ニュース

改正安衛法で大きな役割を担う産業保健師 他分野との連携も必要

 一般社団法人日本産業保健師会(理事長 大神あゆみ)は10月6日、平成26年度の第2回研修会を開催した。
 テーマは、「産業保健師の本質に迫る これからの産業保健師に期待すること~保健師が中心となって、産業保健の活動基盤をつくるために~」。会場は、東京都大田区の東京工科大学。

 研修会では、愛知医科大学教授の柴田英治氏が講演し、最近の産業保健をめぐる状況や、ストレスチェック実施に伴うメンタルヘルス対策への対応、これからの産業保健師に期待する活動などを述べた。

 今年6月に成立したストレスチェック実施を定めた改正労働安全衛生法について、「ストレスチェックを実施してメンタル不調者が減るかどうかは、実際のところ5年、10年など長い期間見てみないとわからないもの」とした。

 一方、保健師が大きな役割を担う取り組みとし、「この法改正によって将来"メンタル不調者の割合が減った"など、良い方向になったと言われるように保健師は努力し、地位向上のチャンスになる」と述べ、そのためには、小規模事業場においてもメンタルヘルス対策を推進することが重要なポイントとした。

 これからの産業保健師に求められるポイントについて、「産業保健の目的を達成させるためには、地域保健と連携しないと達成できない」とし、地域保健など他分野の保健師との連携や、少人数での勉強会・情報交換会など保健師の連携組織づくりによって、公衆衛生専門職としての地位向上を図ることを課題の一つにあげた。

一般社団法人日本産業保健師会

一般社団法人日本産業保健師会
2014年度 第3回研修会のご案内

【開催日】2015年1月31日(土)
【時 間】14:00~16:30(受付13:30~)
【場 所】ドーンセンター 特別会議室
      (大阪府立男女共同参画・青少年センター)
【テーマ】これからの産業保健師に期待すること
     メンタルヘルスにおいて保健師に期待すること
     ~予防活動と困難事例対応~
【講 師】渡邊 美寿津先生
     (トヨタ自動車株式会社 本社健康管理室)
【参加費】会 員2,000円(資料代として)
     非会員5,000円(資料代を含む)
【定 員】70名(先着順)
【申込締切】2015年1月24日(土)まで

  >>研修会の詳細へ
  >>申込フォームへ

一般社団法人日本産業保健師会

[soshinsha]

「産業保健」に関するニュース

2021年01月26日
【新型コロナ】接触確認アプリ「COCOA」がコロナ禍の心理的ストレスを減らす? 企業従業員の心の健康をどう守るか
2021年01月26日
スマホの運動アプリで1日の歩数を2000歩増やせる 新型コロナをきっかけに、運動への関心は世界中で拡大
2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月26日
人工知能(AI)を活用して大腸がんを高精度に発見 医師とAIが一体となり、がん検査の見逃しをなくす
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月19日
【新型コロナ】「自然」の豊かな環境でストレスを解消 心の元気を保つために「行動の活性化」を
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
2021年01月18日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 急激な温度変化は体にとって負担 血圧変動や脱水に注意
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,678 人(2021年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶