ニュース

宮城県がメタボ対策のアプリを配信 働き盛り世代に「あと1500歩 歩こう」

宮城・仙台の公式キャラクター「むすび丸」
 宮城県はメタボリックシンドロームや糖尿病の割合など、県民の健康に関する指標がいずれも全国下位に低迷している。
 改善を目指す県は、とくに働き盛りの世代を対象に対策を打ち出し、このほどスマホ向けに「みやぎウォーキングアプリ」の配信を開始した。
宮城県のメタボと予備群は2年連続全国3位
 宮城県民のメタボリックシンドロームの割合や糖尿病有病者数、食塩摂取量、運動習慣など健康に関する指標は、いずれも全国下位に低迷している。

 40~74歳のメタボリックシンドローム該当者および予備群を合わせた割合は29.3%で、全国平均の26.2%を上回る。2008~2013年度まで6年連続で全国ワースト2位、2014~2015年度までワースト3位と、不名誉な記録を更新している。

 特定健診の受診率は56.6%と全国平均の48.6%を上回っているものの、特定保健指導を終了した割合は17.1%と全国平均の17.8%を下回った。

 糖尿病の有病者数も、男性6万6,000(有病率 13.0%)、女性6万4,000人(同12.0%)と改善していない。

 地域の健康状態などを把握する県民健康・栄養調査によると、男性は塩分摂取量が全国でも多く1日11.9g(全国平均 10.8g)。喫煙率も高く、男性で31.3%(同 29.7%)。

 1日の歩数も少なく男性 6,803歩(全国平均7,779歩)、女性 6,345歩(同 6,776歩)。
「スマートみやぎ健民会議」を設立
 改善を目指す県は2016年に、企業、保険者、医療・保健・産業分野の機関・団体、大学等研究機関、行政などの参画と協働により、県知事を会長に「スマートみやぎ健民会議」を設立。

 とくに働き盛り世代である青年期・壮年期の男性の肥満やメタボリックシンドロームを対象に対策を打ち出している。

 健康増進をはかるため、県は2017年に、商業施設で健康相談に応じる「みやぎヘルスサテライトステーション」を開設。健康チェックがいつでもできる「健康測定コーナー」を設置したほか、店内を活用したウォーキングイベントや「健康相談会」を定期的に開催した。

 市町村や郵便局とも連携し、散歩コースと消費カロリーを地図に記したウォーキングマップも配布している。「多賀城跡散策コース」「東松島市コース」など1~8キロの29コースを紹介し、自然や文化に触れながら散策する楽しさを提案している。
宮城県が公開しているビデオ
「1日、あと、15分歩こう スマートみやぎ」
スマホを片手にウォーキング
「みやぎウォーキングアプリ」を開発
 2013年に策定した「第2次みやぎ21健康プラン」で、「減塩!あと3g」「歩こう!あと15分」「めざせ!受動喫煙ゼロ」を重点に取組みを進めているものの、いずれも目標値の達成は難しい状況にある。

 とくに身体活動・運動分野では、歩数が20~64歳で減少傾向にあり、全国下位で推移している。会議では「あと1日15分、1,500歩を歩く」を推奨している。

 そこで県は、スマートみやぎ健民会議の取組みのひとつとして、2019年1月よりスマートフォン向けに「みやぎウォーキングアプリ」の配布を開始した。

 位置情報を利用した一般向けアプリ「aruku&(あるくと)」を県内向けにアレンジ。アプリで地図を表示し、現在地から1,500歩でたどり着ける範囲を示す。

 県の「むすび丸」、気仙沼市の「海の子ホヤぼーや」、南三陸町の「オクトパス君」など、市町村に関連した36種類のキャラクターも地図上に登場。歩きはじめるとキャラクターがあらわれ、「あと500歩」などと励ましのメッセージを表示する。

 アプリには県内の地図を反映し、90コースを登録した。仙台市青葉区の定禅寺通のほか、気仙沼・唐桑にあるトレッキングコース「宮城オルレ」などを最後まで歩くと、景品が当たる抽選に応募することができる。

 県健康推進課では「1日15分のウォーキングでも続ければ体は変わる。スマートなご自分を実現するために、少しでも多く歩いて運動習慣を身に付けるきっかけにしてほしい」と話している。
スマートみやぎ健民会議(宮城県)
働く人の健康づくりプラス推進事業~ウォーキングプラス15推進事業~(宮城県 2019年1月31日)
第2次みやぎ21健康プラン中間評価の概要(宮城県 2018年11月21日)
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2022年08月04日
【専門職の皆さまへ】地域・職域で実践できる飲酒・生活習慣改善指導!
「DASHプログラム」特設ページ開設のおしらせ
2022年07月11日
乳がんのマンモグラフィ検診 女性の半数は偽陽性を10年間で1回は経験 実はほとんどは陰性
2022年07月05日
ウクライナの糖尿病患者さんへの支援に対する御礼(IFL本部)
2022年06月23日
【オピニオン公開中】高齢者の特性に配慮した「エイジフレンドリー職場」を目指して
2022年05月12日
ウクライナの糖尿病患者さんへの支援について IFLレポート
2022年04月27日
IFLオーストラリア ウクライナの糖尿病患者さんへの支援について(5)
2022年04月14日
IFLオーストラリア
ウクライナの糖尿病患者さんへの支援について(4)
2022年04月04日
IFLオーストラリア ウクライナの糖尿病患者さんへの支援について(3)
2022年03月18日
ウクライナの糖尿病患者さんへ緊急支援のお願い(2) (IFLグローバル、国際糖尿病支援基金)
2022年03月09日
ウクライナの糖尿病患者さんへ緊急支援のお願い(1) (IFLグローバル、国際糖尿病支援基金)
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶