ニュース

「運動+乳製品」で筋力が増え炎症も抑制 「インターバル速歩」にプラス効果

 「インターバル速歩トレーニング」を行い、運動の直後にヨーグルトやチーズなどの乳製品を摂取すると、高齢女性の下肢筋力が向上し、体内の炎症を促す遺伝子の活性を抑制できることが、信州大学などの研究で明らかになった。
「インターバル速歩」で筋力・持久力が向上
 信州大学の能勢博教授らが開発した「インターバル速歩トレーニング」は、最大体力の70%以上に相当する速歩と、40%に相当するゆっくり歩きを3分間ずつ交互に繰り返すウォーキングを1セットとし、1日5セット以上、週4日以上、繰り返すウォーキング方法。

 研究によると、「インターバル速歩トレーニング」を5ヵ月間実施すると、筋力、持久力が最大20%向上するという。研究チームはこの運動により、生活習慣病の症状が20%改善し、医療費が20%抑制されると試算している。

 一方で、加齢に伴う筋萎縮に起因する体内の慢性炎症は、生活習慣病の根本原因として注目されている。炎症が、脂肪組織に起これば2型糖尿病が、免疫細胞に起これば動脈硬化が、脳細胞に起これば認知症が、がんの抑制遺伝子に影響するとがんが促進するとみられている。慢性炎症の抑制は、生活習慣病とそれに関連する疾患の予防に重要だと考えられている。
「ミルクプロテイン」を摂取すると筋力が増加
 今回の研究では、運動時に牛乳や乳製品に含まれる乳由来のタンパク質である「ミルクプロテイン」を摂取すると、体にどのような変化が起こるかを調べた。

 研究には、「インターバル速歩トレーニング」を6ヵ月以上継続している女性37人(平均年齢66歳)が参加した。被験者を無作為に3つの群、▽インターバル速歩のみ(運動群)、▽インターバル速歩+低乳製品摂取(ミルクプロテイン 4.1g/日摂取)、▽インターバル速歩+高乳製品摂取(ミルクプロテイン 12.3g/日摂取)に分け、その後5ヵ月間インターバル速歩トレーニングを実施し、その前後で、筋力と炎症促進遺伝子のメチル化(不活性化)を測定した。

 その結果、「運動+高乳製品」群で筋力が平均8%増加したが、「運動」群では増加せず、「運動+低乳製品」群はその中間の増加量を示した。
運動の後に乳製品を摂取すると炎症反応も抑制
 さらに、炎症反応を引き起こす中心的な役割を担うとされているNFKB1、NFKB2遺伝子のメチル化(不活性化)は、「運動+高乳製品」群でトレーニング前に比べそれぞれ平均29%、44%増加しが、「運動」群では変化せず、「運動+低乳製品」群でその中間の増加量を示した。

 DNAの塩基にメチル基が結合するメチル化によって、RNAへの転写が困難となり遺伝子発現が阻害される。つまり、ある介入の前後に特定の遺伝子のメチル化の程度を調べれば、その遺伝子が活性化したか、不活性化したかが分かる。

 さらに、全遺伝子のメチル化をマイクロアレイ法で網羅的に測定した結果、「運動+高乳製品」群では「運動」群に比べ、NFKB遺伝子以外の炎症促進遺伝子群のメチル化(不活性化)も促進していた。

 これら結果から、「インターバル速歩トレーニング」をしながら「ミルクプロテイン」を摂取すると、摂取しない場合に比べ、筋力向上が促され、体内の慢性炎症も抑制されることが明らかとなった。

 研究は、信州大学大学院医学系研究科・スポーツ医科学、分子腫瘍学分野と同大学バイオメディカル研究所の能勢博教授ら、NPO法人・熟年体育大学リサーチセンター、徳島大学大学院・病態生理学分野、明治の共同研究チームによるもので、国際科学雑誌「PLOS ONE」オンライン版に発表された。

 能勢教授は「乳製品は非常に安価で誰でも手に入るやすい。活習慣病予防のために運動の後には乳製品を摂取してほしい」と述べている。
信州大学大学院医学系研究科・スポーツ医科学
信州大学バイオメディカル研究所
[Terahata]

「産業保健」に関するニュース

2018年06月20日
「老年医学推進5ヵ年計画」を学会が発表 人生100年時代の高齢者医療
2018年06月20日
低脂肪の食事で女性の「乳がん」リスクが低下 死亡リスクも低下
2018年06月20日
アブラナ科野菜は「台所のドクター」 心疾患、脳卒中、がんのリスクを低下
2018年06月20日
メタボや肥満の人が「睡眠不足」を感じたら放置してはいけない理由
2018年06月20日
女性に多い「下肢静脈瘤」のリスク 認知度が低く受診放置が多い
2018年06月20日
梅雨に多い「梅雨だる」を6割が実感 症状を深刻化させないポイント
2018年06月15日
女性の「やせ」をテーマにした教材が登場!「気にしてますか?やせすぎ注意」(指導箋)
2018年06月13日
「早期乳がん」の70%は化学療法は不必要 乳がん治療に明るい選択肢
2018年06月13日
「女性特有の遺伝子」を発見 バストの大きさ、月経痛の重さに関連
2018年06月13日
水虫に対策するための8つの方法 高齢者の「白癬菌」は要介護のリスクに

最新ニュース

2018年06月22日
「葉酸」は妊娠"前"からの摂取が重要です!「妊活中から葉酸をとろう」(指導箋)
2018年06月22日
【健やか21】母子保健指導者養成研修会 受講申込 受付開始
2018年06月20日
「老年医学推進5ヵ年計画」を学会が発表 人生100年時代の高齢者医療
2018年06月20日
低脂肪の食事で女性の「乳がん」リスクが低下 死亡リスクも低下
2018年06月20日
アブラナ科野菜は「台所のドクター」 心疾患、脳卒中、がんのリスクを低下
2018年06月20日
メタボや肥満の人が「睡眠不足」を感じたら放置してはいけない理由
2018年06月20日
女性に多い「下肢静脈瘤」のリスク 認知度が低く受診放置が多い
2018年06月20日
梅雨に多い「梅雨だる」を6割が実感 症状を深刻化させないポイント
2018年06月20日
6月20日から「『ダメ。ゼッタイ。』普及運動」を全国各地で実施
2018年06月15日
女性の「やせ」をテーマにした教材が登場!「気にしてますか?やせすぎ注意」(指導箋)
2018年06月15日
【健やか21】イクメン企業・イクボスアワード2018募集中!
2018年06月13日
「早期乳がん」の70%は化学療法は不必要 乳がん治療に明るい選択肢
2018年06月13日
「女性特有の遺伝子」を発見 バストの大きさ、月経痛の重さに関連
2018年06月13日
日本の給食が「肥満」を減らす 給食実施率の増加で肥満が低下
2018年06月13日
水虫に対策するための8つの方法 高齢者の「白癬菌」は要介護のリスクに
2018年06月13日
糖尿病学会でウォークイベントを開催 特別な運動でなくとも効果的
2018年06月12日
厚労省が禁煙支援マニュアルを増補改訂―社会情勢の変化に合わせて内容をアップデート
2018年06月08日
食育指導で使えるイラスト提供します(健やか親子21食育プロジェクト)
2018年06月08日
【連載更新】成人期の健康運動の考え方~体と心を感じる習慣づくり~
2018年06月07日
対談「女性と生活習慣病予防」一無、二少、三多で健康長寿
2018年06月06日
「笑い」が糖尿病やメタボ、がんを改善 よく笑うと健康効果を得られる
2018年06月06日
「高齢者」に医薬品を処方するときには注意が必要 厚労省が指針を通知
2018年06月06日
「高血圧」の治療がインフルエンザ対策に ウイルスの感染を防ぐ効果が
2018年06月06日
「子どもの貧困」が発育異常にも影響 子どもへの社会的な支援が必要
2018年06月06日
「歯周病」に対策 3ヵ月のプロジェクトでタクシー乗務員を意識改革
2018年06月05日
【連載更新】「今日は〇〇の日」「○○週間」を活用していますか?
2018年06月04日
【応募受付中】「でかメモ」アンバサダー募集!
2018年06月04日
健康スコアリングの詳細設計に関する報告書を公表―日本健康会議
2018年06月01日
プルーン食べ合わせレシピコンテスト実施中!骨の健康(プルーン × カルシウム) 
2018年06月01日
「健康・医療・介護の新潮流」へるすあっぷ21 6月号
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,257 人(2018年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶