ニュース

脂肪を消費しやすくするコーヒー クロロゲン酸が関与成分のトクホ

 花王は脂肪を消費しやすくする特定保健用食品(トクホ)飲料「ヘルシア」ブランドから、「ヘルシアコーヒー」を発売した。コーヒー豆に含まれるポリフェノール「クロロゲン酸」の働きで、脂肪を消費しやすくする効果が認められている。

 発売するのは、「ヘルシアコーヒー無糖ブラック」と「ヘルシアコーヒー微糖ミルク」の2商品で、いずれも1缶185g当たりクロロゲン酸類270mgを含む。

 クロロゲン酸はコーヒーの生豆に豊富に含まれるが、焙煎により含有量は減っていく。花王はクロロゲン酸が減る原因として、焙煎で生成される酸化成分「ヒドロキシヒドロキノン」に着目。ヘルシアコーヒーでは、豆を通常の2.5倍使用し、独自製法で酸化成分を低減した。その結果、一般のコーヒーに比べ、クロロゲン酸は約2倍に増え、酸化成分は約50分の1に減った。

 クロロゲン酸により体脂肪が低減するメカニズムは、クロロゲン酸が細胞内のミトコンドリアへの脂肪の取り込みを促進するからと考えられている。

 肝臓や筋肉の細胞内にある「ミトコンドリア」は、体内での脂肪燃焼に深く関わっている。脂質は、ミトコンドリアにある酵素のはたらきで燃焼し、エネルギーに変換される。クロロゲン酸がミトコンドリアにはたらきかけ、脂質を効率よく燃焼し、体脂肪が低減するようになる。

 体格指数(BMI)の平均が27.7の肥満の成人男女(109名)を対象に行った試験では、クロロゲン酸を含むコーヒーを1日1本摂取した群で腹部全脂肪面積が9.3cm3減少した(関連情報)。

 また、別の試験では、通常のクロロゲン酸量を含むコーヒーと比べて1.3倍の脂肪燃焼量があることが確かめられた。

 ヘルシアコーヒーは、摂取した脂肪の吸収を阻害するタイプのトクホと違い、食事以外のタイミングで摂取しても効果が出る。日常のさまざまな場面で飲用すると効果を期待できるという。

 「ヘルシアコーヒー無糖ブラック」と「ヘルシアコーヒー微糖ミルク」は、いずれも1缶185g入りで149円。摂取の目安は1日1缶で、1缶当たりのカロリーは、無糖ブラックが9kcal、微糖ミルクが24kcal。

「ヘルシアコーヒー無糖ブラック」(左)
「ヘルシアコーヒー微糖ミルク」(右)
花王 体脂肪が気になる方に 脂肪を消費しやすくする ヘルシア
[Terahata]

「栄養」に関するニュース

2019年11月13日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月12日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター
2019年11月12日
インフルエンザシーズン到来にそなえて 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
2019年11月12日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 岡山大が臨床試験で実証
2019年11月06日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年11月06日
腸内細菌が内臓脂肪に影響 内臓脂肪の少ない人に多い菌が判明 健診のビッグデータを分析
2019年11月06日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法
2019年11月06日
保健指導で「食べる順番」に重点をおいた食事指導をすると減量効果が大きい 関西電力医学研究所
2019年11月01日
【健やか21】11月は「乳幼児突然死症候群(SIDS)」の対策強化月間です
2019年10月30日
肥満・メタボの増加の原因は小児・若年期にある 子供の食事を改善する施策が必要 ユニセフ「世界子供白書2019」
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,889 人(2019年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶