ニュース

2011年度の特定健診実施率は44.7%、すべての保険者で向上

 厚生労働省は、2011年度の「特定健康診査・特定保健指導の実施状況」について、確報値を取りまとめ公表した。

 2011年度の特定健康診査の実施率は44.7%で、2010年度確報値(43.2%)と比べ1.5ポイント上昇した。対象者数は約5,253万人、受診者数は約2,347万人だった。

 特定保健指導は、対象者約427万人で健診受診者に占める割合は18.2%。そのうち、特定保健指導を終了した人は約64万人で、保健指導対象者に占める割合は15.0%、2010年度確報値(13.1%)に比べ1.9ポイント向上した。

 保険者ごとに実施率をみると、特定健診はすべての保険者において2010年度より向上していた。特に、健保組合 69.2%や共済組合 72.4%は、ともに7割前後と高い。一方、市町村国保 32.7%や国保組合 40.6%、協会けんぽ 36.9%、船員保険 35.3%は3~4割と低く二極構造が続いているのが現状だ。

 特定保健指導についても、前年度と比べすべての保険者で向上した。特に、市町村国保が19.4%と2割近くになり最も高い。また、協会けんぽは11.5%と前年度(7.4%)から4.1ポイント向上した。依然として、10%未満の保険者はあるものの、年々実施率は伸びている傾向にある。

2011年度 実施状況(確報値)のポイント
1. 特定健康診査の実施率
・特定健康診査の対象者数は約5,253万人(2010年度確報値約5,219万人)
・受診者数は約2,347万人(同2,255万人)
・実施率は44.7%(同43.2%)

2. 特定保健指導の実施率
・特定保健指導の対象者数は約427万人(2010年度確報値約413万人)
・健診受診者に占める割合は18.2%(同18.3%)
・特定保健指導の終了者数は約64万人(同54万人)、保健指導対象者に占める割合は15.0%(同13.1%)

3. メタボリックシンドロームの該当者及び予備群の割合
・約629万人で割合は26.8%(2010年度確報値約596万人、割合26.4%)

「平成23年度 特定健康診査・特定保健指導の実施状況(確報値)」(厚生労働省)
実施状況の詳細 集計表(厚生労働省)

[soshinsha]

「特定保健指導」に関するニュース

2019年10月16日
わずか3%の減量で肥満・メタボを改善 肥満解消のための実践的取組みを紹介 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年10月16日
「大豆」が血糖値やコレステロール値を低下 大豆を使用した代替肉が米国で人気
2019年10月16日
糖質の多い甘い飲料が肥満・メタボを悪くする 内臓脂肪が増え脂質代謝のリズムも乱れる
2019年10月15日
【PR】【プレゼント】驚きのふっくらもちもち食感!「糀入りもちもち玄米」サンプル12パック 栄養指導にも大活躍!
2019年10月15日
乳がんとアピアランスケアに関する意識調査 外見のケアに悩むがんの女性は多い
2019年10月11日
【新連載】 おいしく・健康になる「間食」ライフ ヘルシースナッキング実践ガイド
2019年10月08日
地域保健と職域保健の連携を強化 これからの地域・職域連携推進の在り方に関する検討会が報告書
2019年10月08日
アピアランスケアを解説したリーフレットを作成 がん患者の自分らしい生活を支援
2019年10月08日
運動が身体の炎症・老化を抑制するメカニズムを解明 骨に加わる力が炎症を抑制
2019年10月08日
「粗食が大切」は寿命の短縮をまねく 高齢者の2人に1人が「フレイル」の疑いあり
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶