ニュース

職場での不妊治療への理解を推進 「不妊治療と仕事の両立支援のためのリーフレット」を作成(三重県)

 近年、多くの人が不妊治療と仕事の両立に悩まされている背景を受け、三重県は「不妊治療と仕事の両立支援~安心して治療を受けながら働き続けるために~」を作成。
 職場での理解を深め、相談しやすい環境づくりを推進するのが目的。

 リーフレット内では、三重県内の当事者アンケートの結果や不妊治療を受ける従業員をサポートする取組例を紹介。 HPからもダウンロードできる。
不妊治療を正しく理解・応援する職場づくりが重要 働き方に柔軟性を

 リーフレットでは、夫婦の5.5組に1組が不妊に悩んでいると言われる現状や、妊娠・出産には適齢があり、不妊治療の期限は限られていることなどについて解説。

 不妊治療がどのように行われているのか、なぜ急な通院が必要になるのか、職場での理解が不足しているケースも多いことから、不妊治療の流れや体外受精のスケジュールについても詳しく説明している。

 また、不妊治療を受けている人が様々な悩みや負担を抱えている点について、当事者アンケートの結果を紹介。

 上司の理解がなく退職した、急な休みや早退が必要なことを理解してもらえず辛かった、などの声をふまえ、職場でできることは「不妊治療を正しく理解し、応援する職場の風土づくり」や「業務配分の見直しや通院しやすい勤務体制・フレックスタイム制度」、「プライバシーへの配慮」だとした。

 具体的なサポート方法としては、不妊治療のための休職や休暇制度、またフレックスタイムやテレワークなど柔軟な働き方、費用の助成制度導入をあげている。

 リーフレットはA4版、8ページ。三重県産婦人科医会の監修により5000部を作成し、県内市町の窓口や保健所、特定不妊治療費助成事業指定医療機関などで配布する。

[yoshioka]

「健診・検診」に関するニュース

2020年03月18日
【新型コロナウイルス感染症】高齢者が気を付けるべきポイントは 日本老年医学会がアドバイス
2020年03月18日
「食物繊維」を多く摂るほど死亡リスクは低下 糖尿病・高血圧・脂質異常症に良い効果
2020年03月18日
長時間座ったまま仕事をすると、がんのリスクが上昇する リモートワークで運動不足の人は要注意
2020年03月18日
職場での不妊治療への理解を推進 「不妊治療と仕事の両立支援のためのリーフレット」を作成(三重県)
2020年03月13日
中高年者こそ運動が必要 「健幸華齢のためのスマートライフ」で活力年齢が若返る 全国生活習慣病予防月間2020 講演会(1)
2020年03月13日
運動でがん予防 ライフステージに応じたがん対策 運動でがんリスクが低下 全国生活習慣病予防月間2020 講演会(2)
2020年03月11日
3月12日は「世界腎臓デー」 腎臓病とともに生きる人は10人に1人 早期発見・治療が大切
2020年03月11日
WHOが「5つの食事のヒント」を提案 基本を押さえれば食事改善は難しくない
2020年03月11日
健診結果から冠動脈疾患・脳卒中の10年以内の発症を予測するスコアを開発 国立循環器病研究センター
2020年03月11日
寝室に木材を使っている人は不眠症が少なく、安らぎを感じやすい 森林総研などが調査
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,889 人(2019年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶