関連資料・リリース情報

「平成29年度 国民医療費の概況」

「平成29年度 国民医療費の概況」

 厚生労働省では、「平成29年度 国民医療費の概況」の結果を取りまとめ公表した。

○ポイント
◆平成29年度の国民医療費は43兆710億円
 (前年度に比べ9,329億円、2.2%の増加)
  人口一人当たりでは33万9,900円(同2.4%の増加)

◆制度区分別にみると、
 「公費負担医療給付分」は3兆2,040億円(制度全体に占める割合 7.4%)
 「医療保険等給付分」は19兆7,402億円( 同 45.8%)
 「後期高齢者医療給付分」は14兆7,805億円( 同 34.3%)
 「患者等負担分」は5兆2,750億円( 同 12.2%)

◆財源別にみると、
 公費のうち「国庫」 10兆8,972億円 (財源全体に占める割合 25.3%)
 「地方」は 5兆6,209億円(同 13.1%)
 保険料のうち「事業主」 9兆 744億円 ( 同 21.1%)
 「被保険者」は 12兆1,906億円 ( 同 28.3%)
 その他のうち「患者負担」 4兆9,948億円 ( 同 11.6%)

(厚生労働省/2019年9月26日)

[soshinsha]

「健診・検診」に関する資料・リリース

2020年01月14日
2020年版「日本人の食事摂取基準」報告書
2019年10月01日
「地域・職域連携推進ガイドライン」を公表
2019年09月27日
「平成29年度 国民医療費の概況」
2019年09月19日
産業保健職からの視点で「職域におけるがん検診マニュアル」 の効果的な運用を検討するワーキンググループ報告書
2019年09月04日
「日本健康会議2019」動画議事録を掲載
2019年08月13日
第5回これからの地域・職域連携推進の在り方に関する検討会 資料公開
2019年08月09日
令和元年度 健康増進普及月間の実施について
2019年07月12日
令和元年度「全国労働衛生週間」を10月に実施
2019年07月11日
平成30年度「過労死等の労災補償状況」を公表
2019年07月11日
平成30年版厚生労働白書を公表 第1部のテーマは「障害や病気などと向き合い、全ての人が活躍できる社会に」

「健診・検診」に関するニュース

2020年01月22日
「第8回 健康寿命をのばそう!アワード」最優秀賞決定~介護予防・高齢者生活支援分野/母子保健分野~
2020年01月22日
「第8回 健康寿命をのばそう!アワード」最優秀賞決定~生活習慣病予防分野~
2020年01月21日
緑茶をよく飲む人は長生き お茶が心血管疾患や認知症の予防に効く 中国の大規模調査で明らかに
2020年01月21日
野菜を3倍食べてもらう「野菜プロジェクト」 野菜の自産自消・地産自消も促進 飯能市の食育活動
2020年01月21日
土にふれる生活は心身の健康につながる アレルギーやメンタルが改善 抗ストレスの妙薬は自然の中に
2020年01月17日
男性の3人に1人超が肥満 高齢者の「低栄養傾向」も課題に 2018年「国民健康・栄養調査」(2)
2020年01月17日
「主食・主菜・副菜が揃った食事」は低所得層ほど少ない 2018年「国民健康・栄養調査」(1)
2020年01月15日
「介護離職ゼロ」を目指して 介護と仕事の両立を支援するも企業の48%は「対策が不十分」
2020年01月15日
ピザ1切れのカロリーは30分のウォーキングに相当 肥満やメタボを抑制する食品ラベルを開発
2020年01月15日
糖尿病を予防するための6つの生活スタイル 糖尿病の発症が75%減少 100万人超を調査

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,889 人(2019年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶