ニュース

睡眠に不満がある人は9割超―求められる十分な睡眠時間と質の高い眠り

 健康機器メーカーのフジ医療器(本社・大阪府大阪市、代表取締役社長・大槻利幸)はこのほど、20歳以上の男女5276人を対象に睡眠に関する調査を実施。その結果、「睡眠への不満」がある人は93.7%に達することが分かった。不満がある人のうち、4人に1人は「寝ても疲れがとれない」と回答。
 平成29年度の国民健康・栄養調査でも、ここ1カ月間、睡眠で休養が十分にとれていない人の割合は20.2%で、平成21年から有意に増加していることから、質の高い睡眠への改善が求められている。
GUM05_PH02074.jpg  同社の「睡眠に関する調査」は睡眠と健康をテーマに、睡眠に関する実態を把握するため2011年から実施されている。睡眠に「不満がある」と回答した人の割合は、毎回90%を超えており、「快適な睡眠を満足に取れない生活が常態化していることがうかがえる」としている。

 具体的な不満の内容は「寝ても疲れがとれない」が最も多く、次いで「何度か目が覚める」、「朝すっきりと起きられない」、「なかなか寝付けない」などと続く。その原因を「ストレス」と考えている人は半数強。

 ほかにも2割の人が「体調不良」や「手足の冷え」などと回答し、「枕」と答えた人も一定数いた。性別では、女性の方が「手足の冷え」と回答した割合が多かった。
 一方、快眠のための工夫として最も多かったのは「入浴をする」。実際の経験を踏まえた回答として、より快適な敷布団やベッド、枕を使うなど寝具環境を整えることが高い満足度につながっていたことも分かった。

「睡眠による休養を十分にとれていない人」15%以下を目標
 平成29年度の国民健康・栄養調査では、1日の平均睡眠時間は6時間以上7時間未満の割合が最も高かった。6時間未満と回答した人の割合は男性が36.1%、女性が42.1%。特に男女とも40歳代では半数近くが6時間未満と回答していた。

 国の「健康日本21(第二次)」の目標では、「睡眠による休養を十分にとれていない者の割合」を15%以下にすることが掲げられている。

 しかし平成29年度の国民健康・栄養調査ではここ1カ月間、睡眠で休養が十分にとれていない人の割合は20.2%となっており、睡眠時間の確保と質の高い睡眠を得るための工夫や生活改善が求められている。

[yoshioka]

「調査・統計」に関するニュース

2019年09月10日
毎日の家事が女性の寿命を延ばす 軽い身体活動を積み重ねると死亡リスクが低下
2019年09月10日
健康的な生活スタイルが糖尿病リスクを75%減少 生活改善の指導に大きな余地が
2019年09月05日
内閣府が「子どもの居場所づくり」支援施策の一覧を公表
2019年09月04日
肥満予防に「ゆっくり食べる」ことが効果的 よく噛んで食べるための8つの対策
2019年08月26日
「不飽和脂肪酸」が肥満リスクを打ち消す 悪玉コレステロールを低下 脂肪とコレステロールをコントロール
2019年08月21日
喉頭・胆のう・腎・腎盂尿管癌の3年生存率を初集計 国立がん研究センター
2019年08月21日
【健やか21】「平成30年教育・保育施設等における事故報告集計」を公表(内閣府)
2019年08月20日
米を中心にした食事はメリットが多い 食べ過ぎると糖尿病リスクが上昇
2019年08月20日
「ワークライフバランス」の改善の効果 生活満足度は女性より男性で改善 34ヵ国を比較
2019年08月15日
働き方改革 「長時間労働」が脳卒中のリスクを上昇させる 産業医の7割が「改善を感じる」と回答
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶