ニュース

「味噌」に血圧の上昇を抑える効果 日本型の食事スタイルを再評価

 日本の代表的な発酵食品である味噌が、血圧の上昇を抑え、脳卒中や心筋梗塞などの予防に役立つ可能性があることが、広島大学の研究で明らかになった。「味噌を中心とした日本型の食事スタイルの再評価が必要」と、研究者は述べている。
味噌は日本の代表的な発酵食品
 味噌の効能として、血圧の上昇を抑制し、何らかの脳卒中の予防効果があることが、広島大学の研究によって明らかになった。塩分による味付けを、味噌を含む発酵食品に代えることで、血圧の上昇を抑え、脳卒中が減少することが期待できるという。

 研究は、広島大学の渡邊敦光・名誉教授と広島大学大学院医歯薬保健学研究科の吉栖正生教授らの研究グループによるもの。

 味噌は日本人にとって古くからのソウルフードであり、食生活から切り離せない食材だった。味噌の歴史は1,300年以上昔に遡り、江戸時代に刊行された本朝食鑑には、その効用が薬のように説かれている。

 日本の代表的な発酵食品である味噌が、健康や長寿に良いことは知られているが、食塩の過剰摂取につながるおそれがあることも指摘されてきた。
味噌に塩分の影響を緩和する物質が含まれる
 味噌などの発酵食品についての科学的な研究は多くないが、近年は動物を用いた臨床研究、分子生物学、分子栄養学の研究が進展し、その健康機能が急速に明らかにされつつある。

 渡邊敦光名誉教授は、味噌の抗がん効果などを長年にわたり研究し、その生理機能研究を解明してきた。

 「日本人は食生活で塩分を多く摂取しているが、心筋梗塞などが少なく、長生きしていることは海外でも関心を集めている。味噌には塩分の影響を緩和する物質が含まれており、熟成みそは特にその効果が強いと考えられている」と述べている。

 高血圧や脳卒中は日本人に多い疾患だ。高血圧は心臓に負担をかけ、左室肥大や心房細動などを増加させる。心筋梗塞を含む心疾患は、日本人の死亡原因の第2位、脳卒中などの脳血管疾患は第4位と、いずれも上位を占めている。脳卒中は、寝たきりになる原因疾患の第1位でもある。

 閉経後の女性が味噌などに含まれるイソフラボンを多く摂取すると、脳卒中や心筋梗塞を抑えられることが、国立循環器病研究センターの研究で明らかになっている。

 国立がん研究センターなどの研究では、味噌などを多く摂取する日本型の食生活によって胃がんのリスクが低下することが示されている。味噌に一定の乳がん予防効果があることも報告されている。

 渡邊名誉教授は、味噌を摂取することで、胃がん、肺腺癌、大腸がん、肝臓腫瘍の予防効果を得られることを動物実験で突き止めた。がん以外でも、塩分が含まれる味噌を多く食べても血圧が上昇しないことに気が付いた。
味噌を食べると血圧は上昇しない
 研究グループは、脳卒中を発性しやすい高血圧のラットを3つのグループに分け、0.3%の食塩を含むエサ(低食塩群)、味噌由来の2.8%の食塩を含むエサ(味噌群)、同じ量の食塩を含むエサ(高食塩群)をそれぞれ与えた。

 63日間にわたり観察したところ、低食塩群でも血圧は200mmHgを越え、高食塩群ではさらに血圧が上昇し、早期に脳卒中を発症し歩行不全などの異常があらわれた。

 しかし、味噌群では高食塩群と同じ量の食塩が含まれているにもかかわらず、血圧は低食塩群と差がなく、脳卒中による死亡率は低食塩群よりやや高いものの有意差がなかった。

 研究グループは過去の研究で、食塩を多く摂取すると血圧が上昇する食塩感受性の高いラットを用いて、血圧に対する味噌の影響を検討した。この研究でも、味噌を与えると同等量の塩分を摂取していても、血圧は上昇しないことが明らかになった。
味噌を中心とする日本型の食事スタイルの見直しを
 これらの結果から、味噌には血圧上昇を抑制する効能があることが考えられるという。さらに、熟成した味噌の中に血圧を抑制したり、血糖値を低下させたりする成分や、抗酸化作用を持つ成分が含まれていることも分かった。

 こうした成分は発酵熟成の過程で産生され、さまざまな成分の作用が合わさり、混合物として作用することが生体にとって有用なものになるという。

 「味噌を含む発酵食品を摂取することが、がんや高血圧などの減少につながる可能性がある。食塩を多く摂取することの弊害が問題になっているなかで、味噌を摂取する日本型の食事スタイルの重要性はますます高まっている」と、渡邊名誉教授は述べている

広島大学
Protective effects of Japanese soybean paste (miso) on stroke in stroke-prone spontaneously hypertensive rats (SHRSP)(American Journal of Hypertension 2017年7月31日)
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2017年09月21日
高齢者の事故 注意を呼び掛けるだけでは不十分 消費者庁が報告
2017年09月20日
座り続ける生活で死亡リスクは上昇 「30分ごとに体を動かそう」
2017年09月20日
糖尿病は「治せる」病気? 体重コントロールで発症前の体に戻す
2017年09月20日
「肥満」と「うつ病」のダブルパンチ 体重コントロールは脳にも良い
2017年09月14日
健保連が2016年度決算を発表 経常収支が2373億円の黒字
2017年09月14日
「職域におけるがん検診に対するガイドライン」 精度管理が課題
2017年09月14日
肉を食べ過ぎると糖尿病リスクが上昇 魚を食べるとリスクは低下
2017年09月14日
アルツハイマー病が血液検査でかわる 発症早期に診断する手法を開発
2017年09月13日
「ポケモンGO」は働く人のメンタルヘルスに有効 初の科学的な検証
2017年09月13日
10分間のウォーキングでも効果は大きい 「アクティブ10」を開始

最新ニュース

2017年09月22日
働く女性の乳がんセミナー「乳がん患者さんの恋愛・婚活・結婚生活」参加者募集中!
2017年09月22日
【保健師求人情報 更新】産業保健分野で活躍できる保健師募集
2017年09月22日
【健やか21】「9月24~30日は結核予防週間です」ポスター(厚生労働省)
2017年09月22日
「くすり教育」に関わるの教材・情報源が充実 日本くすり教育研究所
2017年09月21日
高齢者の事故 注意を呼び掛けるだけでは不十分 消費者庁が報告
2017年09月20日
座り続ける生活で死亡リスクは上昇 「30分ごとに体を動かそう」
2017年09月20日
糖尿病は「治せる」病気? 体重コントロールで発症前の体に戻す
2017年09月20日
「肥満」と「うつ病」のダブルパンチ 体重コントロールは脳にも良い
2017年09月19日
仕事で強い不安やストレスを感じる労働者は約6割~労働安全衛生調査
2017年09月15日
「保健指導の基本姿勢」保健指導を受ける立場になり対象者に寄り添える産業保健師に【産保PC第2回レポート】
2017年09月15日
【健やか21】教師×NPO 意見交流会~虐待予防教育のこれから~
2017年09月14日
健保連が2016年度決算を発表 経常収支が2373億円の黒字
2017年09月14日
「職域におけるがん検診に対するガイドライン」 精度管理が課題
2017年09月14日
肉を食べ過ぎると糖尿病リスクが上昇 魚を食べるとリスクは低下
2017年09月14日
アルツハイマー病が血液検査でかわる 発症早期に診断する手法を開発
2017年09月13日
「ポケモンGO」は働く人のメンタルヘルスに有効 初の科学的な検証
2017年09月13日
10分間のウォーキングでも効果は大きい 「アクティブ10」を開始
2017年09月13日
マグネシウムの多い食品が心筋梗塞のリスクを低下 8.5万人を調査
2017年09月12日
防災に役立つ75のサイトを集約、多言語化も ー国交省「防災ポータル」
2017年09月12日
【連載更新】高齢者の外出、移動の問題を考える
2017年09月08日
【9/12申込締切・残席わずか】東京糖尿病療養指導士受験者用講習会
2017年09月07日
【健やか21】フォトコンテスト2017作品募集中!
2017年09月07日
「ロコモ」予防のための運動「ACTIVE5」 3世代別の3分間エクササイズ
2017年09月07日
がん経験者の年収は20%減少 医療費と生活費が心配 サポートが必要
2017年09月07日
うつ病を「インスタグラム」の投稿写真から早期発見 70%の精度で特定
2017年09月07日
「野菜の日」調査 野菜を1日350gを食べているのはたった5%
2017年09月07日
生命保険にも人工知能(AI)を活用 高血圧患者の保険加入を緩和
2017年09月07日
「食べても太りにくい」仕組みを解明 脂肪細胞の褐色化を促進
2017年09月06日
「有職」の母が増加傾向―厚労省が21世紀出生児横断調査の結果を公表
2017年09月05日
精子の健康改善にくるみが有効の可能性 酸化ストレス抑えて運動性など向上
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,404 人(2017年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶