ニュース

大阪市が4歳児訪問事業を開始―ネウボラの一環、切れ目ない支援

 大阪市は令和2年度から「大阪市版ネウボラ」の取り組みの一環で「4歳児訪問事業」を開始する。

 全ての4歳児を対象に保健師などが健康教育や子育て相談、絵本配布などを行うもので、3歳児健診から就学時健康診断(5歳児)までの状況を把握し、妊娠期から子育て期までの切れ目ない支援の充実を図る。
「4歳児訪問事業」で切れ目のない状況把握が可能に
 大阪市は平成31年度から、地区担当保健師との顔の見える関係づくりや家族ぐるみの支援を継続的に実施する「大阪市版ネウボラ」を開始。

 この取り組みをさらに強化するため、集団全体に働きかける「ポピュレーションアプローチ」で令和2年度から「4歳児訪問事業」を展開することとした。

 4歳児は、<3歳児健診から5歳児の就学時健診まで>の空白期にあたる。そのため保育所や幼稚園などへ通っていない未就園児には保健師などが各家庭を訪問。

 就学前までに必要な生活習慣について健康教育や子育て相談などを行ったり、絵本を配布したりする。必要に応じて継続的に支援し、区役所が育児や子育てに関して相談できる場所であることの再周知も行う。

 また、保育所や幼稚園等に通園している児童には、保健師が各園を訪問して同様の事業を展開するとともに保育所や幼稚園との連携強化も図る。このうち長期で休んでいるなど気にかかる園児や家庭があった場合は、状況に応じて家庭を訪問して必要な支援につなげる。

 段階的に専門性を身に付けた保健師を配置していく予定で令和2年度は本務職員10人、会計年度任用職員14人で担当する。予算額は1億1300万円。4歳で把握できない市内転入者などには5歳にも同様に実施するという。

[yoshioka]

「健診・検診」に関するニュース

2020年04月01日
高齢者でタンパク質が不足 フレイル・サルコペニアを予防するためにタンパク質の摂取に工夫を
2020年04月01日
【新型コロナウイルス】喫煙が感染症の重大なリスクに 喫煙者に「この機会に禁煙を」と呼びかけ
2020年04月01日
大人になってからの肥満や骨粗鬆症を防ぐために、子供の頃から栄養・運動を改善する必要がある
2020年03月31日
大阪市が4歳児訪問事業を開始―ネウボラの一環、切れ目ない支援
2020年03月27日
【新型コロナウイルス感染症】今どんな行動が求められているか 避けるべき危険な3条件とは
2020年03月27日
【健やか21】「小児の新型コロナウイルス感染症患者の臨床的な特徴」および「新型コロナウイルス検査適応」について
2020年03月25日
【プレゼント】働き盛り世代の多くが睡眠で休養を十分にとれていない 『賢者の快眠 睡眠リズムサポート』と保健指導に役立つ資料をセットにしてプレゼント
2020年03月25日
「低炭水化物ダイエット」は肥満やメタボに良い? 悪い? 成功に導くコツが分かってきた
2020年03月25日
【新型コロナウイルス】予防を表示した商品に消費者庁が改善要請 健康食品や空気清浄機など効果は不明
2020年03月25日
高血圧・肥満が寿命を最も縮めている 世界の70万人のゲノムを解析しリスクを予測
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 9,332 人(2020年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶