オピニオン/保健指導あれこれ
働く人のがん対策

乳がん発見から治療・生活・食事・仕事まで

かまくら乳がんセンター センター長
土井 卓子

「乳がん」と言われたら、どうすればよいでしょう?

頭の中が真っ白になってしまい、何も考えられなくなってしまうかもしれません。

乳がんは日本女性がかかりやすい悪性疾患の第一位です。どんな人が乳がんに罹りやすく、どうすれば少しでもかかりにくくできるのでしょうか?早期発見のために検診はどのように受ければよいのでしょうか?万一、検診で異常が判明したら、病院ではどのような精密検査をして、診断をするのでしょうか?

また、癌と診断されたら、どのように治療するのでしょうか?仕事を辞めなくても良いのでしょうか?

乳がんと上手に向き合う方法、上手に超えてゆく方法をお伝えしたいと思います。仕事場でもまわりの方のちょっとした協力があれば、治療と仕事を無理なく両立できます。がんに罹った方も、ご家族も、周囲の方も上手に乳がんを超えてゆきましょう。

プロフィール

  • 土井 卓子
  • 土井 卓子
    かまくら乳がんセンター センター長

    経 歴

    横浜市立大学医学部卒業、横浜市立大学医学部付属病院で研修後、済生会横浜市南部病院、独立行政法人国立病院機構横浜医療センターなどを経て、2009年よりかまくら乳がんセンターを立ち上げる。

    平成23年かまくら乳がんセンターの センター長として、医師、看護師だけでなく、薬剤師、体験者コーデイネーターやリンパ浮腫ケアースタッフを組み込んだ乳がん治療チームの組織、また形成外科と連携した乳房再建などの総合的な乳腺治療を目指す。 そうした診療活動の一方で乳がん啓蒙のため、さまざまなメディアの出演や講演活動、執筆も数多くこなす。

「働く人のがん対策」に関するニュース

2021年02月24日
「健康寿命延伸のための提言」を公開 横断的根拠にもとづき具体的にアドバイス 国立がん研究センターなど6機関が連携
2021年02月10日
「がんになっても笑顔で暮らせる社会」 がんサバイバーのためのプロジェクト「LAVENDER RING」 206人の向き合い方をフォトブックに
2021年02月09日
がん治療と仕事を両立する「がんサバイバー労働者」 働けていることに幸福感 就労復帰後も健康感などを向上させるサポートが必要
2021年02月03日
コロナ禍と休養!「全国生活習慣病予防月間2021」Web講演会(無料、プレゼント有)がスタート!
2021年01月26日
人工知能(AI)を活用して大腸がんを高精度に発見 医師とAIが一体となり、がん検査の見逃しをなくす
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月22日
1月23日は、健康生活習慣『一無、二少、三多』の日です。 「全国生活習慣病予防月間2021」は2月1日よりスタートします!
2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ"栄養のすすめ"-ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!-Web配信中!健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2021年01月12日
「性感染症」のセルフチェックができるスマホアプリを開発 感染の可能性があるときは医療機関の検索も 順天堂大学
2021年01月12日
「乳がん」を早期発見するための画期的な検査を開発 女性3000人の「マイクロRNA」を測定 臨床試験を4道県で開始
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,484 人(2021年02月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶