オピニオン/保健指導あれこれ
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま

No.5 シリコン乳房インプラントの実際

セルポートクリニック横浜院長、 杏林大学形成外科非常勤講師
辻 直子

 一般的な乳房再建の方法は皮弁移植と乳房インプラントの2つがあり、前回は皮弁移植についての説明をいたしました。

 今回はもう一つ、いまや乳房再建のスタンダードともいえるシリコン乳房インプラントによる再建についてお話していきます。

 乳房インプラントの変遷
 乳房インプラントの歴史は古く、1960年代からつくられてきました。その素材や構造は絶えず改良が重ねられ、現在はシリコンのシェル(殻)にコヒーシブシリコンジェルが充填されたものが一般的に使われています。

 乳房再建で用いられているのは、しずく型(アナトミカルタイプ)で、表面がざらざらした(テクスチャータイプ)が最も多いです。

 長年、シリコンインプラントは保険適用がなく自費(60-100万円)での再建でしたが、2013年~2014年にかけて保険承認となり、乳房再建を目的として、承認施設で再建する場合は保険での治療が可能となりました。

 そのため乳房インプラントでの再建数は増え、これまで乳房再建をためらっていた人も保険での治療が可能ならやりたい、と希望するケースも増えたことから徐々に乳房再建数自体も増加してきています。

 乳房インプラントを用いた再建の方法
 乳房切除(全摘)後に乳房インプラントで再建する場合、通常はインプラント挿入の前にティッシュ・エキスパンダー(組織拡張器)を挿入する手術が必要になります。全摘後に平らになってしまった胸の皮膚では、インプラントを覆う分量が足りないためです。

ティッシュ・エキスパンダー(組織拡張器)
写真提供:アラガン・ジャパン株式会社

 エキスパンダーの挿入は乳房切除と同時に行うことも多いですが(一次再建)、乳房切除後にしばらくたってから改めて挿入することもあります(二次再建)。

 術後、外来で徐々に水を注入することでエキスパンダーを膨らませ、それと共に乳房の皮膚が伸展・拡張されていきます。その間は通常の生活や運動が可能です。

 充分に皮膚が拡張したら、乳房インプラントへ入れ替えます。位置や乳房下溝線などを修正して閉創したら終了で、その時点ですでにインプラントと同じ形の乳房が出来上がっています。

 乳房インプラント再建の利点
 このように、乳房インプラントを用いた乳房再建の特長は、皮弁と比べてとても簡単で低侵襲であることです。

 新しい傷も増えず、短時間(1-2時間)で手術が終わりますので患者も治療者側も負担が少なく済みます。そのため、保険適応になってからは多くの患者が乳房インプラントでの再建を選択しています。

 乳房インプラント再建の欠点・注意点
 乳房インプラントで再建した乳房は、インプラントと同じ形になりますので画一的な、マネキンの胸のような形になります。

 綺麗な形なのですが、健側の乳房が下垂していたり、離れていたりすると左右差が生じます。またデコルテや腋窩などが切除により陥凹している場合にインプラントではその変形を修正することはできません。このように、切除の仕方や健側乳房の形によっては、左右差や変形が残ってしまうのです。

 また、乳房インプラントは人工物ですので破損と被膜拘縮のリスクがあります。データによると10年で約10%に破損がみられるとのことです。乳房再建後も定期的な検診とメンテナンスが必要ということになります。また、被膜拘縮が生じると固く変形してきます。

 簡単だけど、すこし気になる「作り物感」、いずれは入れ替えも必要?
 このように、体の負担が少なく綺麗な形が簡単に作れる乳房インプラントによる再建。その保険適用により、多くの患者さんにとって乳房再建のハードルを下げた功績は大きいと思います。

 医療側からしても、特殊な技術も不要ですから、新しく再建治療を始めることも容易です。

 ただしオーダーメイドではない人工物ですので、多少の左右差は生じやすいこと、将来入れ替えなどのメンテナンスが必要なことを忘れてはいけません。

 違和感も多少はありますから、乳房の形やさわり心地に強いこだわりのある患者さんには、自家組織のほうが向いているかもしれません。

 以上が、乳房インプラントによる再建についてでした。正しい知識で再建方法を選ぶ必要があることがわかりますね。

 次回は、新しい乳房再建の選択肢、脂肪注入について解説していきます。

「働く人のがん対策」に関するニュース

2017年08月09日
がん患者の家族が経験する葛藤の実態 がん患者支援に向けた調査結果
2017年08月03日
2015年度の特定健診の実施率は50.1% 特定保健指導は17.5%で伸び悩み
2017年07月26日
20歳から体重5kg増加は健康リスク 体重を増やさない10の方法
2017年07月26日
がんサバイバーたちの「生きる力」を表現 がんと生きる、わたしの物語
2017年07月26日
糖尿病の最新全国ランキングを発表 ワーストは青森県 ベストは愛知県
2017年07月26日
都道府県の健康格差が拡大 寿命で3.1歳、健康寿命で2.7年の格差
2017年07月19日
乳がんの新たな治療薬の開発に道 ホルモン療法の問題を回避できる可能性
2017年07月13日
大腸がんを人工知能(AI)で検査 見逃しやすいがんを98%の精度で発見
2017年07月06日
厚労省「データヘルス改革」の工程表を発表 2019年までにシステム構築
2017年07月06日
「人工知能」(AI)を保健分野に活用 6分野で開発、安全対策も 厚労省

最新ニュース

2017年08月18日
マシンガーZとのコラボで海外渡航者に麻しん感染予防を啓発
2017年08月16日
賞金3万円!「血糖値アップ・ダウン コンテスト」募集スタート!
2017年08月15日
★参加者募集中★第2回産業保健PC テーマ「保健指導の基本姿勢」
2017年08月10日
8割を超える事業場でストレスチェック制度を実施~厚労省調査
2017年08月10日
【健やか21】冊子「あなたと赤ちゃんの健康」無料配布  申込受付中
2017年08月09日
健康保険加入者の37%が肥満 脂質や血圧など複数のリスク 健保連調査
2017年08月09日
がん患者の家族が経験する葛藤の実態 がん患者支援に向けた調査結果
2017年08月09日
週3~4回の「飲酒」が糖尿病リスクを低下 アルコールは糖尿病に良い?
2017年08月09日
「味噌」に血圧の上昇を抑える効果 日本型の食事スタイルを再評価
2017年08月09日
受動喫煙により大動脈疾患リスクが2倍超に増加 家庭外の受動喫煙は深刻
2017年08月09日
ミカンのポリフェノールに緑内障の改善作用 酸化ストレスから網膜を保護
2017年08月04日
【健診・予防3分間ラーニング】サンプル動画3タイトル公開中~
2017年08月03日
【健やか21】渡航者向けの「麻しん」の予防啓発活動
2017年08月03日
2015年度の特定健診の実施率は50.1% 特定保健指導は17.5%で伸び悩み
2017年08月03日
【連載更新】課題解決のための取組み「ゆりかごタクシー」「ベビー防災」
2017年08月02日
「ウォーキングの格差」が世界規模で拡大 スマホで世界111ヵ国を調査
2017年08月02日
適量のアルコールでも脳には悪影響が 海馬の萎縮リスクが3倍以上に
2017年08月02日
糖尿病の医療費の節約志向が高まるアメリカ 5人に1人が受診を回避
2017年08月02日
犬の散歩は運動になるか? 運動不足を解消するのに効果的である可能性
2017年08月02日
日本の脳卒中の発症者は年間29万人 半分以上が死亡や介護が必要な状態に
2017年08月01日
「熱中症を防ぐ!」へるすあっぷ21 8月号
2017年07月28日
【健やか21】企業主導型保育事業(内閣府)/健康寿命をのばそう!アワード
2017年07月27日
【連載更新】 ワンコイン健診の挑戦(ケアプロ株式会社)
2017年07月26日
20歳から体重5kg増加は健康リスク 体重を増やさない10の方法
2017年07月26日
高齢者対象の「高血圧診療ガイドライン」 高齢者の降圧には注意が必要
2017年07月26日
がんサバイバーたちの「生きる力」を表現 がんと生きる、わたしの物語
2017年07月26日
糖尿病の最新全国ランキングを発表 ワーストは青森県 ベストは愛知県
2017年07月26日
都道府県の健康格差が拡大 寿命で3.1歳、健康寿命で2.7年の格差
2017年07月26日
日本人3,554人の全ゲノム情報を解読に成功 日本人のゲノム医療に期待
2017年07月26日
日常診療におけるバイオマーカーとしての尿中L-FABPの有用性と可能性
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,325 人(2017年08月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶