ニュース

賞金5万円「全国生活習慣病予防月間2018」川柳とイラストを募集

 毎年2月の「全国生活習慣病予防月間」、今回のテーマは、健康標語である一無二少三多の"少食(腹八分目)"にフォーカスし、啓発活動を行います。

 食事療法という言葉が糖尿病、脂質異常症、高血圧の予防・治療に使われることからも、健康長寿の基本は常に食生活にあります。

 昔から「腹八分目に医者いらず」と言われているように、暴飲暴食を控えることは、身体の機能を健康な状態に維持していく上でたいへん重要です。量だけではなく、塩分・糖分の摂り過ぎにも注意が必要です。また、日々のストレスの軽減も「ストレスのせいで食べ過ぎてしまった」を防ぎ、健康な食生活に繋がります。

 今回の予防月間では、健康な食生活のために何を減らすべきか?について考え、「少食」を意識するきっかけとなるような啓発をいたします。

 少食川柳
「あなたの少食生活~何を減らしてますか?~」を募集いたします!
 毎年恒例となりました川柳(スローガン)募集を今年も実施いたします。テーマは 少食川柳「あなたは何を減らしてますか?」

 健康づくりのために、食事を控えめに心がけている人多いのではないでしょうか。

 減らすといっても、食事のボリュームをはじめ、カロリー、糖分、塩分、油分など、減らすものは人それぞれ。そして減らす目的も、ダイエット、血糖コントロール、健診データの改善など人それぞれ。

 「少食」と聞くと、食事の量を減らす、腹八分目が思い浮かびますが、健康標語「少食」には、塩分、糖分、ストレスなど、健康な毎日を送るために減らした方がいい成分や事柄も含まれます。

 減らして何か良いことありましたか?それともストレスが増えてしまった?

 あなたの少食生活の悲喜など、「少食」にまつわるエピソード、食べ過ぎの方への効果的な一言などご自身の思いやアイデアを川柳形式(5・7・5)でご応募ください。どなたでも、お1人様5作品まで応募可能です。最優秀賞には賞金5万円を贈呈!

例:
・少食で 心も身体も 軽くなり 
・減塩は ママの愛情 ガマンガマン
・ローカーボ ご飯減らして 腹が鳴る

 川柳 応募要項
  • 少食川柳「あなたは何を減らしてますか?」
  • 応募資格:どなたでも
  • 作品の規定:
    川柳形式(5・7・5)、お1人様につき各5作品まで。
    ※重複応募は無効となります、応募規約 も必ずご確認ください。
  • 応募作品数:お1人様5作品まで
  • 応募締切:2017年12月4日(月)まで。

 今年もイラスト募集します!
"健康づくりのために食生活を改善しなきゃ!"と感じさせる作品募集中!

 去年に引き続きイラストも募集します。テーマは、「健康づくりのための少食物語」

 見た人、読んだ人が"健康づくりのために食生活を改善しなきゃ!"と感じさせる、説得力を持つ作品を募集いたします。

 サイズ自由、老若男女どなたでもご応募いただけます。マンガ形式でもOKです。作品は通年、生活習慣病予防月間HPに啓発資材として掲載します。そして、地方自治体、企業、学校などの禁煙啓発に関する教材やイベントに使用されます。様々な少食イラストをお待ちしております。

 イラスト応募要項

 メールや郵送でも受け付けております。
下記の必要事項をご記入の上、ご応募ください

●メール応募
応募専用アドレス まで作品をご送付ください。
※川柳、イラスト共通。

  1. メールアドレス
  2. 氏名(フリガナ)
  3. 公開用のお名前(ペンネーム)
  4. 性別
  5. 年齢
  6. 電話番号
  7. 職業
  8. 住所
  9. 作品へのコメント
●郵送
下記住所に、必要事項と共に郵送ください。
〒105-0003
東京都港区西新橋2‐8‐11-8F (創新社内)
日本生活習慣病予防協会事務局
※川柳、イラスト共通。

【必要事項】
  1. 氏名(フリガナ)
  2. 公開用のお名前(ペンネーム)
  3. 性別
  4. 年齢
  5. 電話番号
  6. 職業
  7. 住所
  8. 作品へのコメント
  9. ※作品の返送希望の場合は返信用切手+封筒
 その他、応募について
  • 選 考:

    全国生活習慣病予防月間実行委員会(医師、メディア関係者)

  • 表 彰:

    少食川柳:「あなたの少食生活~何を減らしてますか?~」
    最優秀賞 1名・5万円、優秀賞 3名・1万円

    少食イラスト:「健康づくりのための少食物語」
    ギフトカード5千円×1名、千円×10名

    その他、各種企業・団体賞に選ばれる可能性もございます!
  • 優秀作品の発表:

    川柳(スローガン)は2018年1月末頃予定。採用者に通知するほか、当サイトおよび当協会ホームページほかで発表、イラストは特設コーナーで掲載&受賞発表。

  • 注意事項:
    1. 応募作品は未発表で自作のものに限ります。
    2. 応募いただいた作品の版権は主催者に帰属するものといたします。
    3. 作品は、ポスターなどに使用するほか、予防月間で行う事業や、主催者が必要と認めたものに活用させていただきます。
    4. イラストは表現、権利等が不適切な作品の場合、事務局判断の上、掲載をしない場合もあります。
    5. イラストは必要に応じて主催者側で加工・変更・加筆を加え掲載する場合があります。その際は事務局からご連絡致します。
    6. 応募者の個人情報は、主催者にて厳重に管理し、採用審査・当選者への連絡用途に限り使用することとし、正当な理由のない第三者への開示や、譲渡および貸与等は一切いたしません。
    7. ≫応募ルールは応募規約 も必ずご確認ください。
  • 主 催:日本生活習慣病予防協会
  • お問い合わせ:

    一般社団法人 日本生活習慣病予防協会事務局

[soshinsha]

「栄養」に関するニュース

2017年11月21日
糖尿病の食事療法を継続するためのポイント 食を楽しみながら成功
2017年11月20日
くるみの食欲抑制効果メカニズム解明 嗜好も健康的に変化
2017年11月15日
おいしくてためになる!! 血糖コントロール食レシピ、Q&A「糖をはかる日クッキングセミナー」(2)
2017年11月15日
血糖コントロールは、"胃腸力"がカギ「糖をはかる日クッキングセミナー」(1)
2017年11月15日
世界糖尿病デー 糖尿病人口は4億人を突破 30年後には7億人に
2017年11月08日
11月14日は「世界糖尿病デー」 2017年のテーマは「女性と糖尿病」
2017年11月01日
高齢者に手厚い社会保障 「全世代型」の社会保障へ転換を 厚労白書
2017年11月01日
朝食を食べないと動脈硬化のリスクが2倍に上昇 朝食は大切な食事
2017年11月01日
「糖質50%オフおせち」 お正月も食事には気を抜けない
2017年11月01日
40歳代の独身男性のメタボ該当率は23% 既婚者の2倍

最新ニュース

2017年11月21日
糖尿病の食事療法を継続するためのポイント 食を楽しみながら成功
2017年11月20日
スマホアプリを用いることで血糖コントロールが有意に改善
2017年11月20日
くるみの食欲抑制効果メカニズム解明 嗜好も健康的に変化
2017年11月17日
【連載更新】中小企業の健康経営モデルづくりを目指して(株式会社ヘルス&ライフサポート)
2017年11月17日
【健やか21】高校生の食生活自立を応援「巣立ちのレシピ集&セミナー」
2017年11月15日
おいしくてためになる!! 血糖コントロール食レシピ、Q&A「糖をはかる日クッキングセミナー」(2)
2017年11月15日
血糖コントロールは、"胃腸力"がカギ「糖をはかる日クッキングセミナー」(1)
2017年11月15日
アルコールを飲み過ぎないために 知っておきたい5つの対処法
2017年11月15日
世界糖尿病デー 糖尿病人口は4億人を突破 30年後には7億人に
2017年11月15日
ウォーキングなどの有酸素性運動が動脈硬化を3分の1以下に抑える
2017年11月15日
歳を重ねると「大人むし歯」が増加 49%に「根元むし歯」
2017年11月15日
45歳以上「高齢妊娠」で母体合併症のリスクが上昇 35万人超を調査
2017年11月14日
統括的な役割を担う保健師は5割以上の自治体に配置ー厚労省調査
2017年11月10日
成人男性にも風しんワクチン接種を呼びかけ~国立感染症研究所
2017年11月10日
児童虐待を社会全体で解決―11月は児童虐待防止推進月間
2017年11月09日
【健やか21】「働きながら不妊治療を受ける従業員へご理解を」リーフレット
2017年11月08日
「第3期がん対策推進基本計画」目標受診率を50%に ゲノム医療も推進
2017年11月08日
11月14日は「世界糖尿病デー」 2017年のテーマは「女性と糖尿病」
2017年11月08日
インフルエンザの流行に備える 自分でできるインフルエンザ予防法
2017年11月08日
血液検査で「9割」のがんを判別 膵臓、大腸、前立腺、乳、子宮体がん
2017年11月08日
認知症の社会的処方箋 認知症にやさしい社会づくりを通じて早期発見・診断
2017年11月08日
【新シリーズ】「"血糖トレンド"をどう活用するか」を公開 糖尿病リソースガイド
2017年11月06日
※定員残り僅か※ 第3回産業保健PC 参加者募集中~テーマ「産業保健師ならではのメンタルヘルス事業の進め方」
2017年11月02日
【健やか21】(思春期アンケート)子どもが死にたいと思う悩みについて
2017年11月01日
高齢者に手厚い社会保障 「全世代型」の社会保障へ転換を 厚労白書
2017年11月01日
朝食を食べないと動脈硬化のリスクが2倍に上昇 朝食は大切な食事
2017年11月01日
お酒を飲むと顔が赤くなる人は注意 飲み過ぎると怖い「がんリスクの上昇」
2017年11月01日
がんを発症した女性の仕事と治療の両立 「柔軟に働ける制度」が必要
2017年11月01日
「糖質50%オフおせち」 お正月も食事には気を抜けない
2017年11月01日
40歳代の独身男性のメタボ該当率は23% 既婚者の2倍
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,587 人(2017年11月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶