ニュース

3月13日は「世界腎臓デー」慢性腎臓病(CKD)の啓発に役立つ教材を紹介

 毎年3月の第2木曜日は、増え続ける腎臓病を抑えるため「世界腎臓デー」と定められました。今年は13日で、この日を中心に、腎臓病の治療と対策を啓発するイベントが各地で展開されます。2014年のテーマは「慢性腎臓病(CKD)と高齢化(Chronic Kidney Disease (CKD) and aging)」です。

 腎臓病は、生活習慣の改善(禁煙、減塩、肥満の改善など)や薬物療法により、進行を防ぐことができる病気ですが、現状では腎臓病患者は増加傾向にあります。腎臓病の早期発見と対策のために「慢性腎臓病(CKD)」という新しい病気の概念もうまれました。

 「慢性腎臓病(CKD)」は、腎臓の働きが健康な人の60%以下に低下するか、あるいはタンパク尿が出るといった腎臓の異常が続く状態をいいます。現在、日本には約1,330万人のCKD患者がいるとされており、これは、成人の約8人に1人にあたる数です。

World Kidney Day
認定NPO法人 腎臓病早期発見推進機構(IKEAJ)
日本慢性腎臓病対策協議会(J-CKDI)

慢性腎臓病(CKD)の啓発に役立つ教材
(保健指導マーケット)
 「保健指導マーケット」は、慢性腎臓病(CKD)に関する啓発・指導用教材を約27点掲載しています。今回はその中の一部をご紹介します。

「肝腎かなめの腎臓とは?(CKD)」
(健康メモ・指導箋)

「知ってあんしん!CKD(慢性腎臓病)予防」
(健康メモ・指導箋)

「気になるCKD(慢性腎臓病)」(ポスター)
「腎臓」(ポスター)

関連教材一覧へ

 一般社団法人日本家族計画協会(JFPA)が、制作・販売する保健指導用・健康事業用の教材を約2,800点を掲載しています。糖尿病や高血圧などの生活習慣病や、メンタルヘルス、食事・運動指導などのキーワード検索、配布・掲示など使用したい用途に合わせたカテゴリー検索などで、目的にあった教材を探すことができます。

保健指導マーケット

[soshinsha]

「健診・検診」に関するニュース

2019年12月12日
厚労省が「高齢者の特性を踏まえた保健事業ガイドライン第2版」を公表
2019年12月11日
抗菌薬・抗生物質が効かない「薬剤耐性菌(AMR)」 年間8,000人超が死亡 対策は進んでいる
2019年12月11日
「ドライアイ」で苦しむ人は働き盛り世代に多い スマホを利用した「クラウド型臨床研究」で明らかに
2019年12月11日
「よく噛んで食事をする」と食後の血糖上昇を抑えられる 「よく噛む」食事法は朝と夜で効果に差が
2019年12月10日
通勤手段で肥満・メタボに対策 徒歩・自転車・公共交通が有利 日本の労働者3万人を5年間調査
2019年12月10日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 入浴中の事故死は冬に集中 血圧変動に注意
2019年12月05日
働く世代の仕事と健康管理に変化が起きている 厚労省「成年者縦断調査」「中高年者縦断調査」
2019年12月05日
健診結果から3年以内の糖尿病発症リスクを予測 国際医療研究センター「糖尿病リスク予測ツール」
2019年12月05日
【健やか21】改正母子保健法が成立しました
2019年12月04日
睡眠不足が肥満やメタボを悪化させる 脂質代謝にも異常が 睡眠を改善する3つの方法
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 9,696 人(2020年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶