オピニオン/保健指導あれこれ
なぜ今、ストレスチェックなのか ~労働安全衛生法改正をうけて~

No.1 なぜ今、ストレスチェックなのか~労働安全衛生法改正をうけて~

東京工科大学医療保健学部 産業保健実践研究センター長 看護学科地域看護・産業看護学 教授
五十嵐 千代

 平成26年6月に労働安全衛生法の一部を改正する法律が公布され、ストレスチェック制度が平成27年12月から施行されます。平成27年4月には、ガイドラインが出されました。

 ストレスチェック制度については、どのように実施していくのか、各事業場では現在検討中であるところが多いと思います。労働者数50人以上の事業場に、実施義務がされているこの制度。なぜ、このような制度が始まるのでしょうか?

 実はその発端は平成21年の冬までさかのぼります。私は平成19年から内閣府自殺対策推進会議(現在は自殺対策官民連携会議)の委員をしています。

 労働者の健康支援を担う産業保健分野の専門家であり、看護を代表する立場として参画していますが、当時年間の自殺者が3万人を超えており、その中の3分の2が労働年齢層という状況でした。その事態を重く見た当時の自殺対策担当の長妻大臣や政務3役の方が別の機会を設け、私に企業でのメンタルヘルス対策を説明するように言われました。

 当時、私は企業で産業保健師として働いていましたので、保健師がどれだけ労働者の心の相談をおこなっているか、また、管理者教育をおこなうことで職場の2次予防を促進しているかを説明しました。

 皆、保健師の活動に納得しながら、話を聞いていましたが、その際、長妻大臣の意向として「健康診断にうつ病のスクリーニングを入れてはどうか」という質問がありました。即座に私は「反対」であると答えました。その理由は2つでした。

 1つは年に1回スクリーニングをしてもうつ病は見つからない上、オーバースクリーニングで混乱する。それよりも、タイムリーに労働者の相談にのることが重要であると伝えました。

 2つ目の理由は、中小企業などでそのようなスクリーニングを行うと、うつ病のリスクが高いことで解雇になるなど、労働者の不利益が生じるとお答えしました。

 しかし、翌平成22年早々に、長妻大臣がテレビで「労働者の健康診断にうつ病スクリーニングを入れる」と公言し大変驚きました。

 その後、すぐに厚生労働省で「職場におけるメンタルヘルス対策検討委員会」が発足し、私もその一員となりました。委員である精神科医、産業医、産業保健師、経団連、労働組合総連合会など全ての人が反対をしました。理由は前述した私の理由と同じでした。

 当時、厚生労働省では、メンタルヘルス対策を講じている事業場を2020年までに、100%にするという目標がありました。そのようなことを鑑み、その実現のためには、なんとかよいアイディアはないかと、産業保健師仲間に相談しました。

 そして考えついたものは、定期健康診断の自覚症状の中に食欲や不眠、頭重感などの項目を定例の項目として加え、労働者自らがストレスの気づきを促すというものでした。

 そこから、今回のストレスチェック制度は動きだしたのです。当初平成23年春には法案が国会提出となるはずが、東日本大震災で延期となりました。その間、日本産業衛生学会(筆者も意見書メンバーの一人)からは、国際的な流れからはストレス対策は1次予防であることから、個人のストレス反応をみるだけでなく、労働環境の改善につなげるべきだという主張を行いました。

 その後、衆議院の解散により政権も変わり労働安全衛生法改正案は廃案になりましたが、自民党政権からあらためて現在のストレスチェック制度が提案され法案可決にいたっています。

 ストレスチェックを実施する職種として旧法案では、医師または保健師でした。なぜ、この2職種であったかといえば、ストレスチェックに際し、受診勧奨や保健指導を伴うからです。

 その保健指導も労働者個人のストレスマネジメントだけでなく、ストレスチェックから職場の問題をあきらかにする、つまり、組織のアセスメントと介入が必要とされていました。

 新案では、医師または保健師等となり一定の研修を受けた看護師と精神保健福祉士が含められましたが、この法案の大きなポイントは個別のストレス反応や職場要因のスコアから、問題となる労働環境の改善の必要性を検討するということなのです。よって、個人と集団・組織、事業場全体をアセスメントできる、公衆衛生看護に基づいた保健師は、それができる職種と考えます。そしてこのストレスチェック制度は、最終的には労働者の自殺予防につなげていくことが大切だということです。

 私はこれらの目的を果たすべく、一般社団法人日本産業保健サポートセンターを設立しました。メンタルヘルス対策を含む健康支援サービスを提供や、産業保健師などの産業看護職の教育機関としての役割を担っていく所存ですので、是非、ご活用ください。

【関連団体】
一般社団法人日本産業保健サポートセンター

「なぜ今、ストレスチェックなのか ~労働安全衛生法改正をうけて~」もくじ

「働く人のメンタルヘルス」に関するニュース

2017年06月26日
3つのアプリを開発「考えよう!いじめ・SNS@Tokyo」
2017年06月21日
東京糖尿病療養指導士(東京CDE)、東京CDS 講習会の日程を発表
2017年06月21日
「健康長寿新ガイドライン」を策定 東京都健康長寿医療センター
2017年06月15日
赤ワインのポリフェノールで血管が柔らかく 糖尿病の動脈硬化も改善
2017年06月07日
糖尿病医療に貢献するビジネスプランを募集するコンテストを開始
2017年05月25日
高血圧予防ダイエットは痛風にも効果がある 高血圧と痛風の両方を改善
2017年05月01日
「正しく賢くセルフメディケーション」へるすあっぷ21 5月号
2017年04月27日
連休(GW)こそ健康管理に気をつけよう 8つの対策で連休を乗り切る
2017年04月26日
階段運動はコーヒーを飲むより効果的 たった10分の運動で活力が向上
2017年04月26日
血液検査で仕事ストレスを判定 ストレスを早期に発見する指標を発見

最新ニュース

2017年06月27日
【新連載】日本の元気を創生する ‐開業保健師の目指していること‐
2017年06月26日
3つのアプリを開発「考えよう!いじめ・SNS@Tokyo」
2017年06月26日
子どもの健康の地域間格差が拡大している可能性を発表
2017年06月22日
【健やか21】子どもの健康の地域間格差が拡大している可能性
2017年06月21日
東京糖尿病療養指導士(東京CDE)、東京CDS 講習会の日程を発表
2017年06月21日
日本の介護の現状をレポート 「介護社会」の本格的な到来に備える
2017年06月21日
世界の3人に1人が肥満か過体重 世界規模で保健指導が必要
2017年06月21日
ブロッコリーで糖尿病を改善? 「スルフォラファン」が血糖値を下げる
2017年06月21日
糖尿病+高血圧 どうすれば治療を両立できる? 高血圧の治療が進歩
2017年06月21日
「健康長寿新ガイドライン」を策定 東京都健康長寿医療センター
2017年06月20日
「血糖トレンドを知るには。」を公開 血糖トレンドの情報ファイル
2017年06月19日
広がる電子母子手帳~健康情報を管理するアプリとも連携(神奈川県)
2017年06月16日
【健やか21】子ども外傷患者初期対応アセスメントシート 活用マニュアル
2017年06月15日
乳がん検診は今後はどう変わる? 「高濃度乳房」の実態調査を開始
2017年06月15日
食育推進計画を策定した市町村は78%に上昇 「平成28年度食育白書」
2017年06月15日
日本初の「心房細動リスクスコア」を開発 検診項目からリスクが分かる
2017年06月15日
赤ワインのポリフェノールで血管が柔らかく 糖尿病の動脈硬化も改善
2017年06月15日
内臓脂肪が増えるとがんリスクが上昇 腹囲の増加は「危険信号」
2017年06月15日
HbA1cを測定できる「ゆびさきセルフ測定室」 全国に1,500ヵ所以上
2017年06月08日
【健やか21】子ども・若者育成支援「専門分野横断的研修」研修生募集
2017年06月07日
若い世代の産業保健師を育成するプロジェクトがスタート
2017年06月07日
産業保健プロフェッショナルカンファレンス サイトを公開
2017年06月07日
糖尿病医療に貢献するビジネスプランを募集するコンテストを開始
2017年06月07日
健康に生きるための5つの「ライフ スキル」 人生で勝つために学びが必要
2017年06月07日
睡眠を改善するための10ヵ条 睡眠不足とメタボが重なると危険
2017年06月07日
「自分で測り健康データを収集」 5000人規模のコホート研究 東北大学
2017年06月07日
高尿酸血症が腎臓の機能障害の原因に 少しの異常でも腎臓に悪影響
2017年06月06日
「8020」を2人に1人以上が達成し過去最高に~平成28年歯科疾患実態調査
2017年06月06日
初の出生数100万人割れで過去最少 厚労省・人口動態統計月報年計
2017年06月02日
厚生労働省が平成28年の職場における熱中症死傷者発生状況を取りまとめ

おすすめニュース

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,135 人(2017年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶