ニュース

1月23日は「一無、二少、三多の日」。「全国生活習慣病予防月間2017」がスタートします!

 今年から1月23日を『一無、二少、三多の日』と制定し、生活習慣病予防のための啓発キャンペーン「全国生活習慣病予防月間」がこの日から全国でスタートします。今年の強化テーマは禁煙。ポスターやリーフレットの公開、特別企画「世界の言葉で"グッバイ、たばこ"」をインスタグラムで世界配信、川柳&イラスト・漫画コンテストなどなど、誰でも参加できる啓発イベントが目白押しです。

 まずは、特設サイトへGO!


全国生活習慣病予防月間ホームページ

 生活習慣病は「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」として定義され、その予防には喫煙、飽食、大量飲酒、運動不足、不十分な休養、ストレス過多等の生活習慣の改善が強く求められます。その具体策として、「一無(禁煙)、二少(少食、少酒)、三多(多動、多休、多接)」を意識した生活習慣の実践に集約されます。

 この健康標語「一無、二少、三多」をスローガンに掲げ、生活習慣病予防啓発を行う一般社団法人日本生活習慣病予防協会(理事長・池田義雄)は、1月23日を『一無、二少、三多の日』として日本記念日協会に登録。この標語を活動の柱に掲げている毎年2月の「全国生活習慣病予防月間」とともに、普及・推進をはかります。

 今年も5千本以上の川柳ご応募ありがとうございました!!

   さて、「全国生活習慣病予防月間2017」強化テーマは一無、二少、三多から、「一無(禁煙)」。"グッバイ、たばこ"としてスローガン(川柳)を公募しましたところ、応募総数1,472通/作品数:5,324本と、今年も沢山のご応募を頂戴いたしました。
≫受賞作品はこちら  

 コンビニエンスストア「ローソン」共催企画、テーマ「生活習慣病予防のためのコンビニ活用術2017」優秀作品は、2月中に全国ローソンのPOSレジで紹介されます。
≫受賞作品はこちら  

 市民公開講座では王貞治の主治医、北島政樹先生が最新がん医療をレクチャー

 2月8日(水)13:30~15:45には、日比谷コンベンションホールで市民公開講座が開催されます。禁煙テーマでは「オリンピックと受動喫煙防止法」として村松弘康先生に、がん医療では「先進がん医療とがん予防の最新知見」をテーマに北島政樹先生に登壇いただきます。
≫講演会情報はこちら  

 今年は初の試み!漫画・イラスト募集中!

 今年は、"グッバイ、たばこ"をテーマに漫画やイラストを募集しています。応募〆切は2月28日。まだまだ間に合いますので、奮ってご応募ください!

≫応募はこちら  

 「一無、二少、三多」実践のエビデンス

 一無、二少、三多の実践が生活習慣病予防に効果的であることが、東京慈恵会医科大学・和田高士教授により検証され、医学誌に発表されています。

 シンプルな健康習慣として広く知られている、ブレスローの「7つの健康習慣」、森本の「8つの健康習慣「、池田の「6つの健康習慣(一無、二少、三多)」の3つがある。これら3種類の健康習慣のどれを多く実践しているとメタボリックシンドロームになりにくいかを、男性6,765名、女性2,789名を対象に7年の経過で観察した。その結果、池田の「6つの健康習慣」をより多く実践することが、他の健康習慣を実践するよりも優位にメタボリックシンドロームになりにくいことが証明された。

Of the three classifications of healthy lifestyle habits, which one is the most closely associated with the prevention of metabolic syndrome in Japanese? Intern Med. 2009;48(9):647-55. Epub 2009 May 1.

 一無・二少・三多の6つの健康習慣をどれだけ実践しているかでメタボリックシンドロームの有病率に違いがあるかを18,139名を対象に検証した。1つも実践していない群では20.9%の有病率であった。1種類実践している群では,17.4%、2種類では 15.0% 、3種類では13.1% 、4種類では10.5% 、5種類では 8.4% 。そして、6種類 では7.2% で全く実践していない群の3分の1の低率であった。

Effective prevention of metabolic syndrome: A motto for healthy habits-"none of one, less of two, more of three". Obes Res Clin Pract. 2007 May;1(2):I-II.

関連情報

全国生活習慣病予防月間について
日本生活習慣病予防協会

[soshinsha]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2017年08月09日
「味噌」に血圧の上昇を抑える効果 日本型の食事スタイルを再評価
2017年08月09日
健康保険加入者の37%が肥満 脂質や血圧など複数のリスク 健保連調査
2017年08月09日
がん患者の家族が経験する葛藤の実態 がん患者支援に向けた調査結果
2017年08月09日
週3~4回の「飲酒」が糖尿病リスクを低下 アルコールは糖尿病に良い?
2017年08月09日
受動喫煙により大動脈疾患リスクが2倍超に増加 家庭外の受動喫煙は深刻
2017年08月09日
ミカンのポリフェノールに緑内障の改善作用 酸化ストレスから網膜を保護
2017年08月03日
2015年度の特定健診の実施率は50.1% 特定保健指導は17.5%で伸び悩み
2017年08月03日
【連載更新】課題解決のための取組み「ゆりかごタクシー」「ベビー防災」
2017年08月02日
「ウォーキングの格差」が世界規模で拡大 スマホで世界111ヵ国を調査
2017年08月02日
適量のアルコールでも脳には悪影響が 海馬の萎縮リスクが3倍以上に

最新ニュース

2017年08月21日
【健康啓発4コマ漫画】サンプル公開中「クーラー病」「痛風リスク」
2017年08月21日
9月は健康増進普及月間 ~生活習慣改善を啓発
2017年08月18日
マシンガーZとのコラボで海外渡航者に麻しん感染予防を啓発
2017年08月16日
賞金3万円!「血糖値アップ・ダウン コンテスト」募集スタート!
2017年08月15日
★参加者募集中★第2回産業保健PC テーマ「保健指導の基本姿勢」
2017年08月10日
8割を超える事業場でストレスチェック制度を実施~厚労省調査
2017年08月10日
【健やか21】冊子「あなたと赤ちゃんの健康」無料配布  申込受付中
2017年08月09日
「味噌」に血圧の上昇を抑える効果 日本型の食事スタイルを再評価
2017年08月09日
健康保険加入者の37%が肥満 脂質や血圧など複数のリスク 健保連調査
2017年08月09日
がん患者の家族が経験する葛藤の実態 がん患者支援に向けた調査結果
2017年08月09日
週3~4回の「飲酒」が糖尿病リスクを低下 アルコールは糖尿病に良い?
2017年08月09日
受動喫煙により大動脈疾患リスクが2倍超に増加 家庭外の受動喫煙は深刻
2017年08月09日
ミカンのポリフェノールに緑内障の改善作用 酸化ストレスから網膜を保護
2017年08月04日
【健診・予防3分間ラーニング】サンプル動画3タイトル公開中~
2017年08月03日
【健やか21】渡航者向けの「麻しん」の予防啓発活動
2017年08月03日
2015年度の特定健診の実施率は50.1% 特定保健指導は17.5%で伸び悩み
2017年08月03日
【連載更新】課題解決のための取組み「ゆりかごタクシー」「ベビー防災」
2017年08月02日
「ウォーキングの格差」が世界規模で拡大 スマホで世界111ヵ国を調査
2017年08月02日
適量のアルコールでも脳には悪影響が 海馬の萎縮リスクが3倍以上に
2017年08月02日
糖尿病の医療費の節約志向が高まるアメリカ 5人に1人が受診を回避
2017年08月02日
犬の散歩は運動になるか? 運動不足を解消するのに効果的である可能性
2017年08月02日
日本の脳卒中の発症者は年間29万人 半分以上が死亡や介護が必要な状態に
2017年08月01日
「熱中症を防ぐ!」へるすあっぷ21 8月号
2017年07月28日
【健やか21】企業主導型保育事業(内閣府)/健康寿命をのばそう!アワード
2017年07月27日
【連載更新】 ワンコイン健診の挑戦(ケアプロ株式会社)
2017年07月26日
20歳から体重5kg増加は健康リスク 体重を増やさない10の方法
2017年07月26日
高齢者対象の「高血圧診療ガイドライン」 高齢者の降圧には注意が必要
2017年07月26日
がんサバイバーたちの「生きる力」を表現 がんと生きる、わたしの物語
2017年07月26日
糖尿病の最新全国ランキングを発表 ワーストは青森県 ベストは愛知県
2017年07月26日
都道府県の健康格差が拡大 寿命で3.1歳、健康寿命で2.7年の格差
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,325 人(2017年08月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶