ニュース

認知症の発症を予想する新たなマーカーを発見 久山町研究の成果 九州大学

 九州大学は、認知症の発症を予想するための新たなマーカーを発見したと発表した。
 血液中に「sTREM2」と呼ばれるタンパク質が増えると、アルツハイマー病などの認知症のリスクが上昇することが、ゲノム解析技術の進歩により突き止められた。
認知症のない久山町の高齢住民を10年間追跡して調査
 認知症は全世界で患者数が急増している疾患だ。認知症は、早い段階で発見できれば、進行を遅らせることができ、良好な状態を保つことが可能になる。早期発見のための検査法が求められている。

 九州大学などの研究グループは、脳にあるミクログリアに着目。ミクログリアは、中枢神経(脳と脊髄)にあるグリア細胞のひとつ。ミクログリアが活性化すると、炎症性サイトカインの分泌が増え、神経細胞がダメージを受けやすくなると考えられている。

 ミクログリアにある受容体となるタンパク質がTREM2で、中枢神経系で、ミクログリアの活性化、貪食作用、サイトカイン産生など、恒常性をコントロールしていると考えられている。これが分解され切断されると、可溶型のsTREM2ができる。

 これまでにTREM2遺伝子の変異が認知症の発症に寄与することや、認知症初期から脳脊髄液中のsTREM2が上昇することが分かっていた。

 研究グループは今回の研究で、TREM2に異変が起こりsTREM2が増えると、アルツハイマー病などの認知症のリスクが上昇することを、ゲノム解析技術の進歩により突き止めた。

 研究は、九州大学大学院医学研究院の二宮利治教授、同大学大学院医学研究院の小原知之助教、および京都医療センター内分泌代謝高血圧研究部の浅原哲子部長らの共同研究グループによるもの。研究成果は国際科学雑誌「Annals of Neurology」オンライン版に発表された。

関連情報
血清sTREM2値が認知症発症のバイオマーカーになることを発見
 久山町研究は、1960年代から、福岡市に隣接した久山町(人口約8,400人)の住民を対象に脳卒中、心血管疾患などの疫学調査を行っている日本の代表的なコホート研究。最近では、認知症についての成果も出始めている。

 研究グループは、認知症のない久山町の高齢住民約1,300人を10年間前向きに追跡し、血清sTREM2レベルと認知症発症の関係、および血清sTREM2が認知症発症の予測能に与える影響を調べた。

 その結果、血清sTREM2値の上昇に伴い、全認知症、アルツハイマー型認知症、および血管性認知症の発症リスクがいずれも有意に上昇することを確かめた。

 血中のsTREM2値の上昇にともない、認知症の累積罹患率は有意に上昇した。これは、血清sTREM2値の高い人では、低い人に比べ認知症を将来発症する確率が高いことを示している。
 さらに、血液中のsTREM2値の上昇にともない、アルツハイマー型認知症と血管性認知症の発症リスクは有意に上昇した。これらから、血清sTREM2値は、認知症発症を予測するための有効な新たなバイオマーカーであることが示された。
 さらに、既知の危険因子と血清sTREM2値を組み合わせることで、将来の認知症発症の予測精度を高めることをできることを突き止めた。

 今回の研究により、ミクログリアを主体とした脳内炎症が認知症の発症に寄与することを明らかにしたものだ。血清sTREM2値が認知症の早期発見の有効な新規バイオマーカーであることがはじめて示された。

九州大学大学院医学研究院
久山町研究(九州大学大学院医学研究院)
Serum soluble TREM2 as a biomarker for incident dementia: the Hisayama Study(Annals of Neurology 2018年11月28日)
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2019年03月26日
【レポート】スローカロリー研究会 第5回年次講演会 ゆっくり吸収されるカロリーを具体的に活用
2019年03月20日
運動は若さを保つための最善の策 40歳以降は筋肉を増やす運動が必要
2019年03月20日
糖尿病リスクはBMIが22以上から上昇 若い頃からの体重管理が重要 順天堂大学
2019年03月20日
保健指導と介護予防を一体的に実施 フレイル対策を強化 厚労省が方針
2019年03月20日
うつ病の発症原因は「仕事の不満足」 回復では「職場ストレス」が重要 職場でのヘルスマネジメント戦略
2019年03月20日
長時間労働が心筋梗塞リスクを1.6倍に上昇 日本人1.5万人を20年調査
2019年03月20日
歯周病がCOPDの引き金に 歯周病の人は発症リスクが4倍に上昇
2019年03月13日
「睡眠負債」は週末の寝だめでは解消できない 睡眠を改善するための6ヵ条
2019年03月13日
認知症リスクは糖尿病予備群の段階で上昇 体と心を活発に動かして予防
2019年03月13日
994万人が高血圧 脂質異常症は221万人 糖尿病は過去最多の329万人 【2017年患者調査】

最新ニュース

2019年03月26日
【レポート】スローカロリー研究会 第5回年次講演会 ゆっくり吸収されるカロリーを具体的に活用
2019年03月25日
【新連載】住み慣れた地域で最期まで暮らすことを目指した「暮らしの保健室」~医療・看護・介護を通じた住みよいまちづくりの試み~
2019年03月25日
地域保健・健康増進事業報告②~健康診査についてなど「健康増進事業」の概要
2019年03月22日
2017年度 特定健診の実施率は53.1%、特定保健指導の終了者は19.5% 目標との隔たり埋まらず
2019年03月22日
【健やか21】春本番、自転車の思わぬ事故に注意! ~安全のために知っておきたいポイント~
2019年03月20日
運動は若さを保つための最善の策 40歳以降は筋肉を増やす運動が必要
2019年03月20日
糖尿病リスクはBMIが22以上から上昇 若い頃からの体重管理が重要 順天堂大学
2019年03月20日
保健指導と介護予防を一体的に実施 フレイル対策を強化 厚労省が方針
2019年03月20日
うつ病の発症原因は「仕事の不満足」 回復では「職場ストレス」が重要 職場でのヘルスマネジメント戦略
2019年03月20日
長時間労働が心筋梗塞リスクを1.6倍に上昇 日本人1.5万人を20年調査
2019年03月20日
歯周病がCOPDの引き金に 歯周病の人は発症リスクが4倍に上昇
2019年03月19日
地域保健・健康増進事業報告①~母子保健など「地域保健事業」の概要
2019年03月14日
【健やか21】募集開始!周産期メンタルヘルスと児童虐待予防セミナー
2019年03月14日
保健師の職業紹介番組を放映(テレビ神奈川、3/17)
2019年03月14日
「産業保健プロフェッショナルカンファレス」主催者変更のお知らせ
2019年03月13日
「睡眠負債」は週末の寝だめでは解消できない 睡眠を改善するための6ヵ条
2019年03月13日
認知症リスクは糖尿病予備群の段階で上昇 体と心を活発に動かして予防
2019年03月13日
【新連載】LGBTについて、学校保健分野・地域保健分野・産業保健分野で考える
2019年03月13日
994万人が高血圧 脂質異常症は221万人 糖尿病は過去最多の329万人 【2017年患者調査】
2019年03月13日
日本人妊婦で「静脈血栓塞栓症」が増えている 女性でも珍しいくない病気に エコチル調査
2019年03月13日
高齢者の多くが複数の病気を併発 医療費と介護費が増加 保健指導が必要
2019年03月12日
アルコールががんや生活習慣病を引き起こす「少酒の勧め」 動画を公開
2019年03月12日
【参加申込受付中】産業保健師会 2019年度 第1回研修会「産業保健師活動のあり方の本質に迫る―今どきの職場不適応の背景とその対応―」
2019年03月08日
睡眠に不満がある人は9割超―求められる十分な睡眠時間と質の高い眠り
2019年03月07日
【取材】多職種連携でも必要な「保健師の技術の可視化」を考える【平成30年度 日本保健師連絡協議会】
2019年03月07日
【健やか21】世界自閉症啓発デー2019(4/6東京) 参加申込み受付中
2019年03月06日
太っていなくても糖尿病やメタボに 日本人は少しの体脂肪増加や運動不足で異常が
2019年03月06日
糖質に着目した「1:1:1お弁当ダイエット法」 主食・主菜・副菜を最適に
2019年03月06日
大阪府が「健活10」を開始 健康寿命の延伸と健康格差の縮小が目標 1人ひとりの主体的な健康づくりを促す
2019年03月06日
認知症の発症を血液検査で予測 100%の的中率で判別に成功 長寿研
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,762 人(2018年12月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶