ニュース

「2時間の飲み会」の危険 アルコールのイッキ飲み・アルハラを防止

 短時間の大量飲酒は、アルコール中毒だけでなく、事故や怪我の原因になる。若者のイッキ飲みやアルコールハラスメントについて注意を呼び掛けるキャンペーンが開始された。
 アルコール過剰摂取は、急性中毒には至らなくても、外傷を負う危険が高いことが明らかになっている。
短時間の多量飲酒でリスクが上昇
 4月はあちこちで歓送迎会などが開かれる季節だ。アルコール依存や飲酒運転防止などに取り組む市民団体「ASK」(アルコール薬物問題全国市民協会)などがつくる「イッキ飲み防止連絡協議会」は毎年この時期、「イッキ飲み・アルハラ防止キャンペーン」を展開している。

イッキ飲み・アルハラ防止キャンペーン
 今年のテーマは「2時間の飲み会、『死』という結末を迎えないために」だ。同協議会はポスターやチラシを全国の大学に配布し、飲酒時の怪我や外傷の事例などをイラストで説明した啓発用レジャーシートも作製した。

 イッキ飲みやアルハラというと、アルコール中毒の問題にばかり注目しがちだが、イッキ飲みやアルコールハラスメント(アルハラ)による深刻な被害についても注意したい。
2時間以内の大量飲酒が危険
 同協議会によると、2008年から10年間で27人の大学生が飲酒で命を落としているという。また、アルコールによって健康を損なった若者の多くは、飲み会開始2時間以内に、急激かつ大量に飲酒していた傾向がある。

 ASK代表の今成知美氏は、「飲酒の強要、イッキ飲ませ、飲めない人への配慮を欠くことなどは、アルハラに相当する。飲酒の強要をやめたり、飲めない人に配慮することが必要」と指摘する。

 キャンペーンでは、SNSを通じて飲み会でのトラブル、アルコールの知識や問題に関するニュースを配信するとともに、Youtubeで動画を公開、大量飲酒やアルハラの防止のための工夫などの投稿も募集している。投稿や検索は、ハッシュタグ(#)を加えた「#こわい飲み会」で行える。
「空気」を読めと、飲まされて。(イッキ飲み防止連絡協議会)
アルコール中毒だけでなく事故も発生 筑波大学が調査
 若年者におけるアルコール過剰摂取を原因とする死亡は世界で年間32万人に達しており、その死亡原因の多くを外傷が占めている。

 筑波大学の研究グループは、3大学の学生2,177人を対象とした調査により、アルコール過剰摂取は、急性中毒には至らなくても外傷を負う危険が高いことが分かった。

 アルコール過剰摂取は世界的な問題で、2010年に世界保健機構(WHO)が「アルコールの有害な使用を低減するための世界戦略」を発表し、2013年にはWHOが各国に以下の4つの選択肢を提示した――(1)人口1人当たりの総アルコール消費量の削減、(2)一時的な大量飲酒(ビンジ飲酒など)傾向の削減、(3)飲酒に起因する罹病率・死亡率の削減、(4)その他加盟国の実情に合うもの。

 日本でも2013年に「アルコール健康障害対策基本法」が策定され、国の方針である「アルコール健康障害対策推進基本計画」が2016年に策定されている。

 短時間での多量飲酒はビンジ飲酒(Binge drinking)と呼ばれるが、国の基本計画などではビンジ飲酒に関する基準は明らかにされていない。
大学生の半数がビンジ飲酒を経験
 そこで、研究グループは日本の大学生2177人を対象に、アルコールの過剰摂取とアルコール関連外傷(酔いによる事故や怪我)との関連性を調べた。今回の研究では、男性2時間で純アルコール50g(5ドリンク)以上、女性2時間で純アルコール40g(4ドリンク)以上摂取した場合とした。

 純アルコール20gの目安は、ビール(アルコール度数 5%)500ml、日本酒(15%)1合180ml、ウイスキー(43%)ダブル1杯60ml、ワイン(12%)小グラス2杯200ml、チューハイ(7%)350ml缶、焼酎(25%)小コップ半分100ml。

 その結果、ビンジ飲酒を過去1年間に1回以上経験したのは男性 56.8%、女性 47.8%だった。アルコール関連外傷を過去1年間に経験したのは4.9%で、そのうち97.2%がビンジ飲酒を過去1年間に1回以上経験していた。
ビンジ飲酒でアルコール関連の外傷が25.6倍に
 解析したところ、年1回以上ビンジ飲酒を行っていた学生は、そうではない学生と比べて過去1年間のアルコール関連外傷の経験が25.6倍であることが分かった。

 アメリカやノルウェー、スペインの研究では月1回以上のビンジ飲酒で関連外傷は3.9~8.9倍に増加すると報告されており、日本では頻度は少ないが、外傷のリスクはきわめて高いことが示された。「日本人の体格や体形、アルコール代謝などが影響している」と考えられるという。

 多くの大学でアルコール摂取に関する指導が新入生オリエンテーションなどで行われているが、未成年飲酒や急性アルコール中毒だけでなく、ビンジ飲酒の教育も行う必要があることが示された。

特定非営利活動法人ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)
イッキ飲み・アルハラ防止キャンペーン2018
アルコール健康障害対策基本法推進ネットワーク
Association between Excessive Alcohol Use and Alcohol-Related Injuries in College Students: A Multi-Center Cross-Sectional Study in Japan(Tohoku Journal of Experimental Medicine 2017年6月30日)
アルコール健康障害対策基本法
[Terahata]

「アルコール」に関するニュース

2019年09月10日
健康的な生活スタイルが糖尿病リスクを75%減少 生活改善の指導に大きな余地が
2019年08月26日
肥満でなくてもカロリー制限は効果的 糖尿病や肥満の検査値が改善 まずは10%を減らしてみる
2019年08月14日
認知症を予防するための10の方法 健康的な生活スタイルを実行すれば脳の老化を抑えられる
2019年05月15日
脳卒中は夏にも多い? 特定健診でも早期発見が焦点に 5月25日から「脳卒中週間」
2019年05月08日
「高血圧治療ガイドライン2019」発表 保健師など多業種の参加で高血圧に対策
2019年04月24日
連休(GW)に「アルコール」を飲み過ぎないための7つの対策 「適量」でも高血圧と脳卒中のリスクは上昇
2019年04月17日
連休(GW)こそ健康管理に注意 食事・運動・体内時計の調整がポイント 8つの対策で連休を乗り切る
2019年04月10日
5人に1人が「不健康な食事」が原因で死亡 たばこや高血圧より深刻 食事改善で命を救える
2019年03月12日
アルコールががんや生活習慣病を引き起こす「少酒の勧め」 動画を公開
2019年03月06日
大阪府が「健活10」を開始 健康寿命の延伸と健康格差の縮小が目標 1人ひとりの主体的な健康づくりを促す
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶