ニュース

年末年始の海外への渡航は感染症に注意 厚労省が呼びかけ

 年末年始は海外へ渡航する人が増えることから、厚生労働省はこのほど、海外で気を付ける感染症に関して情報を提供するホームページを更新。海外でかかる可能性がある感染症について感染源別に情報をまとめ、注意をうながしている。

 厚生労働省のHPでは、海外で感染症にかからないためには正しい知識と予防方法を把握しておくことが必要として、渡航前に確認しておくべき情報をまとめて掲載している。特に検疫所のHPや外務省の海外安全HPでは、国や地域ごとに最新の感染症の情報などが公表されており、事前に渡航先について調べておくことが望ましい。

 感染源別に見てみると、蚊やマダニなどが媒介する感染症としてマラリアやデング熱、ジカウイルス感染症などがある。ジカウイルスは今年初めから中南米を中心に感染リスクが高まっていたが、現在は多くの国と地域で患者の減少傾向が報告され、外務省も発生を継続してきたジカウイルスに関する感染症危険情報を11月22日に取り下げている。

 しかし蚊が媒介する感染症であることから地理的な拡大リスクは今後も高いと考えられ、感染が確認されている地域を渡航する際は蚊に刺されないようにするなど予防意識は高めておくべきだとしている。

 また水や食べ物から消化器系の感染症に感染するリスクもあることから、

■手洗いをこまめにする
■生水を飲まないようにする
■氷を避けるようにする
■完全に火の通った食べ物を食べる
■サラダや生の野菜は避ける

 といった点に注意するよう呼び掛けている。

 また病気は感染してから症状が出るまでに時間がかかる「潜伏期間」があることから、帰国後に発熱や下痢など気になる症状が見られたときは検疫所に相談して病院を受診するよう促している。

厚生労働省 報道発表「年末年始の海外旅行では感染症に注意しましょう 海外で気を付ける感染症情報をホームページで提供」
厚生労働省 年末年始における海外での感染症予防について
厚生労働省 検疫所 FORTH
外務省 海外安全ホームページ
[yoshioka]

「健診・検診」に関するニュース

2021年06月29日
産業保健師活用テキスト『産業保健師がいること』のご紹介
2021年06月28日
【生活習慣病の医療費】トップは入院では「脳血管障害」、入院外では「糖尿病」 特定健診と特定保健指導が重要 健保連
2021年06月01日
実行しやすい健康改善プランを提案するAI(人工知能)を開発 健診データから1人ひとりに最適なプランを選択
2021年06月01日
日本の代表的な6研究機関が連携 36.6万人規模のゲノムコホートを構築 「個別化医療・個別化予防」の早期実現を目指す
2021年05月26日
2021年度版【保健指導アトラス】を公開!保健指導に携わる人が知っておきたい法律・制度
2021年05月20日
【オピニオン新連載】緊急事態宣言下で前進した特定保健指導のオンライン化と働き方 ―総合健康保険組合の取り組み―
2021年05月18日
心理的ストレスが腸内細菌を乱すメカニズムを解明 うつ病に腸内細菌叢が大きく関わっている 「脳腸相関」を解明
2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年05月10日
「腸内環境」は植物性食品で整えられる 肥満やメタボの人は「腸内エコシステム」が乱れやすい
2021年05月10日
【新型コロナ】リモートワークで生活リズムが乱れ睡眠不足に 自然光の変化に合わせた室内照明で睡眠の質を向上
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶