• トップページ
  • ニュース
  • 資料更新情報
  • 講習会・セミナー
  • 健診・検診
  • 特定保健指導
  • 産業保健
  • 地域保健
  • 学校保健

学校保健における「くすり教育」について
~今、「くすり教育」をいかに進めるか~


(2013/09/26)
No.3 「くすり教育の実施」 ~どう教えるか? 「くすり教育」~
 3-1 「くすり教育」の実践

1)打ち合わせ:
 学校でくすり教育を実施するに当たっては、教員(校長、教科担当教員、養護教諭)と薬剤師の間で、十分な打ち合わせをすることが大切です。授業計画、情報交換を行い、役割分担を確認します。

2)授業計画:
 学習指導要領およびその解説書、教科書に基づいて授業計画を立てます。日本学校保健会 医薬品教育 資料 薬の正しい使い方(中学生用)および指導者用解説などを参考にし、教材としては、くすりの適正使用協議会のパワーポイント教材などが利用できます。

3)授業実施:
(1)養護教諭、薬剤師が参加するチーム・ティーチング(T.T)
 教科担当教員あるいは養護教諭が授業を進め、薬に関する専門知識については、薬剤師が答えます。専門用語は可能な限り避けますが、必要な時には、その内容を詳しく説明します。

(2)くすり総合授業の実施
 授業時間、日程などから、薬剤師が参加するT.T形式でクラス単位の授業を行うことが困難な場合が考えられます。その場合には、くすり総合授業の開設を提案します。事前の打ち合わせで、授業内容、進め方などを十分に検討し、それに基づき授業は教科担当教員あるいは養護教諭が実施します。授業終了時に質問事項、要望項目などを含むアンケート調査を行い、それを基にくすり総合授業を計画します。あらかじめ薬剤師を中心に授業の進め方、アンケートの利用法を検討し、薬剤師参加のもとで授業を実施します。自分たちの質問、意見に基づく授業であれば、クラス合同授業が可能で、薬剤師の負担も軽減できると考えます。

4)授業後の検討:
 校長先生、教科担当教員、養護教諭、学校薬剤師など多くの先生の参加をお願いします。授業内容のスキルアップには教育の専門家の意見は必須ですし、薬に関することは薬剤師の意見が必要です。授業方法、授業の内容、話し方、進め方などについて繰り返し検討することが必要です。

5)学校間での情報の交換:
 まだ「くすり教育」は確立されたものではありません。各学校のアイディアで進められる授業について、報告会、研修会をすることで、より質の高い「くすり教育」となっていくと思います。