関連資料・リリース情報

ウェアラブルデバイスを活用したユニークな企画で従業員のウォーキングイベントへの参加が大幅に増加!

ウェアラブルデバイスを活用したユニークな企画で従業員のウォーキングイベントへの参加が大幅に増加!

 田辺三菱製薬は、健康経営の取り組みの一環として、2017年9月より、ICTを活用した健康サポートシステムを導入し、希望する従業員にウェアラブルデバイスを配布している。

 2017年11月からは、ウェアラブルデバイスを活用した従業員向けイベントとして、任意のチームを組み、期間中の累計歩数に応じて社会貢献団体に募金を行うチャリティーウォーキングを健康保険組合と共同で実施した。

 その結果、これまでのチーム参加型ウォーキングイベントと比べて、参加者が大きく増加したと発表した。

 また、2018年2月からは、同システムを利用した新たな企画として、ウェブ上の仮想フィールドで同社グループの世界中の拠点を巡りながら、同社キャラクター「たなみん」のご当地バージョンをコレクションしていくウォーキングイベント「たなみんGO to the world」を実施している。

(田辺三菱製薬/2018年2月8日)

[soshinsha]

「特定保健指導」に関する資料・リリース

2019年05月31日
「保健指導ミーティング実施報告書」を公開
2019年05月31日
平成30年度「保健師の活動基盤に関する基礎調査報告書」を公表
2019年05月31日
「地方公共団体における効率的・効果的な保健活動の展開及び計画的な保健師の育成・確保について」 報告書を公表
2019年05月10日
平成30年度女性スポーツ推進事業(女性のスポーツ参加促進事業)報告書
2019年05月09日
第34回保険者による健診・保健指導等に関する検討会 資料公開
2019年04月26日
糖尿病性腎症重症化予防プログラムの改定について
2019年04月22日
平成31年度健保組合予算早期集計結果を発表
2019年03月19日
2017年度 特定健康診査・特定保健指導の実施状況
2019年03月18日
「2018年度健康スコアリングの効果検証結果」を掲載
2019年03月13日
平成29年度地域保健・健康増進事業報告の概況

「特定保健指導」に関するニュース

2019年07月23日
タブレットを特定保健指導に活用 忙しい40~50歳代への実施率向上を目指す
2019年07月23日
優しさを伝える介護技術「ユマニチュード」をAIで学習 "優しい介護"を誰もが学べる
2019年07月23日
「高カロリー飲料」の飲み過ぎでがんリスクが上昇 100ミリリットル増えると乳がんリスクは22%増加
2019年07月23日
「緑茶」の摂取が糖尿病リスクを減少 九州大学・久山町研究で明らかに
2019年07月23日
「米ぬか」成分に血圧降下作用 米ぬかペプチドが血管機能を改善 食品素材として活用
2019年07月17日
産官学連携で「糖尿病性腎症」に対策 AIでリスク要因を分析し保健事業に発展 大分県
2019年07月17日
産業医500人に聞いた「従業員のメンタル不調の原因」 1位は「上司との人間関係」
2019年07月17日
玄米への健康食としての期待が上昇 食べやすい新タイプの玄米も登場
2019年07月17日
コーヒーに脂肪燃焼を促す効果 体重減少や​​エネルギー消費の増加を促進
2019年07月17日
厚労省、国保保険者インセンティブ評価指標の変更案を通知

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶