オピニオン/保健指導あれこれ
女性のライフステージと、体と心の健康運動

No.3 中年期の健康運動の考え方 ~ありたい体と心を創る~

ブレインラボカマクラ 代表
パーソナルフィットネストレーナー(NESTA認定)
健康運動指導士(健康・体力づくり事業財団認定)
前田 有美
 平均寿命の延伸、医療技術の革新などに伴い、昨今、頻繁に「人生100年時代」と言われています。100年時代の人生戦略に関するビジネス書がベストセラーになっていますが、「人生100年」というキーワードは多くの世代の眼に止まる機会となっています。今の生き方や生活の現状を鑑み、そして、これからの生き方について考え、行動していこうという意思の表れかもしれません。

中年期、改めて考える「自身の健康」

 さて、人生100年として、中年期(40~64歳)にフォーカスを当ててみましょう。この期間は約25年ですが、まさしく、人生の折り返しに差し掛かる時期になります。折り返しを経て、自分の人生を「新たに」あるいは「改めて」デザインし(例:私は○○な毎日にしたい、私は○○(誰)と○○をして過ごしたい、私は○○すると時間を忘れて楽しむことができる、私は○○をして今まで以上に元気に幸せになりたい)、その実現に向けて、「ご自身の健康」を創り上げていく絶好の時期だと私は考えています。

 しかしながら、後にご紹介しますが、女性にとっての中年期は、心身および環境の変化が多くかつ激しい時期といっても過言ではありません。そこで、女性の中年期に生じるイベントを様々な観点から全体的に捉え、理解することが大切になります。なぜなら、中年期の25年間を自分自身が望む健康な姿や体と心の状態を創る備えをし、可能であれば、少しずつありたい姿で行動していく期間にして頂きたいからです。

 では、中年期に生じる種々の変化と対策のポイントについては、下記の図でご確認ください(本内容は一般的であり、個人差や個体差があることをあらかじめご理解ください)。

 くれぐれも間違いがないように、繰り返しお伝えしたいのですが、これらのライフイベントや体と心の変化を紹介することで、皆様に不安や心配、恐怖心を煽っている訳ではありません。個人差や個体差がありますが、これらのイベントや変化が起こった時、あるいは起こる前に、私はこれからどのような毎日を送れば、穏やかにあるいは楽しく過ごせる、また、体も気持ちも元気になるのかといった風に、あくまで、心身ともに「ポジティブな健康づくり」を目指して頂きたいです。

 一例ですが、「体の痛みや違和感を少しでも減らして、体が自由に動ける日を増やそう!」「仕事と趣味を楽しむアクティブな毎日を送りたいから、疲れが溜まらないように今の体力を底上げしてみよう!」といった感じです。痛みや違和感、だるさといった不調を減らし、本来ある体と心の状態にする(マイナスからゼロの状態へ)だけでなく、そこから自分はどうありたい!とポジティブな姿を是非とも考えて頂きたい(ゼロからプラスの状態へ)と思います。重要なポイントは、「より自分らしくあること!」です。もしかしたら、「自分らしさとは何?」と考え込んでしまう方もいらっしゃるかもしれません。自分なりの回答が見つからない場合は、数名の近しい方々に尋ねてみてはいかがでしょうか。

 最後に、過去に行った中年期の女性を対象にした減量を目的とした運動や身体活動に関する研究についてご紹介します。

 肥満中年女性27名(平均年齢:56.9歳, 平均体脂肪率:36.1%)を対象に、減量を目的にした10週間のトレーニング教室(筋力トレーニングと有酸素性トレーニングの両者を行う)を行いました。食事に関しては開始前に集団指導とトレーニング期間中1,800kcal/日を摂取することを目標に設定したのみです。トレーニング終了後に身体的要素では体重と体脂肪量が有意に減少し、太ももなどの筋横断面積については有意な増大、および血清脂質の有意な改善が認められました。

 また、精神的要素についても不安(STAI)と精神健康度(GHQ28)を調査しました。その結果、不安を構成する特性不安や状態不安、および精神健康度に含まれる項目のひとつである、社会的活動障害がトレーニング終了後、有意に改善しました。これらの結果から、肥満中年女性を対象にした複合トレーニングは、身体および精神の両要素に効果をもたらす可能性があります(※1)。

 健康な中年女性9名(平均年齢:49.3歳, 平均BMI:26.9kg/m2, 平均体脂肪率:38.0%)を対象にした減量プログラム(10回の食事および歩行、家事や移動などの日常生活の身体活動に関する講義とプログラム期間中の両者の実践)を実施しました。プログラム終了後には、体重:平均-5.3±2.9kg、体脂肪量:平均-4.9±2.9kg、腹囲(臍位):平均-7.1±3.3cmといった有意な減少効果がありました。

 また、更年期指数(SMI)を用いて調査したところ、開始前:平均35.2±20.4点から終了後:平均28.4±19.3点へと併記-6.8±7.7点の有意な減少がありました。食事と身体活動の組み合わせのプログラムになりますが、軽度の更年期症状の場合、程度が悪化せずに軽い症状のまま日常生活を送れる可能性があります(※2)。

 いずれの研究成果も、運動や身体活動(食事や栄養面での介入を含む)を実施することで、中年期、特に閉経以降に生じやすい肥満や高脂血症といった生活習慣病に関連する項目、また、精神健康度や更年期症状に関連する項目の改善をもたらしました。体と心の状態の改善には個人差がありますが、実施直後に効果を実感できるものもあれば、変化するのに数ヶ月程度を要するものもあります。自分の体力や生活状況に合った運動内容を選択し実践すれば、効果が得られ、継続が可能になります。そして、運動の継続には、同じ目的や志を持つ仲間、目的や志を理解し、応援してくれる指導者の存在が鍵になります。是非、約25年間の中年期に時間をかけながら健康運動を習慣化し、生活や人生を自分らしく変えながら、高齢期を幸せに元気に迎えて頂きたいと思います。

※1:「肥満中年女性における複合トレーニングの実施が身体的および精神的要素に及ぼす効果」, 前田 有美他, 女性心身医学, 12巻3号, pp.481-491.

※2:「肥満更年期女性の減量プログラムの実施が減量および更年期症状に及ぼす効果」, 前田 有美他, 第37回日本女性心身医学会 学術集会(2008年7月)にて発表

「運動/身体活動」に関するニュース

2019年01月15日
糖尿病腎症の重症化予防 保健師・管理栄養士・薬剤師が連携 先進的な取組みを紹介 厚労省
2019年01月08日
高齢者の肥満症のガイドラインを公開 認知症やADL低下の観点を付加 日本老年医学会
2019年01月08日
「冷え性」を克服するための6つの改善策 足の冷えに動脈硬化が隠れていることも
2019年01月07日
保健指導リソースガイド 2018年に読まれた記事ランキング・ベスト20
2018年12月26日
連休の夜更かし朝寝坊が体調不良の原因? 朝型生活でメタボや糖尿病のリスクを低下
2018年12月26日
学生時代の運動歴が将来の健康を左右? 大学時代のスポーツ経験が影響
2018年12月19日
肥満や病気の予防を「まちづくり」から推進 健康になるための「都市デザイン」とは 千葉大と竹中工務店
2018年12月19日
転倒経験がある高齢者は、自転車での転倒発生率も高い 肥満も転倒の要因に
2018年12月12日
手軽な運動で筋内脂肪を減少 「ウォーキング+筋力トレーニング」がもっとも効果的
2018年12月12日
保健指導にインセンティブを 世界の1億人の運動量を増やす「Vitality」の戦略

最新ニュース

2019年01月16日
慢性腎臓病(CKD)対策 透析を防ぐために「睡眠」の改善が必要 大阪大
2019年01月16日
産後うつと関連して対児愛着が悪くなる 母親を早期支援し「ボンディング障害」を予防
2019年01月15日
糖尿病腎症の重症化予防 保健師・管理栄養士・薬剤師が連携 先進的な取組みを紹介 厚労省
2019年01月15日
乳がん手術の革新的な診断技術を開発 迅速・簡易な検査で「乳がんの取り残しなし」
2019年01月15日
アルコール依存症の飲酒量を低減する薬が登場 飲酒の1~2時間前に服用
2019年01月10日
【先着順申込み受付中!】 2/6 市民公開講演会 全国生活習慣病予防月間2019
2019年01月10日
【健やか21】ピアサポーター養成講座受講生の募集について(難病のこども支援全国ネットワーク)
2019年01月09日
「働き方改革と健康経営」へるすあっぷ21 1月号
2019年01月09日
【産保PC第7回(2018年度 第3回)レポート】職場巡視~ありのままの現場を見られる産業保健師になる~
2019年01月08日
高齢者の肥満症のガイドラインを公開 認知症やADL低下の観点を付加 日本老年医学会
2019年01月08日
大人のがん教育を始めよう がん患者の就労問題に取り組む企業を支援 がん対策推進企業アクション
2019年01月08日
がん終末期患者の3割が「苦痛あり」 介護など家族の負担も大きい 国立がん研究センター調査
2019年01月08日
「冷え性」を克服するための6つの改善策 足の冷えに動脈硬化が隠れていることも
2019年01月07日
保健指導リソースガイド 2018年に読まれた記事ランキング・ベスト20
2019年01月04日
妊娠~子育て期にだれもが切れ目ない支援を受けられるように―成育基本法が成立
2019年01月04日
厚労省が医療的ケア児と家族を支えるサービスの事例紹介の報告書を作成
2019年01月03日
IT導入で「障がい者雇用の可能性を広げる」期待高まる―野村総研調査
2018年12月26日
連休の夜更かし朝寝坊が体調不良の原因? 朝型生活でメタボや糖尿病のリスクを低下
2018年12月26日
認知症の発症を予想する新たなマーカーを発見 久山町研究の成果 九州大学
2018年12月26日
がん患者のための情報サイトを公開 就労や生活上の課題などの情報が中心
2018年12月26日
学生時代の運動歴が将来の健康を左右? 大学時代のスポーツ経験が影響
2018年12月26日
慢性腎臓病(CKD)患者はBMIが高値だと生命予後が良好 2万6,000人を調査
2018年12月21日
【健やか21】「アドバンス助産師1万2,000人に」日本助産評価機構が新たに992人認証
2018年12月20日
経団連の「働き方改革事例集」掲載企業の取り組み② ~仕事と育児・介護の両立支援 編~
2018年12月20日
経団連の「働き方改革事例集」掲載企業の取り組み① ~健康経営・健康増進活動の展開 編~
2018年12月19日
肥満や病気の予防を「まちづくり」から推進 健康になるための「都市デザイン」とは 千葉大と竹中工務店
2018年12月19日
「糖尿病リスク予測ツール」を公開 3年後の糖尿病発症リスクを予測 国立国際医療研究センター
2018年12月19日
果物は肥満・メタボに良いのか悪いのか? 果物の健康効果を科学的に検証
2018年12月19日
「10の食品群」の栄養バランスをチェックできる無料アプリ 東京都健康長寿医療センターなど共同開発
2018年12月19日
転倒経験がある高齢者は、自転車での転倒発生率も高い 肥満も転倒の要因に
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,762 人(2018年12月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶