ニュース

魚をたくさん食べるとうつ病を予防できる 魚に天然の抗うつ効果

 魚を多く食べると、うつ病の発症リスクが低下するという研究結果を、中国の青島大学の研究チームが発表した。
魚を食べるとうつ病リスクが17%低下
 世界保健機関(WHO)は、世界でうつ病で苦しんでいる人の数は、人口の約5%に当たる3億5,000万人以上に上るという推計を発表した。

 うつ病の発症に食事スタイルが影響していると考えられている。「野菜や果物を多く摂取し、全粒粉や魚を食べることが、うつ病の減少につながることが最近の研究で示されていますが、どのような食品を組み合わせると予防効果が高まるか、まだ分かっていません」と、青島大学のファン リー氏は言う。

 研究チームは、2001~2014年に発表された16件の研究を解析した。研究のうち10件はコホート研究で、残りは横断的研究で、合計15万278人が対象となった。

 研究のうち10件は欧州で、7件は北米で、残りはアジア、オセアニア、南米において実施されたものだ。

 全てのデータを解析した結果、魚をもっとも多く食べた人はもっとも少なく食べた人に比べて、うつ病の発症リスクが17%低下することが判明した。さらに性別にみると、男性ではうつ病リスクが20%低下し、女性では16%低下することが分かった。

 この傾向は欧州の研究のみで確認された。欧州以外の研究では、そもそも魚を多く摂取されておらず、比較するのが難しいという。

魚の脂が脳に良い変化をもたらす
 アジ・イワシ・サンマ・サバなどの青魚には、動脈硬化を抑制する作用などがあるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)などのオメガ3脂肪酸が豊富に含まれる。

 オメガ3脂肪酸を摂取すると、脳細胞膜の構造が変化し、うつ病に対し予防的に働くことが過去の研究で確かめられている。

 また、魚に含まれる脂肪をとると、うつ病の発症に関係しているとみられる神経伝達物質であるドーパミンとセロトニンの活動に変化が起こることも分かっている。

 さらには、魚には高品質のタンパク質、ビタミン、ミネラルが含まれ、どれもうつ病のリスクを下げるのに効果的だと研究チームは指摘している。

 「魚をよく食べる人は、そうでない人に比べ健康的である傾向があります。今回の研究では、魚を食べることで栄養状態が改善し、うつ病の予防にも効果があることが強く示唆されました」と、リー氏は述べている

 解析したのは観察研究だったため、魚の摂取とうつ病の発症リスクの因果関係には不明な点も多い。健康に良い魚を食べることを奨励して食事スタイルが変わると、うつ病を減らすことができるかを、今後の介入研究で確かめる必要があるという。

 加えて解析した研究では、どの種類の魚を食べると効果的であるかは調べられていなかった。うつ病の予防に役立つ魚のタイプを今後の研究で調べる必要があるという。

Fish consumption and risk of depression: a meta-analysis(Journal of Epidemiology & Community Health 2015年9月10日)

[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2019年08月20日
米を中心にした食事はメリットが多い 食べ過ぎると糖尿病リスクが上昇
2019年08月20日
「ワークライフバランス」の改善の効果 生活満足度は女性より男性で改善 34ヵ国を比較
2019年08月20日
高脂肪の肉が「乳がん」リスクを上昇 代わりに低脂肪の鶏肉を食べるとリスクは減少
2019年08月20日
金沢大学がAIを活用した糖尿病性腎症重症化予防の共同研究を開始 日本人に最適な予防法を開発
2019年08月20日
シロタ株を含む乳製品を摂取すると便秘リスクが低減 適度な運動が加わるとさらに効果的
2019年08月15日
働き方改革 「長時間労働」が脳卒中のリスクを上昇させる 産業医の7割が「改善を感じる」と回答
2019年08月15日
「10月8日は、糖をはかる日」講演会2019 参加者募集開始!
2019年08月15日
「10月8日は、糖をはかる日」2019年写真コンテスト作品募集開始!
2019年08月15日
【健やか21】成人男性の風しん予防に向けた啓発動画作成について(厚労省)
2019年08月14日
認知症を予防するための10の方法 健康的な生活スタイルを実行すれば脳の老化を抑えられる
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶