ニュース

「肥満」と「うつ病」のダブルパンチ 体重コントロールは脳にも良い

 うつ病に体格指数(BMI)が30以上の肥満が重なると、認知機能が低下し、脳構造にも変化が起こることを、国立精神・神経医療研究センター(NCNP)がはじめて明らかにした。
 体重をコントロールすれば、うつ病患者の認知機能や脳形態にプラスの効果をもたらす可能性があるという。
肥満とうつ病に共通の病態が 体重管理で認知機能の低下を防ぐ
 うつ病の症状には、気分の落ち込みや興味・関心の低下などに加えて、記憶、学習、問題解決能力、巧緻運動などの認知機能の低下などがある。

 うつ病を発症すると、家庭や職場で発症前にはできていた活動ができなくなってしまい、臨床的に重要な問題となることが少なくない。

 一方、最近の研究では、肥満とうつ病には共通の病態があると指摘されている。

 うつ病と肥満には、慢性炎症、代謝系異常、視床下部-下垂体-副腎系の機能異常など、共通の病態があり、脳形態のなかでは海馬領域の萎縮と認知機能との関連が注目されている。

 しかし、これまでの研究は、高齢患者や健常者を対象としており、BMIが30以上の肥満とうつ病との関連は調査されていなかった。

BMIが高くなるにつれ認知機能が低下
 そこで研究グループは、65歳未満のうつ病患者307人と健常者294人を対象に、肥満が、認知機能、灰白質(神経細胞が存在する領域)、白質構造(神経線維が走行する領域)に、どのように関与するかを調べた。

 うつ病の診断は、精神疾患簡易構造化面接法と精神障害の診断と統計マニュアル第4版(DSM-Ⅳ)に基づいて行った。認知機能については、統合失調症認知機能簡易評価尺度(BACS)で判定した

 また、114人の患者については、核磁気共鳴画像法(MRI)で得られた脳画像を解析した。

 その結果、BMIが30以上の肥満は、うつ病患者における作業記憶、実行機能、巧緻運動速度などの認知機能の低下と関連していることが判明。

 一方、健常者では、BMIが30以上の肥満だけが認知機能の低下を示すというより、BMIが体重不足、正常体重、過体重、肥満と高くなるにつれて認知機能が低下する傾向がみられた。  健常者ではBMIが30以上の肥満だけが認知機能の低下を示すというより、BMIが体重不足→正常体重→過体重→肥満と高くなるにつれて認知機能が低下する傾向がみられた。
肥満は脳の皮質体積の減少や神経ネットワークの低下と関連する
 注目されたのは、うつ病患者では、正常体重の人の割合が健常者と比べて有意に少なかったことだ。その分、肥満、過体重、体重不足の割合が高くなったことだ。

 MRI脳画像を用いた検討では、BMIが30以上の肥満患者は、BMIが30未満の患者と比較して脳の一部の皮質体積が有意に縮小しており、神経ネットワークの指標も低下していることが分かった。

 肥満患者では、非肥満患者と比べて、灰白質の体積、白質の神経結合が有意に低下していた脳領域がみられた。

 灰白質では、前頭葉、側頭葉、および視床、さらに白質では内包と左側視放線と呼ばれる部分の神経結合が、大うつ病性障害患者のうち肥満者の脳において有意に減少していた。

 認知機能障害は灰白質および白質の異常と関連しており、そのメカニズムとしては、肥満とうつ病の共通病態である全身性炎症反応、酸化ストレス亢進、慢性コルチゾール上昇などの相乗効果によって、神経新生減少や神経突起の脱落などが促されたメカニズムが考えられるという。
体重コントロールが認知機能や脳形態にプラスの効果をもたらす
 「体重コントロールが、うつ病患者の認知機能や脳形態にプラスの効果をもたらす可能性があるという」と、研究グループは指摘している。

 今後は、縦断的研究や介入研究を行い、減量がうつ病の認知機能改善につながるかを検討していく必要があるとしている。

 研究は、国立精神・神経医療研究センター神経研究所疾病研究第三部の功刀浩部長および秀瀬真輔医師らの研究グループによるもので、科学誌「Journal of Affective Disorders」オンライン版に発表された。

国立精神・神経医療研究センター
Association of obesity with cognitive function and brain structure in patients with major depressive disorder(Journal of Affective Disorders 2017年8月16日)
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2017年10月18日
「買物弱者」問題は深刻 700万人に増加 対策事業の半数以上が赤字
2017年10月18日
脳の健康を保つための「ライフ シンプル 7」 認知症は予防できる
2017年10月18日
結婚生活が安定すると男性の肥満や健康状態は改善 夫婦仲が健康に影響
2017年10月18日
心・脳血管疾患に注意 3人に1人が「発症前に知っていたら」と後悔
2017年10月18日
1回の採血で「4年以内の糖尿病発症リスク」を判定 アミノ酸バランスに着目
2017年10月18日
在宅介護高齢者の4人に1人が睡眠薬を使用 ケアマネジャー「見直し必要」
2017年10月12日
30代後半女性の体力が最低に 高齢者は過去最高 体力・運動能力調査
2017年10月12日
「薬剤耐性」(AMR)問題を知ろう AMR対策アクションプランで啓発を開始
2017年10月12日
禁煙治療のアプリを開発 空白期間をフォロー 日本初の治験を開始
2017年10月12日
妊娠中うつ症状の発症に食事パターンが影響 「日本型」では発症が少ない

最新ニュース

2017年10月20日
【健やか21】養護教諭225名へのアンケート「生徒の"スマホ老眼"が増加」
2017年10月19日
【追加募集決定!】「糖をはかる日」クッキングセミナー
2017年10月19日
賞金5万円「全国生活習慣病予防月間2018」川柳とイラストを募集
2017年10月18日
「買物弱者」問題は深刻 700万人に増加 対策事業の半数以上が赤字
2017年10月18日
脳の健康を保つための「ライフ シンプル 7」 認知症は予防できる
2017年10月18日
結婚生活が安定すると男性の肥満や健康状態は改善 夫婦仲が健康に影響
2017年10月18日
心・脳血管疾患に注意 3人に1人が「発症前に知っていたら」と後悔
2017年10月18日
1回の採血で「4年以内の糖尿病発症リスク」を判定 アミノ酸バランスに着目
2017年10月18日
在宅介護高齢者の4人に1人が睡眠薬を使用 ケアマネジャー「見直し必要」
2017年10月17日
【アンケート協力のお願い】第3期特定健診・特定保健指導の改正内容について(保健指導従事者実態調査)
2017年10月17日
【生活習慣病予防月間2018】インスタグラムキャンペーン 「少食ごはん」 募集中!
2017年10月16日
【HAMIQ】医療機関・介護機関の皆様へ~会員募集中~
2017年10月13日
【連載更新】高齢者の外出、移動の問題を考える No.3
2017年10月12日
30代後半女性の体力が最低に 高齢者は過去最高 体力・運動能力調査
2017年10月12日
「薬剤耐性」(AMR)問題を知ろう AMR対策アクションプランで啓発を開始
2017年10月12日
【健やか21】孫育てのススメ(祖父母手帳)の発行(鳥取県)
2017年10月12日
禁煙治療のアプリを開発 空白期間をフォロー 日本初の治験を開始
2017年10月12日
妊娠中うつ症状の発症に食事パターンが影響 「日本型」では発症が少ない
2017年10月11日
厚労省が過労死等防止対策白書を公表~現状や調査研究結果を報告
2017年10月06日
「血糖値スパイク」を食事と運動で改善 「糖をはかる日」講演会(1)
2017年10月06日
「血糖値スパイク」を薬物療法で改善 「糖をはかる日」講演会(2)
2017年10月06日
【健やか21】0歳児身長が伸びやすい季節は夏(育児ビッグデータ解析より)
2017年10月05日
【連載更新】心とからだにかかわる専門職の人材育成/スーパー売り場での気づきから開業保健師へ
2017年10月04日
10月は「乳がん啓発月間」 定期的なマンモグラフィ検診は効果的
2017年10月03日
妻が肥満だと夫は糖尿病になりやすい 家族対象の保健指導が効果的
2017年10月03日
「低カロリー食」で老化を防げて寿命も延びる 腹八分目で若返ろう
2017年10月03日
うつ病のリスクは魚を食べると減少 「n-3系脂肪酸」の予防効果
2017年10月03日
医療費抑制 27%が「患者の負担増」に理解 65歳以上でも3割 健保連調査
2017年10月03日
スニーカー通勤でウォーキング スポーツ庁「FUN+WALK PROJECT」
2017年10月03日
「AMR対策いきまぁーす!」―厚労省がガンダムとコラボし啓発活動を実施
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,501 人(2017年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶