ニュース

糖尿病の検査 HbA1c検査をできるだけ早くから始めると効果的

 糖尿病予備群の段階で、HbA1cの検査を定期的に行うと、糖尿病の発症を早期に予測できるという研究が発表された。「現在はHbA1cが正常域にある人も、年齢が45歳を過ぎたら、検査を毎年受けることが大切です」と、研究者はアドバイスしている。
「HbA1c 6%以上」の人は糖尿病の発症率が約5倍に上昇
 HbA1c(ヘモグロビン・エイワンシー)は、過去1~2ヵ月の血糖の平均値を反映する検査値。HbA1cが6.5%以上になると「糖尿病型」と判定される。

 HbA1cは赤血球内の酸素を運ぶ主要な血色素であるヘモグロビンに血液中のブドウ糖が結合したもので、ヘモグロビン全体に対する割合であらわす。ブドウ糖が多いほどヘモグロビンとたくさん結びつくため、HbA1cの数値も高くなる。

 糖尿病の診断には血糖値、経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)などが行われているが、HbA1cは血糖値のように空腹時に測る必要もなく、食事に左右されずにいつでも検査ができるという利点がある。

 イスラエルのテルアビブ大学サックラー医学部のナタリー ラーナー氏らは、2002~2005年に、平均年齢58.25歳のイスラエル人1万201人の病歴を調査した。HbA1c値の平均は5.59%だった。全体の22.5%が、5~8年以内に糖尿病を発症した。

 糖尿病を発症した割合は、HbA1c値が4.5%だった患者に比べ、「5.5%以上、6%未満」の人で2.49倍、「6%以上、6.5%未満」の人で4.82倍、「6.5%以上、7%未満」の人で7.57倍に上昇していた。

 「HbA1c値が0.5%上昇すると、糖尿病の発症リスクは倍増することが分かりました。HbA1cが高めであることが判明したら、食事や運動などの生活習慣を見直すことが必要です。かかりつけ医をもち、自分のHbA1c値について適切なアドバイスをもらうことを勧めます」と、ラーナー氏は話す。

 現在、世界の3億8,200万人が糖尿病で、3億1,600万人が将来に糖尿病を発症する危険性の高い「糖尿病前症」と推定されている。糖尿病前症の段階でHbA1c検査を毎年受ければ、生活スタイルを改善することで、糖尿病や糖尿病合併症を高い割合で予防できるとみられている。

 HbA1cは、検査前数日間の食事や運動などの生活習慣の影響はほとんど受けず、「ごまかしが効かない」検査値といえる。その分、高血糖、さらには糖尿病を早期に発見できる可能性が高い。

 「糖尿病を診断するために使われているHbA1cによって、健康障害を引き起こす危険度がより高い者を集中的に発見し、その危険度を下げるよう働きかけるポピュレーションアプローチが可能になります」と、ラーナー氏は指摘している。

Nipping Diabetes in the Bud(テルアビブ大学 2014年1月27日)

[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2019年08月20日
米を中心にした食事はメリットが多い 食べ過ぎると糖尿病リスクが上昇
2019年08月20日
「ワークライフバランス」の改善の効果 生活満足度は女性より男性で改善 34ヵ国を比較
2019年08月20日
高脂肪の肉が「乳がん」リスクを上昇 代わりに低脂肪の鶏肉を食べるとリスクは減少
2019年08月20日
金沢大学がAIを活用した糖尿病性腎症重症化予防の共同研究を開始 日本人に最適な予防法を開発
2019年08月20日
シロタ株を含む乳製品を摂取すると便秘リスクが低減 適度な運動が加わるとさらに効果的
2019年08月15日
働き方改革 「長時間労働」が脳卒中のリスクを上昇させる 産業医の7割が「改善を感じる」と回答
2019年08月15日
「10月8日は、糖をはかる日」講演会2019 参加者募集開始!
2019年08月15日
「10月8日は、糖をはかる日」2019年写真コンテスト作品募集開始!
2019年08月15日
【健やか21】成人男性の風しん予防に向けた啓発動画作成について(厚労省)
2019年08月14日
認知症を予防するための10の方法 健康的な生活スタイルを実行すれば脳の老化を抑えられる
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶