ニュース

【PR】歩いて熊本地震の復興支援!ウォークビズキャンペーンで組合員の健康増進を

nri1.png
 「あなたの一歩を熊本の明日に!」をキャッチフレーズに、健康保険組合連合会(健保連)の「ウォークビズキャンペーン」が今年度も行われる。これは参加者が期間中に歩いた歩数分に応じ、熊本地震復興の寄付金が熊本県へ送られるもので、今年で3回目。
 個人の自主的な健康づくりを促すインセンティブ事業の一環で、歩くことで自身の健康増進はもちろん災害の被災地支援にもつながる、という特徴がある。健康増進と社会貢献を同時に行えるとあって、健康無関心層が取り組みを始めるきっかけにもなりやすく、昨年より多くの健保組合がキャンペーンに参加することが期待されている。

≪キャンペーン詳細はこちらから≫ ▶

健康無関心層が取り組むきっかけに

 人生100年時代と言われる中、個人の疾病予防や健康づくりに関心が高まっている。そのような中、健保組合などは加入者の自主的な健康づくりに対してポイントを付与し、商品券や健康グッズなどと交換できるインセンティブ(動機付け)事業に取り組んできた。

 一方、このようなインセンティブ事業に参加するのは健康意識の高い人たちが中心で、健康無関心層に対する動機付けまでにはなかなかいたっていない。そこで同キャンペーンは被災地支援という社会貢献性を取り入れることで、健康づくりに関心の低かった人たちにも参加のきっかけを作り、意欲を継続させる狙いがある。

1日あたりの平均歩数は9,524歩

 昨年度は58健保組合が参加(前年比26%増)し、参加人数は35,445人(同46%増)。寄付金総額は3,300,450円だった。キャンペーン期間中、1日あたりの平均歩数は9,524歩(同6%増)。取組期間中は、20~64歳の1日あたりの歩数平均値・男性7,769歩、女性6,770歩(厚労省「平成28年国民健康・栄養調査結果」)を上回ったことになる。

 参加者数が約5割も増加する一方、1日あたりの平均歩数も増加していることから、取り組みへの積極的な参加がうかがえる。

nri4png.png

 取り組み後に行ったアンケートでは、熊本地震への復興支援であることについて、全参加者のうち52%が「参加意欲になった」と回答。今後、同様に社会貢献となるキャンペーンが行われた場合は80%もの人が「参加する」と答えた。

 また、事業への参加によってウォーキングの量が増えた、という人が74%にものぼるなど、社会貢献を動機としたインセンティブに一定の効果があり、ヘルスリテラシーの向上にも寄与したことが分かる。

「誰かのために歩く」

 今年度は2019年10月1日から2019年12月31日までがキャンペーン期間。ただし、健保組合の要望に応じて、2020年3月末までの間であれば、別途キャンペーン期間設定に応じることも可能。

 それぞれの期間内にカウントされた歩数によって寄付額が決まる。公式ホームページで健保組合別の歩数ランキングが公表されることで、取り組み意欲の高まりも期待される。

 この事業を監修した東京都健康長寿医療センター研究所の青柳幸利氏(運動科学研究室長)は「誰かのため(震災復興への貢献)に歩くということが、参加者の方の歩くことへの意欲を高めるという効果が現れた結果」と評価し、さらなる参加者の増加に期待を込める。

 同キャンペーンは、各健保組合が健康管理サービス「WELL plus+」(野村総合研究所)、「CARADA」(エムティーアイ)、「MY HEALTH WEB」(法研中部)のいずれかを利用し、キャンペーン申込をおこなうことで参加可能となる。例えば「WELL plus+」を利用する場合は、健保組合側に費用負担はない。

 詳しくは▶同キャンペーン公式サイトまで。

[yoshioka]

「健診・検診」に関するニュース

2019年11月20日
牛乳やチーズなど乳製品が認知症を予防 1日1杯の牛乳は脳の健康にも良いことが判明
2019年11月20日
佐賀県の「歩くライフスタイル推進プロジェクト」 無料アプリを配信しウォーキングを促進
2019年11月20日
腸内環境を人工知能(AI)で解析 特定保健指導に腸内環境という新たな視点を導入
2019年11月20日
腰痛は失業率が上昇すると増える 1%上昇するごとに77万人超が腰痛に 女性でより深刻
2019年11月20日
なぜ漢方便秘薬は効くのか 腸の水分分泌メカニズムを解明 便秘以外にも応用
2019年11月19日
働く母8割以上に心身の不調~WOMANウェルネスプロジェクト「働く母1000人実態調査~健康×子育て×働き方」
2019年11月13日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月13日
11月14日は世界糖尿病デー ウォーキングで世界につながろう 糖尿病の半分以上を予防できる
2019年11月12日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター
2019年11月12日
インフルエンザシーズン到来にそなえて 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,889 人(2019年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶