振り返りたいと思います。

 私の職業人生は、看護師として、大学病院の特別病室で勤務する事からスタートしました。特別病室とは、全ての診療科を網羅し、ビックリするような差額ベッド代で、芸能人や政治家の方々が多く入院されていました。

 全科の医療・看護の知識やその対応が求められるだけでなく、VIPへの接遇が重要視されました。立ち居振る舞い、言葉かけ、そういった面でも随分鍛えられました。

 また勉強面にも置いても、大学病院だけあって、しっかり教育されました。事例発表やリーダー研修などの研修もさることながら、学習した内容をどうやって普段の業務に活かすかのか、勉強の仕方そのものについても教わったように思います。

 当時一緒に勤務していた先輩たちは、大学院に通ったり、専門看護師を目指していたり、学習熱心な方が大勢いました。そんな周囲の影響もあってか、5年間の病棟勤務の後、保健師取得を目指し大学へ進学しました。

次は、スーパーマーケットの産業保健師として勤務

 大学卒業後は、スーパーマーケットを中心にした小売業の本社産業保健師として勤務しました。

 そこでは、一般的な産業看護業務だけでなく、社員食堂を活用した食育や、被災地ボランティアの安全衛生管理体制の構築、組織風土調査の実施など、とても幅広い数多くの活動を行いました。

 特に、社員食堂を活用した食育活動では、管理栄養士と連携して、メニューを栄養素別に3色で色分けを行ったり、野菜接種を増やす環境の工夫をしたり。テーブルのPOPに健康コラムを掲載して、「食堂の人」として従業員からも認識されるようになりました。

 徐々に顔見知りの従業員が増えてくると、通りすがりに健康相談を受けることや、健康・医療分野の仕事をしている従業員から、アドバイスを求められたりする事も数多くありました。そういった面では、毎日がとても楽しく、産業保健師として充実して働いていたように思います。

 反面、過重労働やうつ病対策には、とても悩んでもいました。

社運がかかった事業で部署全体が体調不良!!

 とある部署は、新規に通販サイトを短期間で立ち上げるために、何か月間も過重労働者が続出していました。サイトの立ち上げゴールは見えているとの事でしたが、まだまだ業務過多が続くことが想定され、面談対象となった従業員も、あまり体調は芳しくありません。

 それどころか、その上司も強いアルコールを飲まないと眠れない状態となっており、抑うつ傾向も見られました。部署全体が体調不良となっていましたが、社運がかかった事業でもあり、止めることも難しい事態になっていました。

 私が面談をしても、残業は減らせない。出来ることは、病院に行くようにと言う事だけ。

「マネジメント」との出会い
仕事のやり方、マネジメントそのものを変えないと過重労働は減らない!

 そんな日々悩む私に、社内の友人が紹介してくれたのが、TOC(制約理論)という経営改善手法でした。

TOCを基にコンサルタントをしている方からは、こんな質問されました。

「どうして過重労働が起きるの?」
「仕事が沢山あるからです。」

「どうして仕事が沢山あるの?」
「上司が沢山の仕事を指示するからです」

「じゃあ、仕事のやり方、マネジメントを変えないと過重労働は減らないね。」

 当時、産業保健スタッフによる面談も、人事部門による労働時間の管理も、定時帰宅の呼びかけも、過重労働対策は全て実施していました。

 しかし、それだけでは足りない。

 過重労働やそれに起因するうつ病を防ぐためには、仕事のやり方・マネジメントそのものを変えなければならない。

 この「マネジメント」との出会いは、私のその後の職業人生を大きく変える、衝撃的な出来事になったのでした。次回は、その後、なぜ総合職に挑戦したのか。その辺りをお話出来たらと思います。

「企業で働く保健師のキャリアプランを考える ~攻めの保健師養成を目指して~」もくじ

「産業保健」に関するニュース

2018年11月21日
【参加募集中】第7回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「職場巡視~ありのままの現場を見られる産業保健師になる~」
2018年11月21日
運動不足はメタボよりも高リスク 運動をより多く・座る時間は少なく
2018年11月21日
野菜で脱メタボ 宮城県が野菜の摂取を促す「みやぎベジプラス100」
2018年11月21日
スポーツを通じて女性の活躍を促進 子育て世代もサポート スポーツ庁
2018年11月21日
母乳が赤ちゃんの腸内フローラを健康にする メカニズムを解明
2018年11月21日
慢性腎臓病(CKD)の原因は腎臓での「エネルギー代謝障害」 治療法を開発
2018年11月15日
【産保PC第6回(2018年度 第2回)レポート】テーマ:メンタルヘルス
2018年11月14日
11月14日は「世界糖尿病デー」 家族や大切な方が糖尿病と言われたら
2018年11月14日
世界糖尿病デー 「糖尿病の警告サイン」を5人に4人が知らない
2018年11月14日
厚労省がイクメン企業アワード受賞企業取組事例集などを発行

最新ニュース

2018年11月21日
【参加募集中】第7回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「職場巡視~ありのままの現場を見られる産業保健師になる~」
2018年11月21日
運動不足はメタボよりも高リスク 運動をより多く・座る時間は少なく
2018年11月21日
野菜で脱メタボ 宮城県が野菜の摂取を促す「みやぎベジプラス100」
2018年11月21日
スポーツを通じて女性の活躍を促進 子育て世代もサポート スポーツ庁
2018年11月21日
母乳が赤ちゃんの腸内フローラを健康にする メカニズムを解明
2018年11月21日
慢性腎臓病(CKD)の原因は腎臓での「エネルギー代謝障害」 治療法を開発
2018年11月20日
今夏の熱中症による救急搬送人員は95,000人、昨年度に比べて大幅増加
2018年11月16日
【健やか21】平成30年度「医療安全推進週間」
2018年11月15日
【産保PC第6回(2018年度 第2回)レポート】テーマ:メンタルヘルス
2018年11月14日
11月14日は「世界糖尿病デー」 家族や大切な方が糖尿病と言われたら
2018年11月14日
世界糖尿病デー 「糖尿病の警告サイン」を5人に4人が知らない
2018年11月14日
厚労省がイクメン企業アワード受賞企業取組事例集などを発行
2018年11月14日
"防ごう、備えよう!低血糖―低血糖時のアクションプラン"公開 糖をはかる日
2018年11月13日
がん患者の就労支援 働く患者の75%が「産業医」の存在を知らない
2018年11月13日
サマータイムは「睡眠障害」の原因に 生物時計に障害 日本学術会議
2018年11月13日
妊娠中の低栄養やストレスが子の高血圧の原因に 遺伝子レベルで解明
2018年11月13日
なぜ「朝食を抜くと体重が増える」? 体内時計で解明 名古屋大
2018年11月12日
「糖尿病になったらいくらかかる?」を改訂 糖尿病の医療費
2018年11月09日
【健やか21】妊娠中・産後のママのための食事BOOK(ダウンロード無料)
2018年11月08日
適切な情報選択の一助に!「アレルギーポータル」を開設~日本アレルギー学会
2018年11月08日
「効果を上げる! 健康教育のツボ」へるすあっぷ21 11月号
2018年11月07日
【新連載】がん治療と仕事の「両立支援」を考える~産業保健師の乳がん経験~
2018年11月06日
簡易に測定できる「フレイルチェック」を産官学協働で開始 九州大学など
2018年11月06日
新しい「発芽玄米」で脳内「BDNF」が増える 脳卒中や認知症などを予防
2018年11月06日
肥満やメタボの新たな治療 肝臓の「アクチビンE」が脂肪を燃焼
2018年11月06日
チョコレートが閉経後女性の高血糖、高血圧、高コレステロールを改善
2018年11月05日
生活改善の「三日坊主」を防止するアプリ チームで励まし治療を継続
2018年11月02日
【健やか21】児童虐待防止推進月間「愛の鞭ゼロ作戦」
2018年11月01日
ブレインフードレシピを提供します(くるみヘルスケアプロジェクト)
2018年10月31日
なぜ朝食は食べた方が良いのか? 肥満と脂質異常症を予防するのに有利
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,558 人(2018年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶