ニュース

くるみが心疾患を防ぐ メタボリックシンドロームに対策

 メタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満を共通の要因として高血糖、脂質異常、高血圧が引き起こされる状態を指す。食べすぎや運動不足など、不健康な生活習慣の積み重ねが原因となって起こると言われている。それぞれの危険因子が組み合わさると、心疾患など命にかかわる病気を招く危険性にもつながるので、注意が必要だ。

メタボリックシンドローム対策に何を食べればいいか
くるみ
 食べ過ぎや欠食などの乱れた食生活は、内臓脂肪をためる原因になる。これを防ぐためには、食生活の改善が欠かせない。バランスのとれた適切な量の食事を心がけるとともに、食事をする時間や食べ方などにも注意し、1日3食規則正しく食べることが基本である。

 また、昔から長寿の人が多いことで知られる地中海沿岸地域の食生活を研究し考案された「地中海食」も、メタボ対策に有用な食事として注目されている。イタリア、ポルトガル、スペイン、ギリシャなど、地中海食を日常的にとっている地域では心疾患の発症が少なかったという研究は有名だ。

 地中海食は、オリーブオイルをベースとして、旬の野菜や魚介類をふんだんに使うのが地中海食の特徴だ。食材の新鮮さを大切にし、素材はできるだけまるごと使い、野菜と果物を中心として、それに豆類、魚、くるみなどのナッツ類を必ず加える。

 一般に高脂肪食は太りやすく、心臓に悪いというイメージがあるが、ことオリーブ油やナッツ類に関しては、これは当てはまらない。

くるみで「よい脂肪」を取り入れる
 ひとくちに脂肪といっても、「飽和脂肪酸」「n-3系脂肪酸」「n-6系脂肪酸」「コレステロール」などさまざまな種類の脂肪がある。脂肪を構成している要素である脂肪酸は、分子の構造的な違いから飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられるが、そのうちくるみなどオリーブ油やナッツ類、青魚に多く含まれるものを不飽和脂肪酸という。

 くるみは、コレステロール0(ゼロ)であるだけでなく、不飽和脂肪酸の中でも健康効果の高い多価不飽和脂肪酸のn-3系(オメガ3)脂肪酸が豊富に含まれる代表的な食品だ。オメガ3脂肪酸には、血栓(血のかたまり)ができるのを防いだり、血圧を下げたり、中性脂肪を下げるといった、動脈硬化予防の働きがある。心臓病の一因となる動脈硬化は、「血液がドロドロ」になるだけでなく、血管の内壁に血球などが付着して、血管が細くなることで血液が流れにくくなったり、血管自体が硬くなってしまうことが原因。

くるみ
 スペイン保健省の支援を受けて行われた多施設共同試験「PREDIMED研究」では、心血管疾患のリスクの高い参加者9,000名に対し、低脂肪食、オリーブ油を加えた地中海食、くるみを中心とするナッツを加えた地中海食のいずれかを摂取してもらった。参加者は4年間にわたり追跡調査を受けている。

 米国内科学会の学術誌「Annals of Internal Medicine」にて発表された研究の第1段階の試験結果で、オリーブ油かくるみを基本とするナッツ類を加えた地中海食では、摂取カロリーが多くても心臓病リスクが約50% 抑制できることが分かった。

 さらに、くるみを含む地中海食を摂取したグループで、肥満または2型糖尿病の参加者は、開始3ヶ月で体重が0.5kg前後減少した。中性脂肪が下がったのは、くるみを加えた地中海食を摂取したグループだけだった。

 これらの結果は、くるみに含まれるオメガ3脂肪酸によるものとみられ、これには「血液をサラサラ」にするだけでなく、血管の弾力性を向上させ、血球などが血管に付着するのを防ぐ働きがあり、心疾患を防ぐ可能性があることを示唆している。

1日にひとつかみのくるみが心疾患を防ぐ
 健康に良いとされるナッツ類のなかでも、植物性オメガ脂肪酸のαリノレン酸を大量に含んでいるのはくるみだけで、100グラムの実にオメガ3脂肪酸が9グラム含まれている。オメガ3脂肪酸は心臓と血管を保護し、メタボリックシンドロームの影響を防ぐためにきわめて重要な役割を果たすと言われている。しかも、血中脂質と血圧によい影響を与え、血液の流れを改善し、組織の炎症反応を防ぐ。

 また、オメガ3脂肪酸以外にも、貴重なタンパク質、ビタミン、マグネシウムや銅などのミネラル、食物繊維、そして抗酸化作用をもつさまざまな生理活性物質など、健康に役立つ栄養素がたっぷり含まれる。くるみはバランスのとれた適切な食生活を実現するのにとても役立つのだ。

 英国王立化学会の「Food & Function」誌に発表された米スクラントン大学の最新の研究によると、くるみには豊富な「抗酸化物質」が含まれていることが明らかになったという。研究者で論文の著者であるJoe Vinson博士は、くるみに含まれる抗酸化物質の含有量と質、すなわち効力は、ナッツの中で最高であることを発見し、「ひとつかみのくるみは、他のひとつかみのナッツに比べてほぼ2倍の抗酸化物質量がある」と述べている。

くるみ
 くるみは、抗酸化物質に加えて、食物繊維が豊富で高タンパク質、αリノレン酸の供給源にもなり、1オンス(28 g)のくるみには通常人が1日に食べるフルーツと野菜から得る抗酸化物質より多くの抗酸化物質が含まれるというから驚きだ。Vinson博士は、くるみをもっと手軽に食生活にとり入れるようアドバイスしている。

[soshinsha]

「栄養」に関するニュース

2017年08月09日
健康保険加入者の37%が肥満 脂質や血圧など複数のリスク 健保連調査
2017年08月09日
週3~4回の「飲酒」が糖尿病リスクを低下 アルコールは糖尿病に良い?
2017年08月09日
「味噌」に血圧の上昇を抑える効果 日本型の食事スタイルを再評価
2017年08月09日
ミカンのポリフェノールに緑内障の改善作用 酸化ストレスから網膜を保護
2017年08月04日
【健診・予防3分間ラーニング】サンプル動画3タイトル公開中~
2017年08月03日
2015年度の特定健診の実施率は50.1% 特定保健指導は17.5%で伸び悩み
2017年07月26日
20歳から体重5kg増加は健康リスク 体重を増やさない10の方法
2017年07月26日
高齢者対象の「高血圧診療ガイドライン」 高齢者の降圧には注意が必要
2017年07月26日
糖尿病の最新全国ランキングを発表 ワーストは青森県 ベストは愛知県
2017年07月26日
都道府県の健康格差が拡大 寿命で3.1歳、健康寿命で2.7年の格差

最新ニュース

2017年08月18日
マシンガーZとのコラボで海外渡航者に麻しん感染予防を啓発
2017年08月16日
賞金3万円!「血糖値アップ・ダウン コンテスト」募集スタート!
2017年08月15日
★参加者募集中★第2回産業保健PC テーマ「保健指導の基本姿勢」
2017年08月10日
8割を超える事業場でストレスチェック制度を実施~厚労省調査
2017年08月10日
【健やか21】冊子「あなたと赤ちゃんの健康」無料配布  申込受付中
2017年08月09日
健康保険加入者の37%が肥満 脂質や血圧など複数のリスク 健保連調査
2017年08月09日
がん患者の家族が経験する葛藤の実態 がん患者支援に向けた調査結果
2017年08月09日
週3~4回の「飲酒」が糖尿病リスクを低下 アルコールは糖尿病に良い?
2017年08月09日
「味噌」に血圧の上昇を抑える効果 日本型の食事スタイルを再評価
2017年08月09日
受動喫煙により大動脈疾患リスクが2倍超に増加 家庭外の受動喫煙は深刻
2017年08月09日
ミカンのポリフェノールに緑内障の改善作用 酸化ストレスから網膜を保護
2017年08月04日
【健診・予防3分間ラーニング】サンプル動画3タイトル公開中~
2017年08月03日
【健やか21】渡航者向けの「麻しん」の予防啓発活動
2017年08月03日
2015年度の特定健診の実施率は50.1% 特定保健指導は17.5%で伸び悩み
2017年08月03日
【連載更新】課題解決のための取組み「ゆりかごタクシー」「ベビー防災」
2017年08月02日
「ウォーキングの格差」が世界規模で拡大 スマホで世界111ヵ国を調査
2017年08月02日
適量のアルコールでも脳には悪影響が 海馬の萎縮リスクが3倍以上に
2017年08月02日
糖尿病の医療費の節約志向が高まるアメリカ 5人に1人が受診を回避
2017年08月02日
犬の散歩は運動になるか? 運動不足を解消するのに効果的である可能性
2017年08月02日
日本の脳卒中の発症者は年間29万人 半分以上が死亡や介護が必要な状態に
2017年08月01日
「熱中症を防ぐ!」へるすあっぷ21 8月号
2017年07月28日
【健やか21】企業主導型保育事業(内閣府)/健康寿命をのばそう!アワード
2017年07月27日
【連載更新】 ワンコイン健診の挑戦(ケアプロ株式会社)
2017年07月26日
20歳から体重5kg増加は健康リスク 体重を増やさない10の方法
2017年07月26日
高齢者対象の「高血圧診療ガイドライン」 高齢者の降圧には注意が必要
2017年07月26日
がんサバイバーたちの「生きる力」を表現 がんと生きる、わたしの物語
2017年07月26日
糖尿病の最新全国ランキングを発表 ワーストは青森県 ベストは愛知県
2017年07月26日
都道府県の健康格差が拡大 寿命で3.1歳、健康寿命で2.7年の格差
2017年07月26日
日本人3,554人の全ゲノム情報を解読に成功 日本人のゲノム医療に期待
2017年07月26日
日常診療におけるバイオマーカーとしての尿中L-FABPの有用性と可能性
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,325 人(2017年08月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶