ニュース

魚を食べると大動脈疾患リスクが低下 食べない人では死亡リスクが2倍に

 魚を週に1~2回食べると、「大動脈疾患」(大動脈解離・大動脈瘤)を発症する危険性が低下することが、国立がん研究センターと筑波大学の研究で明らかになった。魚を食べる頻度は月に1~2回でも効果があるという。一方で、魚をほとんど食べないと、大動脈疾患による死亡リスクは上昇する。
魚を食べない人で大動脈疾患リスクが上昇
 日本人36万人以上を対象とした研究で、魚をほとんど食べない人では、大動脈疾患(大動脈解離・大動脈瘤)による死亡リスクが増加することが世界ではじめて明らかになった。

 研究は、国立がん研究センター社会と健康研究センターの井上真奈美部長、筑波大学医学医療系の山岸良匡准教授らの研究グループによるもので、詳細は欧州専門誌「Clinical Nutrition」オンライン版に掲載された。

 研究グループは、日本の8つの大規模コホート研究から36万人以上を統合した解析を行い、質問紙によって調査した魚摂取頻度と大動脈疾患死亡リスクとの関連を検討した。

 解析の対象となったのは、国立がん研究センターによる多目的コホート研究「JPHC-I」(4万7,753人)、「JPHC-II」(5万9,502人)、「JACC研究」(9万791人)、「宮城県コホート研究」(4万2,151人)、「大崎国保コホート研究」(4万3,635人)、「三府県宮城コホート研究」(2万4,038人)、「三府県愛知コホート研究」(2万8,098人)、「三府県大阪コホート研究」(3万80人)。

関連情報
死亡リスクが高い大動脈疾患
 大動脈は、体の真ん中を通り、心臓に直接つながっているもっとも太い動脈。大動脈疾患(大動脈瘤、大動脈解離)は、かつては日本での死亡率は多くなかったが、高齢化に伴い増加している。

 動脈硬化などで弱くなった大動脈にこぶ状の膨らみができるのが大動脈瘤。大動脈の内膜に傷ができ、中膜に血液が入り込んで長軸方向に裂けるのが大動脈解離。

 大動脈瘤が破裂したり、大動脈が裂けたりすると、医療が進んだ現代でも急速に死に至ることが多く、その予防が重要だ。

 この大動脈瘤は心筋梗塞と同様に増えている。どちらも、動脈硬化が原因という共通点がある。

 不飽和脂肪酸を豊富に含む魚を食べている人では心筋梗塞や脳梗塞が少ないという報告がある。魚を多く食べる食事スタイルは、大動脈疾患の予防にもつながると考えられるが、それを証明する科学的エビデンスはほとんどなかった。

 そこで研究グループは、日本人における魚摂取頻度と大動脈疾患死亡リスクとの関連を分析した。
魚をほとんど食べない人で大動脈疾患死亡が2倍に上昇
 それぞれのコホートで使用しているアンケート調査結果から、魚摂取頻度を、▽ほとんど食べない、▽月1~2回、▽週1~2回、▽週3~4回、▽ほとんど毎日――の5つの群に分けた。

 その結果、魚摂取が週に1~2回の群と比べ、魚をほとんど食べない群の、大動脈疾患死亡多変量調整ハザード比は1.9であり、統計学的にも有意な関連が認められた。

 これは、魚をほとんど食べない人では、大動脈疾患死亡が約2倍に上昇することを意味する。

 魚を週1~2回食べる群と比べ、ほとんど食べない群では、大動脈解離で死亡するリスクが2.5倍(95%信頼区間1.1~5.5)、大動脈瘤で2.0倍(同0.9~2.1)に上昇した。

 興味深いのは、魚を食べる頻度が月に1~2回であっても、大動脈解離で死亡するリスクの上昇しなかったことだ。大動脈瘤では1.9倍(同0.9~4.0)とリスクが上昇する傾向がみられた。

 「魚をほとんど食べないような非常に魚の摂取頻度が少ない場合に、大動脈疾患で死亡するリスクは上昇します。魚を多く食べると、心筋梗塞のリスクが低下することも知られています。循環器疾患予防の観点から、魚の摂取が極端に少なくならないよう気をつけると良いです」と、研究者は述べている。

 

国立がん研究センター社会と健康研究センター
筑波大学医学医療系
Fish intake and risk of mortality due to aortic dissection and aneurysm: A pooled analysis of the Japan Cohort Consortium(Clinical Nutrition 2018年8月14日)
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2018年11月14日
世界糖尿病デー 「糖尿病の警告サイン」を5人に4人が知らない
2018年11月14日
11月14日は「世界糖尿病デー」 家族や大切な方が糖尿病と言われたら
2018年11月13日
がん患者の就労支援 働く患者の75%が「産業医」の存在を知らない
2018年11月13日
サマータイムは「睡眠障害」の原因に 生物時計に障害 日本学術会議
2018年11月13日
妊娠中の低栄養やストレスが子の高血圧の原因に 遺伝子レベルで解明
2018年11月13日
なぜ「朝食を抜くと体重が増える」? 体内時計で解明 名古屋大
2018年11月06日
簡易に測定できる「フレイルチェック」を産官学協働で開始 九州大学など
2018年11月06日
新しい「発芽玄米」で脳内「BDNF」が増える 脳卒中や認知症などを予防
2018年11月06日
肥満やメタボの新たな治療 肝臓の「アクチビンE」が脂肪を燃焼
2018年11月06日
チョコレートが閉経後女性の高血糖、高血圧、高コレステロールを改善

最新ニュース

2018年11月16日
【健やか21】平成30年度「医療安全推進週間」
2018年11月15日
【参加募集中】第7回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「職場巡視~ありのままの現場を見られる産業保健師になる~」
2018年11月15日
【産保PC第6回(2018年度 第2回)レポート】テーマ:メンタルヘルス
2018年11月14日
世界糖尿病デー 「糖尿病の警告サイン」を5人に4人が知らない
2018年11月14日
厚労省がイクメン企業アワード受賞企業取組事例集などを発行
2018年11月14日
11月14日は「世界糖尿病デー」 家族や大切な方が糖尿病と言われたら
2018年11月14日
"防ごう、備えよう!低血糖―低血糖時のアクションプラン"公開 糖をはかる日
2018年11月13日
がん患者の就労支援 働く患者の75%が「産業医」の存在を知らない
2018年11月13日
サマータイムは「睡眠障害」の原因に 生物時計に障害 日本学術会議
2018年11月13日
妊娠中の低栄養やストレスが子の高血圧の原因に 遺伝子レベルで解明
2018年11月13日
なぜ「朝食を抜くと体重が増える」? 体内時計で解明 名古屋大
2018年11月12日
「糖尿病になったらいくらかかる?」を改訂 糖尿病の医療費
2018年11月09日
【健やか21】妊娠中・産後のママのための食事BOOK(ダウンロード無料)
2018年11月08日
適切な情報選択の一助に!「アレルギーポータル」を開設~日本アレルギー学会
2018年11月08日
「効果を上げる! 健康教育のツボ」へるすあっぷ21 11月号
2018年11月07日
【新連載】がん治療と仕事の「両立支援」を考える~産業保健師の乳がん経験~
2018年11月06日
簡易に測定できる「フレイルチェック」を産官学協働で開始 九州大学など
2018年11月06日
新しい「発芽玄米」で脳内「BDNF」が増える 脳卒中や認知症などを予防
2018年11月06日
肥満やメタボの新たな治療 肝臓の「アクチビンE」が脂肪を燃焼
2018年11月06日
チョコレートが閉経後女性の高血糖、高血圧、高コレステロールを改善
2018年11月05日
生活改善の「三日坊主」を防止するアプリ チームで励まし治療を継続
2018年11月02日
【健やか21】児童虐待防止推進月間「愛の鞭ゼロ作戦」
2018年11月01日
ブレインフードレシピを提供します(くるみヘルスケアプロジェクト)
2018年10月31日
なぜ朝食は食べた方が良いのか? 肥満と脂質異常症を予防するのに有利
2018年10月31日
生涯でがんに罹患する確率は男性62%、女性47%~最新がん統計
2018年10月31日
歯周病を治療すると血糖値が改善 心血管疾患や腎臓病のリスクも低下
2018年10月31日
乳がんの原因遺伝子を解明 日本人1万8,000人のデータベースを構築
2018年10月31日
世界の長寿国ランキング 日本は2040年に2位に転落 社会格差が課題に
2018年10月31日
女性は50歳を越えると骨粗鬆症のリスクが上昇 「定期的に検査を」
2018年10月31日
非アルコール性脂肪性肝疾患の有無を判定するバイオマーカーを発見
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,558 人(2018年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶