オピニオン/保健指導あれこれ
地域保健

改めて公衆衛生看護とは

日本保健師活動研究会会長
平野 かよ子

保健師は公衆衛生を看護の立場から担う者です。

しかし、このことは多くの人に認識されているわけではありません。

特に保健師の養成においては、平成8年の看護師等養成所指定規則の改定で、保健師養成のカリキュラムが「公衆衛生看護学」から「地域看護学」に変更され、保健師は地域看護の担い手であるとされた時期がありました。それが平成23年の改正で再度公衆衛生看護学となりました。

私は保健師は公衆衛生の担い手以外であってはならないと思い、日本公衆衛生看護研究会を発足させ、公衆衛生看護の重要性を主張してきました。

プロフィール

「地域保健」に関するニュース

2021年09月22日
カラフルな「果物」を食べると肥満やメタボのリスクが減少 認知機能の低下も抑制
2021年09月21日
夫婦で生活スタイルを共有 肥満やメタボは家族で共有しやすい 励まし合い健康改善を
2021年09月21日
【新型コロナ】ワクチンの効果が明らかに ワクチン接種が高齢者の感染を10万人以上、死亡を8,000人以上減少
2021年09月21日
【新型コロナ】モデルナの新型コロナワクチンの2回目接種後の副反応 倦怠感が84%、頭痛が75%、発熱は88%
2021年09月21日
【新型コロナ】宿泊や自宅で療養している人は「エコノミークラス症候群」にご注意 予防のために「運動・水分」を
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶