ニュース

若い世代の産業保健師を育成するプロジェクトがスタート

 保健指導リソースガイドは、20代、30代の産業保健師が将来へ向けキャリアアップするために必要な知識や考え方、技術を習得できる場を提供するプロジェクト「産業保健プロフェッショナルカンファレンス」をスタートしました。その最初のイベントとして5月30日にキックオフカンファレンスを開催しました。
 当日のテーマは「産業保健師として自分のキャリアをどう積んでいこうか」とし、20代の保健師19名が参加し、参加者同士のよる意見交換を中心としたグループワークを実施しました。

 保健指導リソースガイドには、日頃、サイトユーザーの方々より「他の保健師の活動を知りたい」「同世代の保健師と交流の場が欲しい」「一人職場なので相談できる人がいない」などといった声が届いていました。特に、20代、30代の若い世代、かつ産業保健師経験年数の少ない保健師からの声が強くあがっていました。

 そこで今回、保健指導リソースガイドでは、20代、30代の産業保健師が将来へ向けキャリアアップするために必要な知識や考え方、技術を習得できる場を提供するプロジェクト「産業保健プロフェッショナルカンファレンス」を、ウェルネス・コミュニケーションズ(株)と協力し、発足させました。今後、年4~5回のイベント開催とWEBによる情報発信、業務に役立つツール提供など、年間を通じて産業保健師の「スキルアップ、キャリア形成、ネットワーク」をサポートしていきます。

 5月30日には、キックオフカンファレンスを東京都内にて開催しました。今回の対象者は、20代で産業保健師経験年数7年未満とし、「産業保健師として自分のキャリアをどう積んでいこうか」のテーマのもと、参加者同士のよる意見交換を中心としたグループワークを実施しました。当日のアドバイザーには、先輩保健師として、村田陽子(ビーイングサポート・マナ代表)、亀ヶ谷律子(HSプランニング代表)の2名にサポートいただきました。

 グループワークでは、仕事について「楽しいこと、やりがい」や「辛いこと、こんなことが大変である」を整理し、情報共有することで、現状を俯瞰して見ることを行いました。

 同世代ということもあり参加者同士に共通する内容が多いことがわかりました。

 村田保健師は、「仕事の中で喜びを感じることや、こういうお手伝いをしたい、という思いが自分のキャリアのベースになる」とし、楽しいこと、やりがいをみつけ産業保健のキャリアを積んで行ってもらいたいと述べました。

 亀ヶ谷保健師は、基礎的なことを学ばないで経験年数を積むと保健師のレベルに差が出ることを紹介し、それを踏まえ「保健師のキャリア」について参考資料と話題提供がありました。

■保健師のキャリアとは――
自分の適性や自分のやりがい、目指すべきゴールを描くと同時に、自分では予測しなかった業務などでも最善を尽くすことで、育ちを進め、技術を高めていく考え方

※引用:厚生労働科学研究「地域保健に従事する人材の計画的育成に関する研究」平成26年度総括・報告書

 後半は、キャリアについて具体的に考える時間となりました。村田保健師は、「目標を持つことで、そこに近づくために人は動いていく」とし、参加者自身が自分の3年半後・7年後を考え、どういう産業保健師になっているか・なりたいかを話し合いました。

 第1回カンファレンス(6月27日開催予定)は、このようなご要望を受けて、自分の3年半後・7年後に向けて、これから何に取り組むか・どうしたらいいかをテーマに開催する予定です。

第1回カンファレンス開催情報
【保健指導リソースガイド主催】
産業保健プロフェッショナルカンファレンス 第1回
※20代保健師限定特別企画※
~自分の理想とする3年半後・7年後の産業保健師に向けて取り組むこと~
★参加費無料★

○開催日:6月27日(火)18:30~20:30(受付18:15)

○会 場:ベルサール八重洲 2階 RoomD
    (中央区八重洲1-3-7八重洲ファーストフィナンシャルビル)

○対象者:産業保健師経験7年未満(20代)の保健師

○テーマ:自分のキャリアをどのように積んでいこうか
~自分の理想とする3年半後、7年後の産業保健師に向けて取り組むこと~

○定 員:30名

○主 催:保健指導リソースガイド

○提 供:ウェルネス・コミュニケーションズ(株)

○お問い合わせ
保健指導リソースガイド 事務局
E-mail;office@tokuteikenshin-hokensidou.jp

≪参加申込・詳細はこちらから≫ ▶

[soshinsha]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2018年01月05日
[ 2/7 市民公開講演会参加者募集中!] 全国生活習慣病予防月間2018
2017年12月13日
「糖尿病のクリスマスプレゼント」実施中 豪華商品と現金が当たります
2017年11月24日
【30名限定】すろかろアンバサダー第1期の募集をスタートします!
2017年10月23日
10代でも"スマホ老眼"が増加?―養護教諭対象のアンケートで明らかに
2017年10月02日
【専門職向け】プルーン健康啓発サンプル・資料の受付開始しました
2017年09月21日
高齢者の事故 注意を呼び掛けるだけでは不十分 消費者庁が報告
2017年09月20日
座り続ける生活で死亡リスクは上昇 「30分ごとに体を動かそう」
2017年09月20日
糖尿病は「治せる」病気? 体重コントロールで発症前の体に戻す
2017年09月20日
「肥満」と「うつ病」のダブルパンチ 体重コントロールは脳にも良い
2017年09月14日
健保連が2016年度決算を発表 経常収支が2373億円の黒字

最新ニュース

2018年01月19日
災害時の栄養バランスを考える「大震災を生き抜くための食事学」(第23回日本災害医学会ランチョンセミナー)
2018年01月18日
高齢者独居が4人に1人に 進む未婚・少子化 日本の世帯数の将来推計
2018年01月18日
「社会的つながり」が多いと認知症リスクが46%低下 国立長寿センター
2018年01月18日
たばこが原因で103万人が病気に 医療費は1.5兆円 受動喫煙では3200億円
2018年01月18日
ネットゲーム依存は「ゲーム障害」 WHO「国際疾病分類」に掲載
2018年01月18日
犬・猫からの感染症「コリネバクテリウム・ウルセランス」 死亡例も
2018年01月17日
【書籍プレゼント】『「はたらく」を支える!女性のメンタルヘルス』を2名様にプレゼント
2018年01月17日
ヘルスケア領域のソーシャルインパクトボンド導入ノウハウ集を作成~日本総研
2018年01月16日
コンビニの食品選びを伝授! 「コンビニごはんガイド」4種
2018年01月15日
東京都が「感染症対応力向上プロジェクト」の参加企業を募集
2018年01月12日
【健やか21】母子保健に関する活動をしている応援メンバー募集中!
2018年01月11日
糖尿病3分間ラーニング、いま話題の〈血糖トレンド編〉公開
2018年01月11日
「特定保健指導」を受けると医療費が2割安く 全ての年齢階級で有意差
2018年01月11日
緑色の葉物野菜を毎日食べると認知能力の衰えを抑えられる
2018年01月11日
乳児には大人との身体接触が必要 社会的な絆を強め脳の発達に影響
2018年01月11日
腕帯の要らない「カフレス」血圧測定を開発 血圧変化を「見える化」
2018年01月11日
管理栄養士の9割が「おやつを食べる」 食べたときは次の食事で調整
2018年01月10日
【参加者募集】 乳がんサバイバーの婚活セミナー@横浜「この経験を、恋愛・婚活・結婚生活にどう活かすか?」
2018年01月09日
大人の風しん抗体検査とワクチン接種を呼びかけ~東京都福祉保健局
2018年01月05日
[ 2/7 市民公開講演会参加者募集中!] 全国生活習慣病予防月間2018
2018年01月05日
産業保健に特化 「働く人のための健康づくりシリーズ」10教材を紹介
2018年01月04日
オピニオン 2017年にスタートした連載まとめ
2018年01月04日
2017年ニュース記事 Top10
2018年01月04日
「第2期データヘルスに向けて 今求められるコラボヘルス」へるすあっぷ21 1月号
2017年12月28日
【健やか21】7言語による動画『外国人住民のための日本の子育てシリーズ』
2017年12月27日
【健康啓発4コマ漫画】サンプル「スルフォラファン」「男性の乳がん」
2017年12月25日
年末年始の海外旅行前や帰国後に活用を!東京都の感染症予防ガイド
2017年12月21日
特定健診の実施率は50.1% 保健指導は17.5% ともに目標達成は困難
2017年12月21日
産業医の8割が「メンタルヘルス不調・過労対応に自信がない」
2017年12月21日
「電子たばこ」は禁煙の成功率を低下させる 禁煙治療を遠ざけるおそれ
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,740 人(2018年01月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶