オピニオン/保健指導あれこれ
がん患者さんのアピアランス・サポート
みなとアピアランス・サポート相談室(一般社団法人アピアランス・サポート東京)

No.2 「アピアランスケア」と「アピアランスサポート」

一般社団法人アピアランス・サポート東京
みなとアピアランス・サポート相談室 室長
村橋 紀有子

「アピアランスケア」と「アピアランスサポート」についての考え方

 アピアランスケアとは、国立がん研究センター中央病院アピアランス支援センター編集の「臨床で活かすがん患者のアピアランスケア」によると「医学的・整容的・心理社会的支援を用いて、外見の変化を補完し、外見の変化に起因するがん患者の苦痛を軽減するケア」とされています。

 したがって、例えばウイッグの調整といった個別具体的な支援方法はアピアランスケアの手段のひとつであり、アピアランス支援、もしくはアピアランスサポートといった表現で区別する方が、より理解しやすいように思います。

 アピアランスケアは、患者の個人情報をもとに疾患に対する深い理解を持つ医療者が、アピアランス支援全体のコーディネートを行い、必要に応じてアピアランスサポートの具体的な技術の提供を美容専門家などとの連携で実施していくことが望まれます。

「アピアランスケア」の流れについて

 現在、みなとアピアランスサポート相談室では、病院内のがん相談室においては、がん看護専門看護師と美容師がペアで患者さんの外見に関する相談を受けています。

 相談はおひとりずつ個別に行い、相談の内容に応じて医療者と美容師が連携しながらアピアランスサポートの実施についてプランを練ります。

病院を経由しないご相談は、技術的な支援、情報提供に限定


(みなとアピアランス・サポート相談室HP)
どんなウィッグが良いの?カットは?など具体的なアドバイスができます

 病院からの紹介ではなく、患者さんからアピアランスサポート相談室に直接ご連絡をいただく場合は、ウイッグやネイルといった個別具体的なアピアランスサポートの技術的な支援、情報提供に限定して行います。

 それ以外の医療に関わる相談、例えば病院、治療方針や経過、医師、看護師などに関する話に関しては、担当医や看護師にご相談するようにお話をして、不確かな情報やアドバイスの提供によって患者の不利益につながらないように注意をしています。

 医療的な支援は除くため限定的にはなりますが、美容の専門家としてのアドバイスはしっかりできますので、「病院に行くほどではないのだけど…」と考えている方にも足を運びやすい場所になっていけたらと思っています。

最も多いご相談は「髪の毛」のこと

アピアランスサポート相談で最も多いものは、脱毛に関するものです。

 具体的なサポート例としては、治療後、カットとストレートパーマができるかどうかのご相談がありました。その方は、伸びてきた髪がアフロヘアのようになり、悩んでいました。相談のあと、相談室内でストレートパーマとカットをしました。その日は思い切って、いつも使用していたウィッグをとり、ショートヘアに似合うイヤリングをいくつか買って帰ったと後日ご報告いただきました。外見ケアは病気により失った自信を取り戻すことに繋がります。

 サポート相談室に自ら足を運ばれる患者さんは、脱毛による心理的社会的な苦痛を強く感じている患者が多く、その苦痛の本質は、脱毛が自分に病気や死を思い起こされること、自分の身体イメージが変化したことへの違和感、社会における関係性(人間関係)が変化してしまうことへの不安などがあるとされています。

 みなとアピアランスサポート相談では、このような悩みを持つ患者さんに、どのように対処していくかを一緒に考え、QOLをより良くするためのサポートを行います。

著者プロフィール

  • 村橋 紀有子
    一般社団法人アピアランス・サポート東京
    みなとアピアランス・サポート相談室 室長

    経 歴

     電気パーマネントの国産機を開発した祖父から3代続く老舗美容室に嫁ぎ、サロン独自の「彫刻的カット技法」やフェイシャル技術など 伝統的美容技術を基礎から習得し、美容師として多くの経験を持つ他、スキンケアやマッサージ等の外見に関わる様々な資格を取得。平成28年10月港区と「がん患者への支援に関する連携協定」を締結し、外見(アピアランス)のケアに関する相談窓口として、みなとアピアランス・サポート相談室を開設。室長としてアピアランス・サポートを行っている。

    みなとアピアランス・サポート相談室
    美容室エステインターナショナル

「働く人のがん対策」に関するニュース

2018年01月17日
ヘルスケア領域のソーシャルインパクトボンド導入ノウハウ集を作成~日本総研
2018年01月05日
[ 2/7 市民公開講演会参加者募集中!] 全国生活習慣病予防月間2018
2018年01月04日
オピニオン 2017年にスタートした連載まとめ
2018年01月04日
2017年ニュース記事 Top10
2017年12月27日
【健康啓発4コマ漫画】サンプル「スルフォラファン」「男性の乳がん」
2017年12月21日
「電子たばこ」は禁煙の成功率を低下させる 禁煙治療を遠ざけるおそれ
2017年12月21日
尿1ミリリットルで「がん診断」 簡単な検査でがんを早期発見
2017年12月14日
「腸内環境」を整えアンチエイジング 腸内細菌の多様性が長寿の秘訣
2017年12月07日
糖尿病と肥満が80万人のがんの原因に 肥満が原因のがんは54万例
2017年11月29日
「ウォーキング」で重要なのは継続 少し歩いただけで健康効果を得られる

最新ニュース

2018年01月19日
災害時の栄養バランスを考える「大震災を生き抜くための食事学」(第23回日本災害医学会ランチョンセミナー)
2018年01月18日
高齢者独居が4人に1人に 進む未婚・少子化 日本の世帯数の将来推計
2018年01月18日
「社会的つながり」が多いと認知症リスクが46%低下 国立長寿センター
2018年01月18日
たばこが原因で103万人が病気に 医療費は1.5兆円 受動喫煙では3200億円
2018年01月18日
ネットゲーム依存は「ゲーム障害」 WHO「国際疾病分類」に掲載
2018年01月18日
犬・猫からの感染症「コリネバクテリウム・ウルセランス」 死亡例も
2018年01月17日
【書籍プレゼント】『「はたらく」を支える!女性のメンタルヘルス』を2名様にプレゼント
2018年01月17日
ヘルスケア領域のソーシャルインパクトボンド導入ノウハウ集を作成~日本総研
2018年01月16日
コンビニの食品選びを伝授! 「コンビニごはんガイド」4種
2018年01月15日
東京都が「感染症対応力向上プロジェクト」の参加企業を募集
2018年01月12日
【健やか21】母子保健に関する活動をしている応援メンバー募集中!
2018年01月11日
糖尿病3分間ラーニング、いま話題の〈血糖トレンド編〉公開
2018年01月11日
「特定保健指導」を受けると医療費が2割安く 全ての年齢階級で有意差
2018年01月11日
緑色の葉物野菜を毎日食べると認知能力の衰えを抑えられる
2018年01月11日
乳児には大人との身体接触が必要 社会的な絆を強め脳の発達に影響
2018年01月11日
腕帯の要らない「カフレス」血圧測定を開発 血圧変化を「見える化」
2018年01月11日
管理栄養士の9割が「おやつを食べる」 食べたときは次の食事で調整
2018年01月10日
【参加者募集】 乳がんサバイバーの婚活セミナー@横浜「この経験を、恋愛・婚活・結婚生活にどう活かすか?」
2018年01月09日
大人の風しん抗体検査とワクチン接種を呼びかけ~東京都福祉保健局
2018年01月05日
[ 2/7 市民公開講演会参加者募集中!] 全国生活習慣病予防月間2018
2018年01月05日
産業保健に特化 「働く人のための健康づくりシリーズ」10教材を紹介
2018年01月04日
オピニオン 2017年にスタートした連載まとめ
2018年01月04日
2017年ニュース記事 Top10
2018年01月04日
「第2期データヘルスに向けて 今求められるコラボヘルス」へるすあっぷ21 1月号
2017年12月28日
【健やか21】7言語による動画『外国人住民のための日本の子育てシリーズ』
2017年12月27日
【健康啓発4コマ漫画】サンプル「スルフォラファン」「男性の乳がん」
2017年12月25日
年末年始の海外旅行前や帰国後に活用を!東京都の感染症予防ガイド
2017年12月21日
特定健診の実施率は50.1% 保健指導は17.5% ともに目標達成は困難
2017年12月21日
産業医の8割が「メンタルヘルス不調・過労対応に自信がない」
2017年12月21日
「電子たばこ」は禁煙の成功率を低下させる 禁煙治療を遠ざけるおそれ
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,740 人(2018年01月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶