ニュース

喫煙・受動喫煙の害の真実 禁煙指導の取り組みは重要です

 新連載「ここまで解明された喫煙・受動喫煙の害!」(村松 弘康/中央内科クリニック 院長)を公開しました。禁煙指導に取り組む筆者より、喫煙・受動喫煙の害と禁煙指導の重要性を解説します。

 喫煙は日本人の4大死因(がん、心疾患、肺炎、脳血管疾患)すべてを増やします。これにより多くの命と医療費が失われているのです。メタボ指導も良いですが、禁煙指導がいかに重要であるかを知って下さい。もう「吸わせてあげれば?」ではダメですよ!

(1) 喫煙は全身すべてのがんを増やす
 タバコの煙からは、がん抑制遺伝子p53の発現を阻害するといった、細胞レベルで発がん性が確認されている物質が70種類以上も検出されています。

 また、肺がんだけではなく、口腔内に沈着した発がん物質は喉頭・咽頭がんの原因となり、嚥下されれば食道がんの原因にもなります。さらに、発がん物質は血液を介して全身へと流れて行くために、喫煙は全身すべてのがんを増加させてしまうのです。

オピニオン「ここまで解明された喫煙・受動喫煙の害!」
禁煙指導・アルコール トップページ

[soshinsha]

「禁煙」に関するニュース

2019年08月14日
認知症を予防するための10の方法 健康的な生活スタイルを実行すれば脳の老化を抑えられる
2019年08月07日
「新型たばこ」はやはり危険 WHOが報告書「規制の対象とするべき」
2019年06月11日
7つの簡単な生活改善が糖尿病リスクを減少 4つ以上実行で80%低下
2019年05月23日
【健やか21】「なくそう!望まない受動喫煙」Webサイトの開設について(厚生労働省)
2019年05月15日
脳卒中は夏にも多い? 特定健診でも早期発見が焦点に 5月25日から「脳卒中週間」
2019年05月08日
「高血圧治療ガイドライン2019」発表 保健師など多業種の参加で高血圧に対策
2019年04月17日
日本人のたばこ依存と関連する遺伝子を発見 心疾患、COPDなど11の病気の発症リスクと相関 理化学研究所
2019年04月17日
禁煙のメリットは体重増加のデメリットを上回る 糖尿病のコントロールも改善
2019年03月06日
大阪府が「健活10」を開始 健康寿命の延伸と健康格差の縮小が目標 1人ひとりの主体的な健康づくりを促す
2019年02月19日
アルコールがんや生活習慣病を引き起こす「少酒の勧め」 全国生活習慣病予防月間2019 公開講演会 レポート
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶