オピニオン/保健指導あれこれ
学校保健における「くすり教育」について ~今、「くすり教育」をいかに進めるか~

No.3 「くすり教育の実施」 ~どう教えるか? 「くすり教育」~

一般社団法人日本くすり教育研究所 代表理事
加藤 哲太
 3-1 「くすり教育」の実践

1)打ち合わせ:
 学校でくすり教育を実施するに当たっては、教員(校長、教科担当教員、養護教諭)と薬剤師の間で、十分な打ち合わせをすることが大切です。授業計画、情報交換を行い、役割分担を確認します。

2)授業計画:
 学習指導要領およびその解説書、教科書に基づいて授業計画を立てます。日本学校保健会 医薬品教育 資料 薬の正しい使い方(中学生用)および指導者用解説などを参考にし、教材としては、くすりの適正使用協議会のパワーポイント教材などが利用できます。

3)授業実施:
(1)養護教諭、薬剤師が参加するチーム・ティーチング(T.T)
 教科担当教員あるいは養護教諭が授業を進め、薬に関する専門知識については、薬剤師が答えます。専門用語は可能な限り避けますが、必要な時には、その内容を詳しく説明します。

(2)くすり総合授業の実施
 授業時間、日程などから、薬剤師が参加するT.T形式でクラス単位の授業を行うことが困難な場合が考えられます。その場合には、くすり総合授業の開設を提案します。事前の打ち合わせで、授業内容、進め方などを十分に検討し、それに基づき授業は教科担当教員あるいは養護教諭が実施します。授業終了時に質問事項、要望項目などを含むアンケート調査を行い、それを基にくすり総合授業を計画します。あらかじめ薬剤師を中心に授業の進め方、アンケートの利用法を検討し、薬剤師参加のもとで授業を実施します。自分たちの質問、意見に基づく授業であれば、クラス合同授業が可能で、薬剤師の負担も軽減できると考えます。

4)授業後の検討:
 校長先生、教科担当教員、養護教諭、学校薬剤師など多くの先生の参加をお願いします。授業内容のスキルアップには教育の専門家の意見は必須ですし、薬に関することは薬剤師の意見が必要です。授業方法、授業の内容、話し方、進め方などについて繰り返し検討することが必要です。

5)学校間での情報の交換:
 まだ「くすり教育」は確立されたものではありません。各学校のアイディアで進められる授業について、報告会、研修会をすることで、より質の高い「くすり教育」となっていくと思います。

「学校保健」に関するニュース

2021年04月09日
【健やか21】「妊産婦のための食生活指針」の改定について(厚生労働省)
2021年04月08日
新型コロナ情報サイト「こびナビ」を開設~日米の医師らが協力
2021年04月07日
小児のがん患者体験調査を初めて実施(国立がん研究センター)
2021年04月06日
玄米や麦ごはんなどの「全粒穀物」が心臓病や脳卒中のリスクを低下 「超加工食品」の食べ過ぎにも注意
2021年04月05日
朝食は「1日でもっとも重要な食事」 朝8時30分までに食べると糖尿病リスクは低下 朝食を改善する4つの方法
2021年04月05日
【新型コロナ】コロナ禍でメンタルヘルスが悪化 都市の個人主義的な生活スタイルが原因? 貧困も大きく影響
2021年04月02日
【健やか21】子どもの事故防止プロジェクト・レポート「子育てを経た保護者の事故防止に対する意識の変化」の掲載について(消費者庁)
2021年03月30日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? ⽇中に活発なウォーキングを1時間⾏うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年03月26日
【健やか21】「日本脳炎ワクチン供給不足が見込まれる現状についてのお知らせ」の掲載について(日本小児科学会)
2021年03月24日
地方自治体の常勤保健師数は36,161人に 令和2年度「保健師活動領域調査」
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,678 人(2021年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶