ニュース

【HAMIQ更新】神奈川県茅ケ崎市「フレイルチェック」

 九州ヘルスケア産業推進協議会(HAMIQ)ホームページに、全国の産業界における医療・健康分野の技術開発、先進的取組事例の情報を追加しました。

<神奈川県茅ケ崎市「フレイルチェック」リポート>

 東京大学高齢社会総合研究機構の飯島勝矢教授が考案した「フレイルチェック事業」が2015年度から神奈川県茅ヶ崎市ではじまっています。これは、機構が千葉県柏市で行っている大規模高齢者虚弱予防研究「栄養とからだの健康増進調査」の知見を活かし、新たな介護予防活動の一環として推進しているプログラムです。

詳細は、医療・健康産業フロントライン

最新情報(2016年12月01日更新)
・【厚生労働省】「第5回 健康寿命をのばそう!アワード」 受賞企業・団体・自治体が決定
・京都大学医学部附属病院と医療カンファレンス支援システムを共同開発
・健康管理アプリ『CARADA』とイオングループの「WAON POINT」が連携スタート
・【業界初】介護ソフトと連携し、介護をアシストするロボアプリ「ケア樹あそぶ for Pepper」を提供開始
・徘徊者早期発見訓練において「みまもりビーコン」実証実験成功
・テレノイド在宅療養者体験モニター第1期・第2期の募集
・神奈川県茅ケ崎市「フレイルチェック」リポート
・米穀機構『食育健康サミット2016』に、655人の医師・栄養士等が参加
・【全国8,564人に聞いた「がん予防」に関する意識調査】
・非アルコール性脂肪肝炎治療アプリの臨床研究開始

他にも医療・健康分野の技術開発、先進的取組などの最新情報多数!

九州ヘルスケア産業推進協議会(通称:HAMIQ)とは?

 日本が直面している医療・健康分野の諸課題に対し、医療機器および医療・健康サービスなどの「ヘルスケア産業」の創出を通じて、九州が課題解決の先進地域となることを目指し、さまざまな事業を展開しています。

 毎月2回、最新の医療・健康関連のニュースと、ヘルスケア産業の発信するリリースを紹介しています。

医療・健康レポート&トピックス
 国内外の医療・健康分野のニーズ、製品の研究・開発につながる調査統計データや研究情報に関するニュースを配信します。

医療・健康産業フロントライン
 全国の企業・行政・団体が配信する医療・健康分野の技術開発、先進的取組事例についての最新情報をピックアップしてご紹介します。

[soshinsha]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2019年11月20日
なぜ漢方便秘薬は効くのか 腸の水分分泌メカニズムを解明 便秘以外にも応用
2019年11月13日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月13日
11月14日は世界糖尿病デー ウォーキングで世界につながろう 糖尿病の半分以上を予防できる
2019年11月12日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター
2019年11月12日
インフルエンザシーズン到来にそなえて 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
2019年11月12日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 岡山大が臨床試験で実証
2019年11月06日
【申込開始】あらゆる世代・分野の健康づくりをサポート 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2020年版」 
2019年11月06日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年11月06日
腸内細菌が内臓脂肪に影響 内臓脂肪の少ない人に多い菌が判明 健診のビッグデータを分析
2019年11月06日
妊娠中の長時間労働や夜勤が健康リスクに 全国の約10万人の女性を調査 エコチル調査
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 9,332 人(2020年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶