ニュース

母国語で学ぶ糖尿病 日本語がわからない外国人患者さんへ

糖尿病リソースガイドでは、海外から訪れた外国人の患者さんをサポートするための新コーナー「母国語で学ぶ糖尿病―日本語がわからない外国人患者さんへ―」をオープンしました。

 2013年に日本を観光で訪れた外国人は1,125万人と過去最高を記録したそうです。ビジネスや留学のために中長期的に滞在される人も多くなってきました。特にアジア諸国をはじめ、欧州、南米など、英語圏以外から来日される方が増え、「日本語も英語もダメ、話せるのは母国語だけ」という方も多くいらっしゃいます。

 その中には糖尿病をもつ方も多く、いざという時に医療機関を訪れても、患者側も医療スタッフ側も戸惑うことが増えてきました。

 新コーナー「母国語で学ぶ糖尿病」では、各国の糖尿病協会や学会、公共機関などの情報を中心に、患者さんを指導する際に役立つ情報サイトを収集しまとめました。現在掲載している言語は、ポルトガル語、スペイン語、フランス語、ヒンディー語、インドネシア語、中国語、韓国語、英語。他の言語についても、今後、徐々に増やしていく予定です。

 外国人の患者さんが来院されて、言葉に困ったときや、指導用ツールとしてご活用いただけます。

 なお、当コーナーでは、広く皆様からの情報を募集しています。ここに掲載している情報の他にも、各国語のサイトや問診事例、広く公開・共有してもよい説明資材などがありましたらご連絡いただきますよう、お願いいたします。

[soshinsha]

「健診・検診」に関するニュース

2021年06月29日
産業保健師活用テキスト『産業保健師がいること』のご紹介
2021年06月28日
【生活習慣病の医療費】トップは入院では「脳血管障害」、入院外では「糖尿病」 特定健診と特定保健指導が重要 健保連
2021年06月01日
実行しやすい健康改善プランを提案するAI(人工知能)を開発 健診データから1人ひとりに最適なプランを選択
2021年06月01日
日本の代表的な6研究機関が連携 36.6万人規模のゲノムコホートを構築 「個別化医療・個別化予防」の早期実現を目指す
2021年05月26日
2021年度版【保健指導アトラス】を公開!保健指導に携わる人が知っておきたい法律・制度
2021年05月20日
【オピニオン新連載】緊急事態宣言下で前進した特定保健指導のオンライン化と働き方 ―総合健康保険組合の取り組み―
2021年05月18日
心理的ストレスが腸内細菌を乱すメカニズムを解明 うつ病に腸内細菌叢が大きく関わっている 「脳腸相関」を解明
2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年05月10日
「腸内環境」は植物性食品で整えられる 肥満やメタボの人は「腸内エコシステム」が乱れやすい
2021年05月10日
【新型コロナ】リモートワークで生活リズムが乱れ睡眠不足に 自然光の変化に合わせた室内照明で睡眠の質を向上
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年08月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶