ニュース

母乳が赤ちゃんの腸内フローラを健康にする メカニズムを解明

 母乳育児は子の生体機能に有利に働くことが知られている。
 母乳に含まれる成分が、赤ちゃんの腸内で乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌以外の細菌を増やさない門番のような役割を担い、腸内環境を健康に保っていることを、東京農工大学などの研究グループが明らかにした。
哺乳期につくられた腸内フローラは一生変わらない
 人を含む哺乳類は進化の過程で、母乳で子を育てる戦略を選択してきた。一方で、哺乳類にとって腸内フローラは生体の恒常性維持に重要であり、これが乱れるとがんや糖尿病などの生活習慣病、認知症の発症リスクを高めることが分かっている。

 腸内フローラは生まれて間もなく形成が開始され、離乳などを経て徐々に大人の菌叢へと近づいていく。哺乳期間を含む腸内フローラの形成過程に獲得した腸内細菌は、多少のバランスの変化は起こるものの生涯不変とされている。

 老化とともに乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌は減少するが、基本菌叢のパターンは大きく変わらないと考えられている。ヨーグルトなどの乳製品を摂取すると、一時的に菌叢を変えられるが、摂取をやめると元に戻ってしまうのはそのためだ。

 つまり、赤ちゃんの哺乳期に、腸内フローラを正常な菌叢に整えることが重要ということだ。そしてその秘密は母乳中に隠されている。

関連情報
母乳に含まれる活性酸素が腸内フローラをコントロール
 これまでは母乳成分の生化学的なメカニズムについてはよく分かっていなかった。今回の研究で、過酸化水素をはじめとする活性酸素を有効に利用することで、腸内フローラがコントロールされていることを、東京農工大学大学院農学研究院動物生命科学部門の永岡謙太郎准教授らの研究グループがマウスを用いた実験で明らかにした。

 母乳に含まれる過酸化水素は乳子の消化管内で、外部から侵入してくるさまざまな細菌に対して門番のような役割を担っており、過酸化水素に抵抗性を示す乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌が優先的に腸内に定着するのを助けているという。

 研究は、母乳中に含まれる過酸化水素の重要性を示したもので、アミノ酸や活性酸素による腸内細菌をコントロールする新たな方法の開発につながる可能性がある。
母乳中に含まれる過酸化水素が乳酸菌を増やす
 研究では、マウスの母乳中に多く含まれる過酸化水素を産生する酵素である「LAO1」が欠損したマウスを用いて、母乳にLAO1が含まれるか否かで子の腸内フローラのどにような変化が起こるかを、遺伝子レベルと培養レベルで調べた。

 その結果、LAO1を欠損していない母マウスから母乳を摂取している子マウスの腸内フローラは、そのほとんどが乳酸菌で占められていたが、LAO1を欠損した母マウスの母乳を飲んでいる子マウスでは腸内フローラにはさまざまな菌があり、すでに大人の菌叢に近い状態になっていた。

 また、LAO1は乳子の消化管内でも機能を失わずアミノ酸を分解して過酸化水素を産生することで、乳酸菌以外の細菌に対して抗菌性を示すことが判明した。
母乳を飲むと腸内で善玉菌が増えるメカニズム
 これらから、母乳を飲むと乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌を増やすメカニズムとして、乳子の消化管内で産生される過酸化水素が外部から侵入してくる細菌群から選別し、乳酸菌などを優先的に届けていることが示された。

 人においても母乳を飲んでいる赤ちゃんの腸内では菌の多様性が抑えられ、母乳摂取を止めると増えていくことが分かっており、同じメカニズムが働いているという。

 この研究は、東京農工大学大学院農学研究院動物生命科学部門の重野佑布子氏、Haolin Zhang氏、および永岡謙太郎准教授らと、理化学研究所科技ハブ産連本部バトンゾーン研究推進プログラム辨野特別研究室の辨野義己特別招聘研究員ら、東北大学大学院農学研究科の野地智法准教授、京都府立大学大学院生命環境科学研究科の井上亮講師、中国科学院動物研究所のWanzhu Jin教授らの共同グループによるもの。詳細は米国の科学誌「FASEB Journal」に発表された。

東京農工大学大学院農学研究院
Gut microbiota development in mice is affected by hydrogen peroxide produced from amino acid metabolism during lactation(FASEB Journal 11月15日)
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2018年12月12日
年末年始にアルコールを飲み過ぎないために 知っておきたい5つの対処法
2018年12月12日
手軽な運動で筋内脂肪を減少 「ウォーキング+筋力トレーニング」がもっとも効果的
2018年12月12日
うつ病を早期支援するのための社員向け研修プログラムを開発 職場のメンタルヘルス不調を早期発見・介入 九州大学など
2018年12月12日
保健指導にインセンティブを 世界の1億人の運動量を増やす「Vitality」の戦略
2018年12月12日
骨粗鬆症の検診受診率 全国ランキングを発表 1位は栃木県 骨粗鬆症財団
2018年12月05日
保健指導をオンラインで支援 金沢大学がIoT活用で新たな保健指導サービス
2018年12月05日
【山梨県】糖尿病対策推進会議などと連携 「糖尿病腎症」の重症化予防
2018年12月05日
ペットロボ「アイボ」の癒やし効果を医療に活用 成育医療研究センター
2018年12月05日
骨が分泌する「若返り物質」 運動が若さを保つメカニズムを解明
2018年12月05日
「ストレス反応」は朝と夜で異なる 体内時計をストレスマネジメントに応用

最新ニュース

2018年12月14日
【健やか21】不登校傾向にある子どもの実態調査 中学生約33万人
2018年12月12日
年末年始にアルコールを飲み過ぎないために 知っておきたい5つの対処法
2018年12月12日
手軽な運動で筋内脂肪を減少 「ウォーキング+筋力トレーニング」がもっとも効果的
2018年12月12日
うつ病を早期支援するのための社員向け研修プログラムを開発 職場のメンタルヘルス不調を早期発見・介入 九州大学など
2018年12月12日
保健指導にインセンティブを 世界の1億人の運動量を増やす「Vitality」の戦略
2018年12月12日
骨粗鬆症の検診受診率 全国ランキングを発表 1位は栃木県 骨粗鬆症財団
2018年12月06日
【参加募集中】第8回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス「健康経営の視点での産業保健活動」
2018年12月06日
【健やか21】近年急増の梅毒 男性は40代、女性は20代が最多
2018年12月05日
保健指導をオンラインで支援 金沢大学がIoT活用で新たな保健指導サービス
2018年12月05日
【山梨県】糖尿病対策推進会議などと連携 「糖尿病腎症」の重症化予防
2018年12月05日
ペットロボ「アイボ」の癒やし効果を医療に活用 成育医療研究センター
2018年12月05日
骨が分泌する「若返り物質」 運動が若さを保つメカニズムを解明
2018年12月05日
「ストレス反応」は朝と夜で異なる 体内時計をストレスマネジメントに応用
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ
2018年12月04日
「依存症を知る~今日的課題と対応~」へるすあっぷ21 12月号
2018年11月29日
「健康寿命をのばそう!アワード」最優秀賞決定~介護予防・高齢者生活支援分野/母子保健分野~
2018年11月29日
「健康寿命をのばそう!アワード」最優秀賞決定~生活習慣病予防分野~
2018年11月29日
【健やか21】伝染性紅斑が流行しています(東京都)
2018年11月28日
【参加募集中】第7回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「職場巡視~ありのままの現場を見られる産業保健師になる~」※申込みを締切りました
2018年11月28日
高齢者の入浴に「要介護」を防ぐ効果 ただし冬の入浴には注意も必要
2018年11月28日
高カロリー飲料やお菓子はなぜ危ないか メタボや糖尿病の原因糖質が判明
2018年11月28日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年11月28日
仕事と運動を両立できるデスクを開発 運動不足を一気に解決
2018年11月28日
肥満の多い国にいる日本人は肥満になりやすい? 運動指導がポイント
2018年11月25日
【健やか21】暮らしに役立つ情報「一人ひとりの医療情報が"明日の医療"につながります。」
2018年11月21日
運動不足はメタボよりも高リスク 運動をより多く・座る時間は少なく
2018年11月21日
野菜で脱メタボ 宮城県が野菜の摂取を促す「みやぎベジプラス100」
2018年11月21日
スポーツを通じて女性の活躍を促進 子育て世代もサポート スポーツ庁
2018年11月21日
母乳が赤ちゃんの腸内フローラを健康にする メカニズムを解明
2018年11月21日
慢性腎臓病(CKD)の原因は腎臓での「エネルギー代謝障害」 治療法を開発
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,558 人(2018年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶