ニュース

賞金5万円!血糖値アップ・ダウン コンテスト 10月8日糖をはかる日


 「糖をはかる日(10月8日)」は、「血糖を知る、はかる、コントロールする」をテーマに、血糖の働きを正しく理解し、コントロールして、健康的な生活づくりに役立てるきっかけにしていただきたいという思いを込めて、2016年に制定されました。糖尿病患者さんはもちろん、病気ではないけれど、最近「血糖」が気になる方、糖尿病予備群の方々、また糖尿病予備群を指導する保健指導関係者や、糖尿病患者さんの治療にあたる医師・医療スタッフの皆様方にも、「血糖コントロール」について、さまざまな角度から広く情報提供していきます。

 この目的に合わせて、このたび「血糖値アップ・ダウン100文字投稿コンテスト」と銘打ち、皆さまが普段実践されている「血糖」に関する工夫やコツを広く募集することになりました。

 最優秀賞には、現金5万円と健康づくりに役立つDVDをプレゼントいたします。また、応募作品は、「糖をはかる日」公式ウェブサイトをはじめ、ポスター、リーフレット等に掲載されます。

 どなたでもご応募可能です。ふるってご応募ください!!

応募要項

応募資格:
どなたでも(以下の分類のなかで、ご自身に当てはまる属性向けの100文字投稿でご応募ください)

応募作品規定:
1投稿作品につき、100文字以内で、下記テーマについてお書きください。

一般の方向け:
あなたが実践している、血糖を意識した健康生活のコツを投稿してください。

(例)忙しい毎日ですが、週のうち3日以上は、夕食後、近所を30分以上、速足で歩くようにしています。

糖尿病患者さん向け:
あなたが実践している、血糖コントロールのコツを投稿してください。

(例)外出前の朝食は、少し多めにとり、夕食は抑え気味にしています。特に寝る前2時間は食事や間食を避けるようにしています。

医療・保健指導関係者:
血糖コントロールの指導に関して、あなたが普段心がけていることや、実践している工夫をお寄せください。

(例)食事指導を中心に、清涼飲料水に含まれるエネルギーや、糖質の多い間食に気を付けるよう指導するとともに、摂るタイミングを血糖の動きを交えて指導するようにしています。

応募方法:
ウェブ、郵送、FAXいずれかの方法でご応募ください。

ウェブ:
下記リンク先の応募要項をよく読み、応募フォームに必要事項を記入のうえ送信し、ご応募ください

一般の方の応募要項・応募フォーム ▶
糖尿病患者さんに応募要項・応募フォーム ▶
医療・保健指導関係者の応募要項・応募フォーム ▶

郵送またはFAX:
下記宛先まで、お名前(受賞した際の投稿名)、ご住所、年齢、電話番号を明記のうえ、 100文字投稿文とともに郵送または送信ください

郵送:〒105-0003 東京都港区西新橋2-8-11 創新社内「糖をはかる日」事務局宛
FAX:03-5521-2883 「糖をはかる日」事務局 宛 

応募締切:2016年10月3日(月)

優秀作品には以下の賞金・賞品を贈呈いたします:

一般の方
最優秀賞(1名):現金5万円と健康運動DVD(3枚セット)
優秀賞(3名):現金1万円と健康運動DVD(3枚セット)
佳作(10名):健康運動DVD(3枚セット)

糖尿病患者さん
最優秀賞(1名):現金5万円と糖尿病3分間ラーニングDVD(1枚)
優秀賞(3名):現金1万円と糖尿病3分間ラーニングDVD(1枚)
佳作(10名):糖尿病3分間ラーニングDVD(1枚)

医療・保健指導関係者
最優秀賞(1名):現金5万円と糖尿病3分間ラーニングDVD(1枚)
優秀賞(3名):現金1万円と糖尿病3分間ラーニングDVD(1枚)
佳作(10名):糖尿病3分間ラーニングDVD(1枚)

選考方法:
締切日までに応募された作品のなかから、「糖をはかる日」運営事務局での厳正な審査により決定します。審査決定後、受賞者のみにメール連絡を行います。また、結果発表は後日公式サイトに掲載されます。

受賞作品の発表:
受賞者に通知するほか、「糖をはかる日」公式サイトほかで発表

注意事項:

  1. 応募作品は未発表で自作のものに限ります。他人の権利に触れる内容の投稿や二重投稿はご遠慮ください。
  2. 応募いただいた100文字投稿の著作権について:投稿者は、「糖をはかる日」事務局に対し、投稿情報について、無償で利用(複製、複写、改変、第三者への再許諾その他のあらゆる利用を含む)する権利を許諾するものとします。この利用の許諾は永続的かつ取消不能のものとします。
  3. ご応募いただきました投稿内容は、受賞の有無にかかわらず、連絡なく 「糖をはかる日」ウェブサイト、ポスター、リーフレット等、事務局が認めたものに活用させていただくことがあります。あらかじめご了承ください。
  4. 趣旨を損なわない範囲で表現を変更したり、一部削除することがあります。
  5. 応募者の個人情報は、「糖をはかる日」事務局にて厳重に管理し、採用審査・受賞者への連絡用途に限り使用することとし、正当な理由のない第三者への開示や、譲渡および貸与等は一切いたしません。

主催:糖尿病治療研究会(代表幹事・池田義雄)

事務局・問合わせ先

「糖をはかる日」事務局 担当係(株式会社創新社内)
〒105-0003 東京都港区西新橋2-8-11
Tel.03-5521-2881 Fax.03-5521-2883  お問い合わせフォーム ▶


「糖をはかる日」公式ウエブサイト
http://www.dm-net.co.jp/10-8/

[soshinsha]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2017年10月23日
10代でも"スマホ老眼"が増加?―養護教諭対象のアンケートで明らかに
2017年10月18日
「買物弱者」問題は深刻 700万人に増加 対策事業の半数以上が赤字
2017年10月18日
脳の健康を保つための「ライフ シンプル 7」 認知症は予防できる
2017年10月18日
結婚生活が安定すると男性の肥満や健康状態は改善 夫婦仲が健康に影響
2017年10月18日
心・脳血管疾患に注意 3人に1人が「発症前に知っていたら」と後悔
2017年10月18日
1回の採血で「4年以内の糖尿病発症リスク」を判定 アミノ酸バランスに着目
2017年10月18日
在宅介護高齢者の4人に1人が睡眠薬を使用 ケアマネジャー「見直し必要」
2017年10月12日
30代後半女性の体力が最低に 高齢者は過去最高 体力・運動能力調査
2017年10月12日
「薬剤耐性」(AMR)問題を知ろう AMR対策アクションプランで啓発を開始
2017年10月12日
禁煙治療のアプリを開発 空白期間をフォロー 日本初の治験を開始

最新ニュース

2017年10月23日
10代でも"スマホ老眼"が増加?―養護教諭対象のアンケートで明らかに
2017年10月20日
【健やか21】養護教諭225名へのアンケート「生徒の"スマホ老眼"が増加」
2017年10月19日
【追加募集決定!】「糖をはかる日」クッキングセミナー
2017年10月19日
賞金5万円「全国生活習慣病予防月間2018」川柳とイラストを募集
2017年10月18日
「買物弱者」問題は深刻 700万人に増加 対策事業の半数以上が赤字
2017年10月18日
脳の健康を保つための「ライフ シンプル 7」 認知症は予防できる
2017年10月18日
結婚生活が安定すると男性の肥満や健康状態は改善 夫婦仲が健康に影響
2017年10月18日
心・脳血管疾患に注意 3人に1人が「発症前に知っていたら」と後悔
2017年10月18日
1回の採血で「4年以内の糖尿病発症リスク」を判定 アミノ酸バランスに着目
2017年10月18日
在宅介護高齢者の4人に1人が睡眠薬を使用 ケアマネジャー「見直し必要」
2017年10月17日
【アンケート協力のお願い】第3期特定健診・特定保健指導の改正内容について(保健指導従事者実態調査)
2017年10月17日
【生活習慣病予防月間2018】インスタグラムキャンペーン 「少食ごはん」 募集中!
2017年10月16日
【HAMIQ】医療機関・介護機関の皆様へ~会員募集中~
2017年10月13日
【連載更新】高齢者の外出、移動の問題を考える No.3
2017年10月12日
30代後半女性の体力が最低に 高齢者は過去最高 体力・運動能力調査
2017年10月12日
「薬剤耐性」(AMR)問題を知ろう AMR対策アクションプランで啓発を開始
2017年10月12日
【健やか21】孫育てのススメ(祖父母手帳)の発行(鳥取県)
2017年10月12日
禁煙治療のアプリを開発 空白期間をフォロー 日本初の治験を開始
2017年10月12日
妊娠中うつ症状の発症に食事パターンが影響 「日本型」では発症が少ない
2017年10月11日
厚労省が過労死等防止対策白書を公表~現状や調査研究結果を報告
2017年10月06日
「血糖値スパイク」を食事と運動で改善 「糖をはかる日」講演会(1)
2017年10月06日
「血糖値スパイク」を薬物療法で改善 「糖をはかる日」講演会(2)
2017年10月06日
【健やか21】0歳児身長が伸びやすい季節は夏(育児ビッグデータ解析より)
2017年10月05日
【連載更新】心とからだにかかわる専門職の人材育成/スーパー売り場での気づきから開業保健師へ
2017年10月04日
10月は「乳がん啓発月間」 定期的なマンモグラフィ検診は効果的
2017年10月03日
妻が肥満だと夫は糖尿病になりやすい 家族対象の保健指導が効果的
2017年10月03日
「低カロリー食」で老化を防げて寿命も延びる 腹八分目で若返ろう
2017年10月03日
うつ病のリスクは魚を食べると減少 「n-3系脂肪酸」の予防効果
2017年10月03日
医療費抑制 27%が「患者の負担増」に理解 65歳以上でも3割 健保連調査
2017年10月03日
スニーカー通勤でウォーキング スポーツ庁「FUN+WALK PROJECT」
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,501 人(2017年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶