ニュース

高血圧学会が自治体対象にモデルタウン募集 「高血圧ゼロのまち」を目指す

 日本高血圧学会では、「高血圧ゼロのまち」を目指すモデルタウンの公募を開始した。現在、「高血圧ゼロ」を目指す自治体の参加を募っている。
高血圧学会のアドバイザーが支援
 高血圧は脳心血管病の最大の危険因子だが、4,300万人と推定される日本の高血圧者のうち、1,400万人は自身が高血圧と認識しておらず、450万人は高血圧と認識しながらも治療を受けていないのが実情だ。

 健康寿命延伸のためには、高血圧の予防と血圧の適切な管理が重要となる。そこで、日本高血圧学会はこの状況を打破するため、地域医療創成の一環として、「高血圧ゼロのまち」を目指す自治体を公募し、支援することを開始した。

 自治体主導により、全住民、特定健診対象者(40~74歳)、職域集団、学校児童・生徒などを対象として高血圧の啓発、血圧測定、健診受診勧奨、生活指導(減塩、運動、禁煙など)介入などを行い、可視化した指標をアウトカムとして「高血圧ゼロ」を目指す。

 主管する自治体の条件はなく、県、市町村などの単位で取り組めるプロジェクトを募集する。自治体の主管のもとに職域集団や児童、生徒などを対象としたプロジェクトを企画することも可能だ。

 地域や対象者の特性に合わせて、血圧測定・受診勧奨・減塩・運動・禁煙などの生活習慣改善などを通じて「高血圧ゼロのまち」を目指す取り組みを企画し、同学会まで届けることで応募できる。

 企画の段階で協力、アドバイスを得られる高血圧学会員が地域にいる場合、高血圧学会のアドバイザーの就任する。アドバイザーは、プロジェクトの立案、推進の支援、進捗状況の確認、データ分析、学術集会での発表や報告書作成の支援などを行う。

 同学会では、健診や市民講座など従来の手法や取り組みにとどまらず、斬新なアイデアを取り入れた企画を歓迎するとしている。

【期間】
公募期間:2019年8月~2020年3月
活動期間:2019年~2025年(3~5年)

【内容】
A. 取り組みの具体的内容(プロジェクト)案
(1)血圧未測定者ゼロ(全対象者の血圧測定を目指す)
(2)重症(Ⅲ度)高血圧(≧180/110mmHg)ゼロ(受診勧奨、情報提供)
(3)薬物療法、非薬物療法(生活指導)いずれも受けていない「放置高血圧者」ゼロ、健診後の受診勧奨、生活指導とフォローアップ
(4)降圧目標未達成者ゼロ(降圧薬服用者に対する降圧目標の啓発、医療機関への働きかけ)

B. 対象
(1)20歳(または18歳)以上の成人
(2)特定健診対象者(40~74歳)
(3)保育園児、小中高等学校の児童、生徒
(4)職域(企業、自治体職員など)
(5)その他

C. 介入内容
(1)血圧測定
(2)健診受診、医療機関受診勧奨
(3)食事(減塩)指導、介入
(4)運動、禁煙など生活習慣修正指導、介入
(5)服薬、通院アドヒアランス向上
(6)高血圧に対する啓発(基準値、降圧目標などの認識度向上など)
(7)その他

原則として日本高血圧学会がプロジェクトメンバーとして加わり、企画、実施に対してアドバイスを行う。審査後決定したプロジェクトのアドバイザーについてはプロジェクトの主管団体と日本高血圧学会が相談の上決める。
同学会は「高血圧ゼロのまちモデルタウン」プロジェクトを後援し、企画策定と活動の助言をする。
なお、同学会は決定したプロジェクト実施にかかる資金提供はしない。

【審査と公表】
日本高血圧学会が提出された申請書類を審査し、受理されたプロジェクトをホームページで公開するとともに、学術総会やフォーラムで紹介、進捗状況報告を行うセッションを設ける。
活動期間終了時には、報告書の提出を依頼し、優れた成果が得られたプロジェクトについては、学会よりアワードを授与し、学術総会で受賞講演を行う。

詳しくは日本高血圧学会ホームページをご覧ください。
特定非営利活動法人 日本高血圧学会

○ お問い合わせ
特定非営利活動法人 日本高血圧学会
事務局 モデルタウン募集係
〒113-0033 東京都文京区本郷3-28-8 日内会館2階
Tel.03-6801-9786 Fax.03-6801-9787
[Terahata]

「記事の内容」に関するニュース

2019年08月20日
米を中心にした食事はメリットが多い 食べ過ぎると糖尿病リスクが上昇
2019年08月20日
「ワークライフバランス」の改善の効果 生活満足度は女性より男性で改善 34ヵ国を比較
2019年08月20日
高脂肪の肉が「乳がん」リスクを上昇 代わりに低脂肪の鶏肉を食べるとリスクは減少
2019年08月20日
金沢大学がAIを活用した糖尿病性腎症重症化予防の共同研究を開始 日本人に最適な予防法を開発
2019年08月20日
シロタ株を含む乳製品を摂取すると便秘リスクが低減 適度な運動が加わるとさらに効果的
2019年08月15日
働き方改革 「長時間労働」が脳卒中のリスクを上昇させる 産業医の7割が「改善を感じる」と回答
2019年08月14日
認知症を予防するための10の方法 健康的な生活スタイルを実行すれば脳の老化を抑えられる
2019年08月13日
たった12週間のウォーキングで自分は変えられる 運動は考えている以上に簡単
2019年08月09日
「乳がん」を早期発見 唾液をAIで高精度に検査 低コストな測定方法の開発へ
2019年08月07日
トマトのリコピンが肥満とメタボのリスクを低下 血管を健康にする抗酸化作用
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶