ニュース

特集 メタボ対策の評価をしよう 「へるすあっぷ21」12月号


「へるすあっぷ21」12月号

月刊、年12冊 定価(1冊):735円
年間購読料:9,960円(税・送料込)
発行:株式会社法研
 保健指導に役立つ情報源の一つである定期刊行物「へるすあっぷ21」12月号をご紹介致します。

 今号の特集は「メタボ対策の評価をしよう」とし、メタボ対策の評価のポイントを解説します。

 特定健診・特定保健指導、いわゆる国をあげてのメタボ対策が始まって6年目に入りました。

 健康改善や医療費適正化の効果は出ているのでしょうか?

 厚生労働省が行っている効果検証の結果が待たるところですが、それぞれの健康保険組合や職場においても、効果をしっかりと確認することが重要です。

 健診データの改善効果は?

 医療費適正化の効果は?

 委託事業者の評価は?

 特定保健指導の費用対効果は?

「へるすあっぷ21」12月号
株式会社法研

【目次】

■みんなの食育 小島美和子
 コース料理の選び方

■最新医療情報
 外見の悩みをカバーし、がん患者の社会生活を支援する
 アピアランス支援センター

■それぞれの終末期 INTERVIEW
 東京都北区立特別養護老人ホーム清水坂あじさい荘・元副施設長
 鳥海 房枝 さん

■HEALTH TOPIC
 データヘルス事例集公表!共通基本分析の項目もあきらかに

■DATA PICK UP メンタルヘルスケアの取り組み増加!

■職場で活かす!ストレスをためないコミュニケーション 森田汐生
 自分の怒りとの向き合い方

■けんぽREPORT
 管工業健康保険組合
 「事業主との連携による医療費適正化対策を推進」

■SELFCARE TREND
 世代別の睡眠のしくみから見る 快眠術

■特別報告
 3ステップケアが口腔の健康維持に効果的

■脳の老化を防ぐトレーニング
 笑いヨガで脳血流を促進しよう!

【連載】

■カンタン・カイテキ 関節体操 白木仁
 腸腰筋を鍛えよう

■健康リテラシーを身につけよう 梅垣敬三
 健康食品のグルコサミンやコンドロイチン硫酸は膝に効くの?

■基礎からわかるメンタルヘルス不調への対応 関谷剛
 管理監督者への教育

■カラダは語る 野口緑
 高尿酸血症状のメカニズム

■"自己保健力"を高める産業保健活動 永島昭司
 健康診断結果の活用あれこれ

■耳よりステーション
 【ダイエット】冨士原伴子「忘年会、お酒は適量で楽しもう」
 【口腔ケア】澁谷智明「TCHと顎関節症」

■発祥地探訪
 学校給食

「へるすあっぷ21」
株式会社法研

[soshinsha]

「特定保健指導」に関するニュース

2021年01月26日
【新型コロナ】接触確認アプリ「COCOA」がコロナ禍の心理的ストレスを減らす? 企業従業員の心の健康をどう守るか
2021年01月26日
スマホの運動アプリで1日の歩数を2000歩増やせる 新型コロナをきっかけに、運動への関心は世界中で拡大
2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月26日
人工知能(AI)を活用して大腸がんを高精度に発見 医師とAIが一体となり、がん検査の見逃しをなくす
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月19日
【新型コロナ】「自然」の豊かな環境でストレスを解消 心の元気を保つために「行動の活性化」を
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
2021年01月18日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 急激な温度変化は体にとって負担 血圧変動や脱水に注意
2021年01月18日
【新型コロナ】ワクチンの利益とリスク 正しく評価し、接種の判断を 日本感染症学会が提言「ゼロリスクはありえない」
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,568 人(2021年03月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶