ニュース

牛乳やヨーグルトの成分が炎症を抑制 血管を改善し脳の活性化にも効果的

 牛乳やヨーグルトなどの乳製品は、タンパク質やカルシウムの供給源になるだけではない。牛乳やヨーグルトに含まれる成分に「炎症を抑える」「血管内皮を改善する」「認知機能の低下を抑制する」効果を期待できる成分が含まれることが最近の研究で分かってきた。糖尿病や高血圧などの治療に役立てられる可能性がある。
母乳に含まれる「ラクトフェリン」が炎症を抑制
 「ラクトフェリン」は、牛乳などに含まれる鉄結合性の糖タンパク質で、さまざまな生理機能があることが報告されている。「炎症を抑える」「抗菌活性がある」「腸内細菌のバランスを整える」「内臓脂肪を減らす」などの効果があると考えられている。

 「ラクトフェリン」は、母乳、とくに出産後に分泌される初乳にもっとも多く含まれているおり、赤ちゃんの健康維持のために必要な成分とみられている。ヒトの初乳には100mLあたり600~800mg、出産後3週間以降の常乳には約200mgのラクトフェリンが含まれる。殺菌される前の牛乳にも含まれるが、その濃度はヒトの母乳の10分の1程度だ。

 慶應義塾大学の研究グループは、「ラクトフェリン」に炎症を抑える働きがあることを、研究で確かめた。これまで風邪、胃腸炎など、身近なウイルス感染症に対する予防効果の研究が行われてきた。

 「炎症」とは生体が内外から有害な刺激を受けた際に起こす反応であり、感染症、自己免疫疾患、血栓症、動脈硬化などさまざまな疾患に深く関わっている。

 白血球の一種である「好中球」は、細菌に感染したときにその細菌を殺す役割を担っている。好中球は細菌を包むようにして殺すメカニズムは「好中球細胞外トラップ(NETs)」と呼ばれ、感染から防御する重要な働き働きとみられている。

 一方で、NETsが過剰に産生されたり、うまく分解されないなどしてコントロールが不全になると、さまざまな炎症性疾患、自己免疫疾患、血栓性疾患につながることが分かってきた。また、糖尿病患者の傷が治りにくい原因にも、NETsが関与していると考えられている。

 研究グループは、蛍光ラベルで生きた細胞をリアルタイムに観察するシステムを用いて、好中球の動きを調べた。その結果、「ラクトフェリン」がNETs放出を抑制し、炎症を抑えることを突き止めた。

 炎症性疾患の治療にはステロイドや免疫抑制薬などの薬剤が用いられているが、副作用があることが課題になっている。「ラクトフェリン」は、NETsに関連するさまざまな炎症性疾患に対する、副作用のない新たな治療薬となる可能性があるという。

関連情報
乳由来の「ラクトトリペプチド」が脳の活性化に効果的
 加齢とともに血管も老いていく。血管の老化は一般的に男性で40歳、女性は50歳を過ぎると加速する。老化した血管は硬く、狭くなり、動脈硬化の状態になりやすい。動脈硬化は高血糖、高血圧、脂質代謝異常などによって加速し、悪化すると心筋梗塞や脳卒中などを引き起こす。

 動脈硬化に効果があると注目されているのが、乳由来の成分である「ラクトトリペプチド」だ。「ラクトトリペプチド」は、ヨーグルトなどの発酵乳に含まれる乳由来のアミノ酸が3つ結合したタンパク質。血圧の上昇を抑える効果があり、特定保健用食品にも使われている。

 ペプチドは、口から摂取すると消化液に分解されるが、「ラクトトリペプチド」は途中で分解されにくく、腸管から吸収されて血液中で働き、血圧上昇の原因となるアンジオテンシン変換酵素の働きを抑える作用がある。

 また、血管内皮細胞から一酸化窒素の分泌を増やし、血管を拡張し、柔軟性を向上させる働きもある。「ラクトトリペプチド」の効果は、有酸素運動を同時に行うことで高められるという。

 筑波大学の研究グループは、発酵乳に含まれる「ラクトトリペプチド」が脳の活性化に効果的であることを解明した。認知症の発症リスクが高い糖尿病患者、高血圧患者、ならびに軽度認知障害患者などが「ラクトトリペプチド」を摂取すると効果を期待できるという。

 研究グループは、生体への透過性が高い近赤外光を用いて血流量の変化を計測するイメージング装置を用いて、明らかな疾患のない中高年者64人を対象に、「ラクトトリペプチド」の脳内での働きを調べた。

 脳の神経活動が起きると、活動部位で、酸素と結合した酸素化ヘモグロビンが増えるので、その濃度を測定することで脳活性化の状態を観察できる。「ラクトトリペプチド」を8週間摂取したグループでは、左右の前頭前野の脳活性化が向上していることが分かった。

 研究グループはこれまで、「ラクトトリペプチド」の摂取と運動を組み合わせることで、血管内皮機能を改善する効果が増すことを確かめてきた。今回の研究で、世界ではじめて、脳の活性化にも効果的であることを明らかにした。老化にともなう動脈硬化や脳活性の低下を抑制し、認知症の発症を予防することは非常に重要だ。

慶應義塾大学医学部 総合診療科
Lactoferrin Suppresses Neutrophil Extracellular Traps Release in Inflammation(EBioMedicine 2016年7月14日)
筑波大学体育系スポーツ医学 前田研究室
Combined effect of lactotripeptide and aerobic exercise on cognitive function and cerebral oxygenation in middle-aged and older adults(American Journal of Clinical Nutrition 2019年1月9日)
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2019年11月20日
なぜ漢方便秘薬は効くのか 腸の水分分泌メカニズムを解明 便秘以外にも応用
2019年11月13日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月13日
11月14日は世界糖尿病デー ウォーキングで世界につながろう 糖尿病の半分以上を予防できる
2019年11月12日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター
2019年11月12日
インフルエンザシーズン到来にそなえて 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
2019年11月12日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 岡山大が臨床試験で実証
2019年11月06日
【申込開始】あらゆる世代・分野の健康づくりをサポート 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2020年版」 
2019年11月06日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年11月06日
腸内細菌が内臓脂肪に影響 内臓脂肪の少ない人に多い菌が判明 健診のビッグデータを分析
2019年11月06日
妊娠中の長時間労働や夜勤が健康リスクに 全国の約10万人の女性を調査 エコチル調査
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,889 人(2019年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶