ニュース

乳酸菌など腸内細菌が免疫を活性化 腸内細菌叢のバランスが免疫にも影響

 乳酸菌などの腸内細菌が腸の免疫を高めるメカニズムの一端を大阪大学などの研究チームが解明した。乳酸菌などの腸内細菌が、小腸にある免疫細胞「マクロファージ」を活性化し、病原体を排除しているという。
乳酸・ピルビン酸を摂取すると免疫機能を高められる
 乳酸菌などの腸内細菌が腸の免疫を高めるメカニズムの一端を大阪大学などの研究チームが解明した。乳酸菌などが産生する代謝分子である「乳酸」「ピルビン酸」が、自然免疫細胞である小腸の「マクロファージ」に直接、作用しているという。

 ヒトの腸管には常在細菌があり、約1,000種類、100兆個におよぶ腸内細菌が生息している。

 一方、小腸では免疫細胞の一種「マクロファージ」が、腸の細胞の間から樹状突起を伸ばし、腸の表面にいる病原菌を取り込んで殺す働きをしている。免疫細胞が病原体を認識し、活性化することでリンパ球による獲得免疫が始動する。

 研究チームはマウスを使った実験で、腸内細菌が作る「乳酸」や、これによく似た構造をもつ「ピルビン酸」という物質がマクロファージと結合し、マクロファージが腸表面に向かって樹状突起を伸ばすことを確認した。
 マウスに乳酸・ピルビン酸を投与すると、病原性細菌であるサルモネラ菌を効率よく取り込むようになり、サルモネラ菌への抵抗性が高まった。

 ピルビン酸はグルコースが解糖系によって分解されて生じる分子。嫌気的条件下ではピルビン酸はさらに乳酸へと変換される。乳酸菌はグルコースを乳酸に代謝することによりエネルギー(ATP)を獲得している。

 乳酸やピルビン酸は「Gタンパク質共役型受容体」という、細胞内部に情報を伝える役割を担うタンパク質に結合する。このタンパク質を働かなくしたマウスでは、乳酸やピルビン酸を与えてもマクロファージは樹状突起を伸ばさなかった。

 今回の研究で、健康に良いとされる乳酸菌の働きが新たに解明された。小腸の腸内細菌叢を整えることにより、腸管の病原性細菌に対する免疫機能を高められることが示された。腸内細菌叢のバランスを整えることで健康増進を期待できる。

 また、病原性細菌に対して効率的に免疫を引き出すことは社会的な課題となっている。乳酸・ピルビン酸、GPR31が免疫機能を活性化する新たな標的にしてワクチンを開発するなど、応用が期待される。

 研究は、大阪大学の梅本英司准教授、森田直樹大学院生(ともに大学院医学系研究科免疫制御学/免疫学フロンティア研究センター)、竹田潔教授(大学院医学系研究科 免疫制御学/免疫学フロンティア研究センター/先導的学際研究機構)らの研究チームによるもの。詳細は科学誌「Nature」オンライン版に掲載された。
大阪大学免疫学フロンティア研究センター
GPR31-dependent dendrite protrusion of intestinal CX3CR1+ cells by bacterial metabolites(Nature 2019年1月24日)
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2019年10月18日
わずか3%の減量で肥満・メタボを改善 肥満解消のための実践的取組みを紹介 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年10月16日
「大豆」がコレステロールや血糖を下げる 大豆を使用した代替肉が人気
2019年10月16日
糖質の多い甘い飲料が肥満・メタボを悪くする 内臓脂肪が増え脂質代謝のリズムも乱れる
2019年10月15日
乳がんとアピアランスケアに関する意識調査 外見のケアに悩むがんの女性は多い
2019年10月08日
地域保健と職域保健の連携を強化 これからの地域・職域連携推進の在り方に関する検討会が報告書
2019年10月08日
アピアランスケアを解説したリーフレットを作成 がん患者の自分らしい生活を支援
2019年10月08日
運動が身体の炎症・老化を抑制するメカニズムを解明 骨に加わる力が炎症を抑制
2019年10月08日
「粗食が大切」は寿命の短縮をまねく 高齢者の2人に1人が「フレイル」の疑いあり
2019年10月08日
女性では内臓脂肪がたまると糖尿病や心血管疾患のリスクが上昇 簡便な検査法を開発
2019年10月01日
糖尿病の治療をしないと腎機能が低下 リスクは4年後に8倍超に上昇 兵庫県豊岡市
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶