オピニオン/保健指導あれこれ
働く人のがん対策

乳がん発見から治療・生活・食事・仕事まで

かまくら乳がんセンター センター長
土井 卓子

「乳がん」と言われたら、どうすればよいでしょう?

頭の中が真っ白になってしまい、何も考えられなくなってしまうかもしれません。

乳がんは日本女性がかかりやすい悪性疾患の第一位です。どんな人が乳がんに罹りやすく、どうすれば少しでもかかりにくくできるのでしょうか?早期発見のために検診はどのように受ければよいのでしょうか?万一、検診で異常が判明したら、病院ではどのような精密検査をして、診断をするのでしょうか?

また、癌と診断されたら、どのように治療するのでしょうか?仕事を辞めなくても良いのでしょうか?

乳がんと上手に向き合う方法、上手に超えてゆく方法をお伝えしたいと思います。仕事場でもまわりの方のちょっとした協力があれば、治療と仕事を無理なく両立できます。がんに罹った方も、ご家族も、周囲の方も上手に乳がんを超えてゆきましょう。

プロフィール

  • 土井 卓子
  • 土井 卓子
    かまくら乳がんセンター センター長

    経 歴

    横浜市立大学医学部卒業、横浜市立大学医学部付属病院で研修後、済生会横浜市南部病院、独立行政法人国立病院機構横浜医療センターなどを経て、2009年よりかまくら乳がんセンターを立ち上げる。

    平成23年かまくら乳がんセンターの センター長として、医師、看護師だけでなく、薬剤師、体験者コーデイネーターやリンパ浮腫ケアースタッフを組み込んだ乳がん治療チームの組織、また形成外科と連携した乳房再建などの総合的な乳腺治療を目指す。 そうした診療活動の一方で乳がん啓蒙のため、さまざまなメディアの出演や講演活動、執筆も数多くこなす。

「働く人のがん対策」に関するニュース

2019年10月23日
「がんサバイバーのための運動ガイドライン」を発表 運動はがん患者の不安や苦痛を軽減する
2019年10月15日
乳がんとアピアランスケアに関する意識調査 外見のケアに悩むがんの女性は多い
2019年10月08日
アピアランスケアを解説したリーフレットを作成 がん患者の自分らしい生活を支援
2019年10月01日
乳がんサバイバーの健康をスマホのアプリが改善 栄養士や医師にリアルタイムでアクセス
2019年09月27日
9割の事業所で受動喫煙対策に取り組むも、さらなる徹底を 厚労省労働安全衛生調査
2019年09月25日
大豆イソフラボンが乳がんサバイバーの骨粗鬆症を減少 乳がん治療が骨密度を低下
2019年08月27日
「乳がん」の再発を防ぐ治療法の開発に道 乳がん細胞の弱点をみつける研究
2019年08月21日
喉頭・胆のう・腎・腎盂尿管癌の3年生存率を初集計 国立がん研究センター
2019年08月20日
高脂肪の肉が「乳がん」リスクを上昇 代わりに低脂肪の鶏肉を食べるとリスクは減少
2019年08月09日
「乳がん」を早期発見 唾液をAIで高精度に検査 低コストな測定方法の開発へ
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶