ニュース

健康な食事の新しい認証制度「スマートミール」 栄養関連の7学会が参加

 2型糖尿病や肥満などの生活習慣病に対策するための、バランスの良い健康な食事「スマートミール」を提供する飲食店や事業所を認証する制度が2018年度から新たに始まる。日本栄養改善学会などが、東京・駒込の女子栄養大学で3月に発表した。
「スマートミール」で健康なメニューを認証
 「健康な食事・食環境」コンソーシアムは、日本栄養改善学会・日本給食経営管理学会・日本高血圧学会・日本糖尿病学会・日本肥満学会・日本公衆衛生学会・健康経営研究会の7学協会で構成されている。

 「スマートミール」とは、健康に資する要素を含む栄養バランスのとれた食事の通称。「健康な食事・食環境」コンソーシアムが審査・認証した店舗や事業所で提供される。同コンソーシアムが昨年、「健康な食事」の通称を募集し選定を行った結果、「スマートミール」(Smart Meal)と決定した。

 今年4月から応募受付を開始し、9月の第65回日本栄養改善学会学術総会で第1回認証式を行う。それに先立ち、「スマートミール」の通称を用い、東京の飲食店や事業所給食で先行実施を行うという。先行実施の様子などを、「ぐるなび」などの協力を得てメディアでも発信する。

 「健康寿命を伸ばすには、一人ひとりが生活習慣を改善するのに加え、健康的な職場づくりや社会環境づくりが重要。この認証制度を、企業などが進める健康経営を食生活の面から応援する制度として活用してほしい」と、日本栄養改善学会の武見ゆかり理事長は言う。
「スマートミール」の構成と基準
 「スマートミール」の基準は、厚生労働省の「生活習慣病予防その他の健康増進を目的として提供する食事の目安」(2015年)や「食事摂取基準2015年版」を基本とし、さらに給食会社4社の実際のヘルシーメニューの献立分析を行って決定したという。

 「スマートミール」の料理・食品の構成は以下の通り――

1. エネルギー量は、▼1食当り450~650kcal未満(通称「ちゃんと」)と、▼650~850kcal(通称 「しっかり」)の2段階とする。

2. 料理の組み合わせの目安は、(1)「主食+主菜+副菜」パターン、(2)「主食+副食(主菜、副菜)」パターンの2パターンを基本とする。

3. PFC(タンパク質・脂質・炭水化物)バランスが、食事摂取基準2015年版に示された、18歳以上のエネルギー産生栄養素バランスの範囲に入ることとする。
1食の総エネルギーに占める割合:タンパク質13~20%、脂質20~30%、炭水化物50~65%

4. 食塩相当量は、「ちゃんと」3.0g未満、「しっかり」3.5g未満とする。

5. 牛乳・乳製品、果物は、基準を設定しないが、適宜取り入れることが望ましい。

6. 特定の保健の用途に資することを目的とした食品や素材を使用しないこと。
 基準に合った食事の提供のほか、▼必要な栄養情報などを、店内、カタログ、注文サイトなどのメニュー選択時に分かるよう提供している、▼管理栄養士・栄養士が作成・確認に関与している、▼店内禁煙である――などが必須条件となる。

 こうした認証に必須の項目のほか、▼主食に精製度の低い穀類を提供していることがメニューの選択時にわかる、▼週3日以上魚を提供している、▼週3日以上大豆・大豆製品を提供している、▼栄養成分表示をしている、▼栄養成分表示に飽和脂肪酸の量を示している、▼野菜70g以上のメニューを提供しているなど、多数のオプション項目を設けており、クリアしている項目数に応じて☆印が表示できるようにしている。
 記者発表会では、スマートミールの試食会も行われた。「しっかり」は、「鮭の西京味噌焼き」「かぶの鶏あんかけ」「小松菜の白和え」「のっぺ汁」「胚芽米ごはん」のメニューで740kcal。「ちゃんと」は「豚ヒレ肉のソテー ロベール風」「人参サラダ」「かぶのミルク煮」「胚芽米ごはん」で644kcalだった。

 「栄養バランスの良い食事の選択をしやすい環境を整えることで、生活習慣病予防、高齢期のフレイル予防につなげ、日本人の健康寿命の延伸に寄与することが狙い。全国で認証店舗が広がり、健康づくりを考えるきっかけになってほしい」と、武見ゆかり理事長は話している。

健康な食事(スマートミール) 「健康な食事・食環境」認証制度
[Terahata]

「栄養」に関するニュース

2018年12月19日
肥満や病気の予防を「まちづくり」から推進 健康になるための「都市デザイン」とは 千葉大と竹中工務店
2018年12月19日
果物は肥満・メタボに良いのか悪いのか? 果物の健康効果を科学的に検証
2018年12月19日
「10の食品群」の栄養バランスをチェックできる無料アプリ 東京都健康長寿医療センターなど共同開発
2018年12月19日
「オーラルフレイル」の予防を啓発 無料アプリや冊子の提供を開始
2018年12月12日
年末年始にアルコールを飲み過ぎないために 知っておきたい5つの対処法
2018年12月12日
手軽な運動で筋内脂肪を減少 「ウォーキング+筋力トレーニング」がもっとも効果的
2018年12月12日
骨粗鬆症の検診受診率 全国ランキングを発表 1位は栃木県 骨粗鬆症財団
2018年12月05日
保健指導をオンラインで支援 金沢大学がIoT活用で新たな保健指導サービス
2018年12月05日
【山梨県】糖尿病対策推進会議などと連携 「糖尿病腎症」の重症化予防
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ

最新ニュース

2018年12月19日
肥満や病気の予防を「まちづくり」から推進 健康になるための「都市デザイン」とは 千葉大と竹中工務店
2018年12月19日
「糖尿病リスク予測ツール」を公開 3年後の糖尿病発症リスクを予測 国立国際医療研究センター
2018年12月19日
果物は肥満・メタボに良いのか悪いのか? 果物の健康効果を科学的に検証
2018年12月19日
「10の食品群」の栄養バランスをチェックできる無料アプリ 東京都健康長寿医療センターなど共同開発
2018年12月19日
転倒経験がある高齢者は、自転車での転倒発生率も高い 肥満も転倒の要因に
2018年12月19日
「オーラルフレイル」の予防を啓発 無料アプリや冊子の提供を開始
2018年12月18日
[ 2/6 市民公開講演会参加者募集中!]全国生活習慣病予防月間2019
2018年12月17日
【新連載】業務効率化で「働くひとと組織の健康を創る」
2018年12月14日
【健やか21】不登校傾向にある子どもの実態調査 中学生約33万人
2018年12月12日
年末年始にアルコールを飲み過ぎないために 知っておきたい5つの対処法
2018年12月12日
手軽な運動で筋内脂肪を減少 「ウォーキング+筋力トレーニング」がもっとも効果的
2018年12月12日
うつ病を早期支援するのための社員向け研修プログラムを開発 職場のメンタルヘルス不調を早期発見・介入 九州大学など
2018年12月12日
保健指導にインセンティブを 世界の1億人の運動量を増やす「Vitality」の戦略
2018年12月12日
骨粗鬆症の検診受診率 全国ランキングを発表 1位は栃木県 骨粗鬆症財団
2018年12月06日
【参加募集中】第8回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス「健康経営の視点での産業保健活動」
2018年12月06日
【健やか21】近年急増の梅毒 男性は40代、女性は20代が最多
2018年12月05日
保健指導をオンラインで支援 金沢大学がIoT活用で新たな保健指導サービス
2018年12月05日
【山梨県】糖尿病対策推進会議などと連携 「糖尿病腎症」の重症化予防
2018年12月05日
ペットロボ「アイボ」の癒やし効果を医療に活用 成育医療研究センター
2018年12月05日
骨が分泌する「若返り物質」 運動が若さを保つメカニズムを解明
2018年12月05日
「ストレス反応」は朝と夜で異なる 体内時計をストレスマネジメントに応用
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ
2018年12月04日
「依存症を知る~今日的課題と対応~」へるすあっぷ21 12月号
2018年11月29日
「健康寿命をのばそう!アワード」最優秀賞決定~介護予防・高齢者生活支援分野/母子保健分野~
2018年11月29日
「健康寿命をのばそう!アワード」最優秀賞決定~生活習慣病予防分野~
2018年11月29日
【健やか21】伝染性紅斑が流行しています(東京都)
2018年11月28日
【参加募集中】第7回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「職場巡視~ありのままの現場を見られる産業保健師になる~」※申込みを締切りました
2018年11月28日
高齢者の入浴に「要介護」を防ぐ効果 ただし冬の入浴には注意も必要
2018年11月28日
高カロリー飲料やお菓子はなぜ危ないか メタボや糖尿病の原因糖質が判明
2018年11月28日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,558 人(2018年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶