ニュース

【取材】多職種連携でも必要な「保健師の技術の可視化」を考える【平成30年度 日本保健師連絡協議会】

 日本保健師連絡協議会は3月2日、平成30年度活動報告集会を開催。「保健師の技術を可視化し、未来につなぐ」をテーマに、構成6団体の活動報告およびグループディスカッションを行った。
 平成19年に発足し今年で12年目を迎える日本保健師連絡協議会は、保健師関連6団体で構成されている。本協議会では、各団体の連携を図るとともに課題の解決に向けて話し合い関係機関へ働きかける等、保健師の活動基盤と専門性の保証に向けて活動を行っている。

 このほど開催された今年度の活動報告集会のテーマは、「保健師の技術を可視化し、未来につなぐ」。メインプログラムの話題提供と各団体の活動報告、そしてグループディスカッションを通して、本テーマを登壇者と参加者が一緒に考えた。

日本保健師連合協議会 構成団体(五十音順)
・一般社団法人 全国保健師教育機関協議会
・全国保健師長会
・公益社団法人 日本看護協会
・一般社団法人 日本公衆衛生看護学会
・一般社団法人 日本産業保健師会
・日本保健師活動研究会

時代に応じた国の施策と保健師の役割の変化
加工済_IMGP5700.jpg  会の冒頭で厚生労働省健康局健康課 保健指導室長の加藤典子氏が登壇。少子高齢化および人口の減少が世界でもトップレベルに進んでいる日本において、時代の変化とともに保健師の活動内容も変化の時を迎えており、地域での連携等においても個々への関りとともに、ヨコのつながり、連携が重要と述べた。

 また、同じく厚生労働省の労働基準局労働衛生課 産業保健支援室長の小沼宏治氏は、産業保健分野の視点からの情報を提供。本年4月から、心身の負担が増えている昨今の労働者への対策として働き方改革が施行されるなかで、各都道府県産業保健総合支援センターに常勤保健師の配置を進める等の国の施策を紹介した。小沼氏は、今後、産業保健師に求められるものが増え、その存在の重要性はさらに高まっていくと予想。そこで、関係各所との役割分担や連携が不可欠との見解を示した。

 時代の変化に対応し厚生労働省は2017年4月、「新たな医療の在り方を踏まえた医師・看護師等の働き方ビジョン検討会 報告書」を取りまとめた。その中で看護師のキャリアの複線化・多様化として、その役割の大きさと、多職種連携の重要性を明記。

これを受けて2018年4月から開始された厚生労働省の看護基礎教育検討会では、保健師ワーキンググループが10年ぶりに設置された。

 このように保健師の役割がクローズアップされ、多職種との連携が今後の保健師の活動においてより重要になっていくなかで、多職種から見ても分かりやすい保健師特有の技術を明確化することが肝要だ。しかし、看護師や助産師の技術のように明文化された定義が保健師の技術においては存在しない。そこで今年度の日本保健師連絡協議会のテーマは、「保健師の技術を可視化し、未来につなぐ」となった。

明確化が難しい保健師の技術の定義
 公衆衛生看護技術開発研究会の岡本玲子氏は、保健師の公衆衛生看護技術について話題提供を行った。

 岡本氏は、保健師の活動の技術が"見えにくい"ことを指摘。なぜ見えにくいかを次のように説明した。

「保健師は、"ものごとを良くする活動"を行っています。また、ターゲットは多様で常に変化しています。状況依存と予測不能性があり、その技術は可視化しにくいのです」。

 さらに岡本氏は、保健師は自身の活動を他社に伝達する技術に関して遅れており、今後、日本保健師連合協議会における課題として取り組んでいくべきとの見解を示した。

「保健師の技術の可視化」と「未来につなぐ」具体的方法
 多職種連携において保健師の技術の可視化は重要だが、その明文化は難しい。そこで、保健師が行った活動内容を具体的に明らかにすることにより、他の職種にはない保健師の仕事の独自性を伝えるという方法は有効だ。

 日本保健師活動研究会は活動報告の中で、アンケート調査結果を発表。調査結果を分析すると、保健師の仕事の独自性が浮き彫りになった。

 調査テーマは、「保健師が考える乳幼児健診の目的・意義」。結果から見えてきたのは、乳幼児健診において保健師は、疾患・異常の発見や親子の心身や生活状況の把握とともに、それらの健診結果を踏まえて支援の検討や連携各所との情報共有、支援や指導の際には親の想いの尊重や傾聴、寄り添い、安心感を与える等、心のケアもしているということ。

 一般的に公衆衛生活動としての健診の目的は、「疾病や障害の早期発見、スクリーニング」だ。しかしこの調査により保健師は、その先にある支援や指導、心のケア等、複合的な目的・意義を持って活動していることが分かった。これは、保健師の独自視点であり、独自技術。アンケート調査によってこのような保健師の技術を明らかにすることができた。

大規模災害における保健師の活動マニュアル.PNG  全国保健師長会では災害時の保健師活動に焦点を当て、保健師の技術の可視化をしている。

 1995年に発生した阪神・淡路大震災での保健活動をもとに、「災害時における保健活動のマニュアル」を作成。また、東日本大震災における保健師の体験記「希路」も発行している。

 これらのマニュアルや体験記は保健師の活動内容を具体的に紹介することでその技術を周知できるとともに、現任保健師への情報提供にもなる。現任者教育ツールとしても活用が可能だ。本活動報告集会のテーマである「保健師の技術の可視化」と「未来につなぐ」の両立を実現している。

保健師の技術と能力
加工済_IMGP5706.JPG  各団体からの発表等、メインプログラムの後は、参加者と登壇者を交えて6名程度のグループに分かれ、下記3つのテーマのもと、グループディスカッションを行った。

・保健師の技術の定義
・保健師の能力と技術の違い
・保健師の技術を可視化する必要性の有無と、必要な場合の方法

 ディスカッション後、各グループからの発表を受け全国保健師教育機関協議会の岸恵美子氏は、「保健師の技術の定義はまだ明確化されていませんし、明文化するのは非常に難しいです。しかし、グループディスカッションを通して、皆さんが考えている保健師の"あるべき姿"は一致していると感じました。保健師は、さまざまな技術を目的に合わせて組み合わせることで能力を発揮します。さらには、個々への対応だけでなく、ポピュレーションベースで活動することができます」と、まとめた。
[yoshikawa]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2019年03月13日
「睡眠負債」は週末の寝だめでは解消できない 睡眠を改善するための6ヵ条
2019年03月13日
認知症リスクは糖尿病予備群の段階で上昇 体と心を活発に動かして予防
2019年03月13日
994万人が高血圧 脂質異常症は221万人 糖尿病は過去最多の329万人 【2017年患者調査】
2019年03月13日
日本人妊婦で「静脈血栓塞栓症」が増えている 女性でも珍しいくない病気に エコチル調査
2019年03月13日
高齢者の多くが複数の病気を併発 医療費と介護費が増加 保健指導が必要
2019年03月12日
アルコールががんや生活習慣病を引き起こす「少酒の勧め」 動画を公開
2019年03月07日
【取材】多職種連携でも必要な「保健師の技術の可視化」を考える【平成30年度 日本保健師連絡協議会】
2019年03月06日
太っていなくても糖尿病やメタボに 日本人は少しの体脂肪増加や運動不足で異常が
2019年03月06日
糖質に着目した「1:1:1お弁当ダイエット法」 主食・主菜・副菜を最適に
2019年03月06日
大阪府が「健活10」を開始 健康寿命の延伸と健康格差の縮小が目標 1人ひとりの主体的な健康づくりを促す

最新ニュース

2019年03月19日
地域保健・健康増進事業報告~母子保健など「地域保健事業」の概要
2019年03月14日
【健やか21】募集開始!周産期メンタルヘルスと児童虐待予防セミナー
2019年03月14日
保健師の職業紹介番組を放映(テレビ神奈川、3/17)
2019年03月14日
「産業保健プロフェッショナルカンファレス」主催者変更のお知らせ
2019年03月13日
「睡眠負債」は週末の寝だめでは解消できない 睡眠を改善するための6ヵ条
2019年03月13日
認知症リスクは糖尿病予備群の段階で上昇 体と心を活発に動かして予防
2019年03月13日
【新連載】LGBTについて、学校保健分野・地域保健分野・産業保健分野で考える
2019年03月13日
994万人が高血圧 脂質異常症は221万人 糖尿病は過去最多の329万人 【2017年患者調査】
2019年03月13日
日本人妊婦で「静脈血栓塞栓症」が増えている 女性でも珍しいくない病気に エコチル調査
2019年03月13日
高齢者の多くが複数の病気を併発 医療費と介護費が増加 保健指導が必要
2019年03月12日
アルコールががんや生活習慣病を引き起こす「少酒の勧め」 動画を公開
2019年03月12日
【参加申込受付中】産業保健師会 2019年度 第1回研修会「産業保健師活動のあり方の本質に迫る―今どきの職場不適応の背景とその対応―」
2019年03月08日
睡眠に不満がある人は9割超―求められる十分な睡眠時間と質の高い眠り
2019年03月07日
【取材】多職種連携でも必要な「保健師の技術の可視化」を考える【平成30年度 日本保健師連絡協議会】
2019年03月07日
【健やか21】世界自閉症啓発デー2019(4/6東京) 参加申込み受付中
2019年03月06日
太っていなくても糖尿病やメタボに 日本人は少しの体脂肪増加や運動不足で異常が
2019年03月06日
糖質に着目した「1:1:1お弁当ダイエット法」 主食・主菜・副菜を最適に
2019年03月06日
大阪府が「健活10」を開始 健康寿命の延伸と健康格差の縮小が目標 1人ひとりの主体的な健康づくりを促す
2019年03月06日
認知症の発症を血液検査で予測 100%の的中率で判別に成功 長寿研
2019年03月06日
幼児の脳の発達に親の励ましが大きく影響 離婚は子のメンタルヘルスに影響
2019年03月06日
【書籍紹介】「増補新訂 医療機関における産業保健活動ハンドブック」※19年3月31日まで割引サービス中!
2019年03月05日
「どうする? 新入社員の健康支援」へるすあっぷ21 3月号
2019年03月05日
平成30年は2倍の増加―職場における熱中症による死傷災害発生状況
2019年03月05日
さらなる周知・啓発が必要―中小企業の「健康経営に関する実態調査」
2019年03月05日
佐賀のNPO法人が『教師のための2型糖尿病対応マニュアル』を作成
2019年02月28日
【健やか21】父親の仕事と育児両立読本(ワーク・ライフ・バランス ガイド)
2019年02月27日
運動は「魔法の薬」 健康なエイジングのために運動が必要 食事を改善でき腎臓にも効果
2019年02月27日
腸内細菌叢がインフルエンザワクチンの効果を高める 温暖化の影響も 東京大学
2019年02月27日
歯周病発見「AI」の共同研究 スマホで検診受診率を向上 東北大学とドコモ
2019年02月27日
食事でメタボや肥満に対策 やってみるとはるかに簡単 食事管理に要する時間は1日15分以内
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,762 人(2018年12月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶