オピニオン/保健指導あれこれ
地域保健

高齢者の外出、移動の問題を考える

医療・保健ジャーナリスト
西内 義雄

高齢になり身体・認知機能が衰えると、車や自転車の運転に危険を伴うケースが多々見られます。それを「危険だから」と取り上げてしまうのは簡単です。しかし、足を取り上げられた高齢者の行動範囲は確実に狭まります。車社会による中心市街地の空洞化や公共交通機関の利用者減が背景にあるからです。この問題に保健従事者はどう対処すべきなのか、今一度考えてみませんか?

プロフィール

  • 西内 義雄
  • 西内 義雄
    医療・保健ジャーナリスト

    経 歴

    1984年 専修大学法学部法律学科卒業
    1986年~ (株)徳間書店の契約社員として編集者の道へ。後にフリーランスとなり、雑誌では旅行・経済・料理・住宅・家電、某ラジオ局でラブ・ストーリーの脚本、某テレビ局報道でマルチ商法潜入の企画を実行などにも参加。
    2002年~ 心臓弁膜症が発見され、心臓大動脈弁を機械弁(SJM)に置換。術後3ヶ月目にはアナフィラクトイド紫斑を発症し緊急入院するなど、1年近く仕事から離れた時期もあります。その経験から、医療・保健に興味を持ち、保健師雑誌での活動を開始。全国各地を周りながら、行動変容の事例、新人保健師、東日本大震災に関わった保健師たちへの取材を通して、保健師の楽しさも辛さも、全て含めてもっと世に広めるべく活動中。現在は執筆のほか、国民健康保険団体連合会、県、市、看護協会などの保健師研修会での講演活動も全国各地で実施中。
    2007年~ 高知県観光特使
    2009年 HSP東京大学医療政策人材養成講座修了
    2010年 国立がん研究センター メディア・セミナー修了
    2013年~ All About保健師ガイド
    2016年 H-PAC東京大学公共政策大学院医療政策・研究ユニット、医療政策実践コミュニティ修了

「地域保健」に関するニュース

2021年07月26日
【新型コロナ】モデルナ製ワクチンの2回目接種後に4人に3人が発熱 ファイザー製より高い可能性も
2021年07月26日
【健やか21】男児用水着のインナー生地を確認しましょう!―国民生活センターが注意喚起
2021年07月20日
熱中症を予防するための10ヵ条 熱中症を対策しなからウォーキングなどの運動を続けるために
2021年07月20日
高齢者はなぜ自宅で熱中症に? 体感以上に暑さを感じる機能が低下 数日間で少しずつ脱水症状に
2021年07月20日
「玄米」で脂肪肝や肥満を予防・改善 脂質代謝を改善するメカニズムを解明 東京農業大学
2021年07月20日
【新型コロナ】コロナ禍でアルコール関連疾患の入院が増加 自粛期間中の飲酒に注意
2021年07月20日
健診・検診/保健指導実施機関~集計結果と解説(2020年度版)~
2021年07月13日
【新型コロナ】コロナ禍で「熱中症」が東京では増加傾向 ステイホームにともなう暑熱順化の遅れか
2021年07月12日
朝食でタンパク質を摂ると筋肉を増やせる 筋肉が低下した女性や高齢者は「体内時計」に合わせた食事タイミングを
2021年07月12日
中年の肥満男性では"血糖値スパイク"が日常的にみられる 健診では分からない"隠れ高血糖" 新たな検査方法が必要
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,995 人(2021年07月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶