ニュース

「コンビニごはんガイド」どう使う? 活用法を著者に聞いてみました!

コンビニの食品選びを伝授!
 健診・保健指導に役立つ教材・備品オンラインストア「保健指導マーケット」で今、大人気の健康メモ「コンビニごはんガイド」について、著者:小島美和子先生(有限会社クオリティライフサービス・管理栄養士)に活用法を伺いましたのでご紹介します。

著者:小島美和子先生(有限会社クオリティライフサービス・管理栄養士)より
 「コンビニごはんガイド」は検査値別に分かれており、各検査値に影響を与える栄養素の含有量から、コンビニの商品をBAD⇒BETTER⇒BESTと分類しています。BESTが最もおすすめではありますが、一足飛びにBESTな選択をすすめるのではなく、今よりよくなる選択のアドバイスをしましょう。

 まずは対象者がいつもどのような物をコンビニで選んでいるかを確認します。BADの商品をよく食べている人には、BETTERにある物を、BETTERの物をよく食べている人には、BESTの商品に移行することで今より栄養素バランスがよくなり、検査値改善につながりやすくなります。

 専門職はコンビニ商品を買わない人が多いと思いますが、コンビニによって商品はさまざまなので、ぜひコンビニごはんガイドを参考に売り場を見てどんな商品があるかを確認しましょう。提案が具体的なほど、対象者の実践度は上がります。ただし、売り場では価格も併せてチェックし、今より食費がかかるようなアドバイスは避けることが本ガイドを効果的に活用するポイントです。

【著者】小島美和子(有限会社クオリティライフサービス・管理栄養士)
【企画・発行】一般社団法人日本家族計画協会
【仕様】A4判/1冊50枚綴り(天のり製本)/表カラー・裏2色刷

○ポイント
1. 具体的な代替食品がわかる!
2. 栄養バランスの改善ポイントが明確にわかる!
3. 対象者の気になる検査値別に食品組み合わせを指導できる!
4. 主食・主菜・副菜の豊富な食品群から対象者の好みにあわせたメニュー例を掲示できる!

教材詳細・購入はこちらから ▶

(1)コンビニごはんガイド メタボ編

教材詳細・購入はこちらから ▶

(2)コンビニごはんガイド LDLコレステロール編

教材詳細・購入はこちらから ▶

(3)コンビニごはんガイド 血糖編

教材詳細・購入はこちらから ▶

(4)コンビニごはんガイド 血圧編

教材詳細・購入はこちらから ▶

 「保健指導マーケット」は、一般社団法人日本家族計画協会(JFPA)が、制作・販売する保健指導用・健康事業用の教材を約3,000点を収載しています。糖尿病や高血圧などの生活習慣病や、メンタルヘルス、食事・運動指導などのキーワード検索、配布・掲示など使用したい用途に合わせたカテゴリー検索などで、目的にあった教材を探すことができます。
 保健指導マーケット ▶

[soshinsha]

「栄養」に関するニュース

2019年10月23日
ワカメなどの海藻を食べると心疾患リスクが低下 日本食の新たなメリットを解明
2019年10月23日
食事の改善で「腎臓病」のリスクを減らせる 高血圧・糖尿病・肥満がCKDの要因
2019年10月18日
わずか3%の減量で肥満・メタボを改善 肥満解消のための実践的取組みを紹介 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年10月18日
【健やか21】「避難所等で生活している妊産婦、乳幼児の支援のポイント」を公開
2019年10月16日
「大豆」がコレステロールや血糖を下げる 大豆を使用した代替肉が人気
2019年10月16日
糖質の多い甘い飲料が肥満・メタボを悪くする 内臓脂肪が増え脂質代謝のリズムも乱れる
2019年10月15日
【PR】【プレゼント】驚きのふっくらもちもち食感!「糀入りもちもち玄米」サンプル12パック 栄養指導にも大活躍!
2019年10月11日
【新連載】 おいしく・健康になる「間食」ライフ ヘルシースナッキング実践ガイド
2019年10月08日
「粗食が大切」は寿命の短縮をまねく 高齢者の2人に1人が「フレイル」の疑いあり
2019年10月08日
女性では内臓脂肪がたまると糖尿病や心血管疾患のリスクが上昇 簡便な検査法を開発
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶